FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日の事なんだけど早速報告します。
仕事帰りに同僚とメシがてら呑んでたんです。
行ったのが遅かったからしばらくすると客は団体さんと俺らぐらい。
終電ギリギリまで呑むかぁ~ってチビチビ呑んでると、これがまたウルサイのなんの。
サークルか何かの飲み会らしく、特に酷いのが女の子の声。
煙草買いに行くついでに覗いてみたら、圧倒的に女の子の方が多いパラダイスでした。

 

 

しばらくしてから女の子3人がギャーギャー言いながら歩いてきて、その後ろからペコペコ頭を下げながら1人の男の子が登場。
「もうちょっと静かにしなよ」「トイレあっちだから」と面倒をみてるっぽい。
続けざまに今度は2人の女の子が出てきて、またもや男の子1人が付き添ってきた。
見た感じ男の子は5人ぐらいだったし大変そうだねぇ~と思ってたんです。
同僚に話をしていると、今度は同僚がチェックしにいきました。
笑いながら帰ってきた同僚が言うには、男の子が2人座敷で寝ていて、1人だけが部屋にいたらしい。
女の子がざっと7~8人いるらしく、可哀想な状況だと言ってた。

そろそろ帰るかぁ~とトイレに行くと、大便の扉が閉まってたんです。
男の子が吐いてるのかなって思ったら、なんと女の子の呻き声。
「うぅぅ~・・・・ん・・・んはっ・・・んぐぐぐっ・・・」とかなりつらそうな声でした。
「大丈夫?」とドアをノックすると、そのまま惰性で扉が半分開き、座りこんで便器にしがみ付いている女の子がいました。
声をかけても「うぅぅ・・・」としか反応しないので、とりあえずそのままにしてトイレを出ました。
同僚に話すと、帰る間際になってもそうなら教えてやれば?と。

じゃもう帰るかって思ったら、ドヤドヤと女の子達が出てきました。
だからいなくなったら出ようかって事になったんです。
かなり酔っ払ってる女の子が多く、10分ぐらいガヤガヤしてました。
出口の近くにトイレがあるから、あの子も救出されたんだろうって思ってたんです。

静かになったんで会計をしてトイレを覗いてみると、まだあの女の子はトイレにいました。
今度は爆睡してるらしく、軽くイビキをかいてたんです。
こりゃヤバいと思って慌てて外に出てさっきの子達を探しました。
こっちも終電が近いんで慌ててたんです。
少し離れた所に見覚えのある女の子2人が座ってて、他には誰もいません。
だからその子達に声を掛けて教えてやったんです。
この2人も泥酔してて、自分の事で精いっぱいらしく、付いてきたはイイけど顔の確認だけ。

同僚と協力して3人を外に出し、とりあえず道端の花壇に座らせました。
「俺たち帰るからね?大丈夫?」
返ってくる返事は心もとありません。
1人はグッタリしてて今にも吐きそうだし、もう一人はその場に寝そうな勢いだったから。
トイレで寝てた子は勿論寝てて、こりゃどうしようかと同僚と相談しました。

グッタリしててまだ喋れる子に、全員の家は分かるか?と聞くと、分かると言います。
もうこうなったらタクシーに積んでやろうかってなりました。
家を聞くと同僚が送れそうなのが2人、俺が送れそうなのが1人でした。
トイレで寝てた子を俺が送る事になり、意識がある子に言って住所の分かるモノを探させました。
とりあえず渡されたのは学生証。でも住所が無いので探していると、携帯電話の振り込み用封筒が出てきました。
これで送れると思ってタクシーに乗せ、同僚たちとその場で別れました。

ぶっちゃけ俺が送る子の方が1番可愛いので、同僚が1番可哀想だったと思う。
下心があったから人助けしたんだろうけど、あの2人じゃどうにもキツい。
タクシーに乗せてその子をマジマジと観察してみた。
顔はノーメイクに近いせいか幼く見えるが、わりと整った顔立ちをしてる。
多分きっちりメークしたら、合コンでも普通にモテるだろうって顔。
Tシャツにカーディガンを羽織っていたが、胸の大きさは一目瞭然。
最近のブラは犯罪的に見た目を変えられるが、だとしてもC以上はありそう。
全体的にガリガリではなく、抱き心地の良さそうな体型。

学生証には某大学の学部の名前と、3年生でフルネームが書いてあった。
緊張していたのか横で寝ている顔とは違って、少し気の強そうな表情をしてた。
どんな子なのかなぁ~なんて観察してると、運ちゃんに「そろそろ近所ですけど」と言われた。
ナビによると多分そのマンションだろうと教えてもらった。
安易に考えていた俺は、オートロックの前で立ち竦んだ。
鍵が無いと入れないわけで、そうなるとバッグの中を確認しなきゃいけない。
そんな事して大丈夫か・・・送ってやったんだし平気か・・・と悩んだ末に、バッグの中を確認してみた。
鍵はスグに見つかり、オートロックを開けて6階へ向かった。
聞いた話だと1人暮らしなので、とりあえず玄関先まで。

俺の頭の中ではこんなストーリー。
玄関まで送って携帯番号を書いて置いておく、後日連絡があって呑みに行く、運が良ければ女子大生とヤっちゃう。
お礼の電話ぐらいあるだろうって思ってたから、玄関の中で寝かせて手帳に連絡先を書き始めてた。
そしたらね、もう思わず声が出ちゃったんだけどマジで最悪な事に発展した。
「んぅぅぅっ」と唸ったかと思ったら、いきなり俺の方目掛けて吐いてきやがったんですよ。
汚い話、ゲロロロロッロッ!って吐いちゃって、思いっ切り俺の左足にヒット!
うわっ!と避けたんだけど靴が半分とパンツにかなり飛び火状態。

一気にテンションはガタ落ちで、それと同時にもらいゲロしそうな臭いが立ち込めてきた。
女の子の事なんてどうでも良く、まずは自分にかかったゲロを落としたくなりました。
だから靴と靴下を脱いで、女の子を跨ぎ、近くにあったユニットバスへ行きました。
まず靴のゲロを落とし靴下も・・・といった具合で洗いました。
スーツだったので上着は着たままで下はトランクスと情ない姿。
浸け置きして横に置いてあったゴム手袋を取り、今度は玄関の掃除です。
彼女を揺すって起こしてみると、あっけなく起きたかと思うと、ハイハイしながらユニットバスへ消えてきました。

なんじゃそりゃ・・・と呆れながらもトイレットペーパーを使って掃除をし、何度もトイレと玄関を行き来しました。
彼女はと言うと1度吐いたらしく、その後は穏やかに寝ていたようです。
掃除も終わってトイレに入ると思いっ切り寝ているので、起こそうとしてまたビックリ。
胸元にゲロが・・・
あぁ~最悪だ・・・と思いつつ、カーディガンを脱がせました。
中に来ているTシャツには無事なようだが、脱がせている時の誘惑に負けてTシャツも脱がせる事にしました。
カーディガンを浸け置きし、関係ないTシャツを脱がせると、これまたビックリ!DかFはありそうな巨乳チャンです。
日焼けした肌でしたが見事としか言いようがないスタイルでした。

もうイイかと思い、ブラも取っちゃいました。
外すよ~というと「うぅ~ん」と反応はしていましたが、ポロンと出ても隠そうとはしません。
ワオ!って感じの綺麗な巨乳は、くっきり水着の跡がついていました。
これがまたエロい!
調子に乗った俺は「脱がすよぉ~」とジーパンも脱がせ、ついでにパンツも脱がせました。
無防備な全裸姿に興奮しましたが、とりあえず自分のパンツと靴下を干す為に中へ入りました。
ワンルームのその部屋は一応綺麗に片付いていて、女の子らしくぬいぐるみもありました。
上着を脱いでTシャツにトランクス姿で干していると、突然またハイハイしながら彼女がやってきたんです。

「大丈夫?まだ吐くならトイレがイイよ?」
「あぁ・・・どうも有り難うございました・・・」
突然正座したかと思ったら、土下座する感じでいきなりお礼を言われました。
しかも全裸で・・です。オッパイがプルンプルンした状態での土下座に、思わずガン見してしまいました。
お礼を言い終わるとまたハイハイしながらベッドへ向かい、そのまま掛け布団の上でうつ伏せになってしまいました。

自分の衣服を干し終えてから、自分を落ち着かせようと冷蔵庫を見ました。
中には律儀にも、水とお茶と牛乳が入っていました。
お茶をコップに入れて呑みつつ彼女と部屋を見渡していると、あるモノにめが止まりました。
近寄って手に取ってみると想像通りのモノ・・・オルガスターです。
無防備にもベッドの近くにある棚の上にそのまま置いてありました。
普通に寝る前に使って、そのままなんじゃね?みたなリアル過ぎる起き場所。

手に取ってオルガを見ながらうつ伏せで寝ている彼女を見ていると、無性にムラムラしてきました。
足元に回り足の間を覗いてみると、微妙にオマンコが見えている状態です。
「ほらぁ~アナルが丸見えだぞぉ~~」
声を掛けてみましたが反応はありません。
だからまた同じ事を言いつつ今度は両手でケツを左右に広げてみました。
完全にアナルが丸見えで、しかもオマンコも口を開いた状態でパックリ丸見え。
あれ???って思ったんですが、その状態から見るとパイパン状態なんです。
確か前から見た時は毛があったよな・・・と思いつつ、左右に広げてじっくり見させてもらいました。

オナニーが大好きで弄りまくりなのか、ビラビラは大きく少し黒ずんでいます。
クリトリスは皮の中にあって、左右に広げた状態で若干みえるぐらい。
笑えないのはトイレットペーパーらしきカスが付いてた事。
仕方の無い事だけどそれを見ると舐める気にもなりません。
だから足を開かせて、彼女のオルガを押し当ててみました。
クリトリスにイボイボの個所を押し当て、スイッチを入れました。
ブィィ~~~~ンと振動が始まった瞬間、ケツがビクンと動きモジモジと腰を動かし始めました。

ケツを押さえ込みクリトリスにガッチリあてがっていると、腰が上下左右にくねりまくるんです。
寝てるんだと思うんですが、吐息に近い感じの「はぅぅんっ・・・」と聞こえたり。
しばらくあてがっていると「ありゃりゃ・・・」って呟くほど、オマンコが濡れ始めてきたんです。
うつ伏せだから汁はクリトリスの方に流れて行ってて、みるみる内にビチョビチョになり始めました。
これは入るな・・と思って、オルガに汁を擦りつけ、穴に先っぽをあてがってみました。
少し力を入れてみると、ニュルッ!と入ってしまいました。
しかも入った瞬間、ケツがビクン!と持ちあがったんですが(笑)

ゆっくり奥まで差し込みクリトリスにも押し当てつつスイッチON!
その直後「はぁぁぁんっ!」と喘ぎ、うつ伏せから仰向けになってしまいました。
足が思いっ切り俺の肩に当たり、思わずベッドから落ちそうになりました。
彼女はオルガをハメ込んだまま寝返りをうち、今度の大の字で仰向けになりました。
スイッチが入ってるせいか曇った音が響き、腰もヒクヒクと動いてるようです。
水着の跡クッキリの巨乳が無防備にも丸見えになり、俺の興奮もMAXになってきました。
にしてもこのまま襲い掛かったら・・・と不安にもなったんです。
ここまでしといてって話もありますけどね。

考えた末に取った行動は、入れるのは後にしようって事です。
まずは添い寝をして腕枕をし、オルガを使って気持ち良くしてやろうって。
困った事に腕枕するとかなりゲロ臭い。
顔を反対側に向かせて、口呼吸しながらオルガを動かしました。
ゆっくりGを擦りあげるように抜いたり出したり、奥に入れたらクリトリスを押し潰したり。
オルガ慣れしてるのか分からないけど、予想以上の高反応でした。
勝手に脚はガバッと広げてくれるし、腰がクネクネとまるで騎乗位でグラインドするように動くんです。
相当なエロっ娘だなと楽しくなり、激しく動かしたりゆっくり動かしたりを繰り返しました。

「はぅっはぅっんはぅっ・・・」
突然喘ぎ声が激しくなったかと思ったら、今度は俺に抱き付いてきました。
かなりの力で抱き付いてきて、オルガを持ってる手がねじれるほどです。
動かし辛いので奥まで突っ込んで、クリトリスを圧迫してやりました。
「んあっあっあっぁぁぁっ!んくぅっっ・・・!」
腰がグラグラ動いたかと思ったら猛烈な力で抱き付かれて、無邪気にもイッてしまったようです。
イッたのか?と疑う理由が無いぐら、完全にイッてました。
体はガックガク痙攣するし、腰はグリグリ変なリズムでグラインドするし。
気が付けば彼女の背中は汗で湿っており、胸も体中が汗ばんでいました。

「イッちゃった?」
耳元で囁いてみると「うんうんっ」と頭を上下に振っていました。
「気持ち良かった?」「うんっ」「入れたい?」「うんっ」「入れてイイの?」「うんっ」「じゃオネダリして?」「お・・・ちん・・・チ・・・ん・・・入れて・・・」
呂律が回らないらしくちょっと変な口調でしたが、はっきりとオネダリしてきました。
そこでもう我慢する必要も無く、バッグからゴムを取り出して正常位で挿入。
入れてからの彼女の反応も良く、まだ若いくせに腰の動きがベテラン級でした。
しかも正常位の時に下から足を腰に絡めてくるので、奥をグリグリされるのが好きなようです。

電気を煌々とつけていたので、若いピチピチした水着跡の残る巨乳スタイルをよく見る事ができました。
乳輪は500円玉より少し大きい感じで乳首は少し長い。
体毛が薄いらしく、産毛も目につかないぐらい。
何よりも巨乳と腰回りなどの肉付き。
太ってはいないんだけどムチッとしてて、俺好みの体型でした。

バックで入れようとしたら踏ん張ってられないらしく断念。
座位も騎上位も試しましたが、手を離すとグランと倒れちゃうんです。
仕方なく正常位に戻って大股開きにしたり足を抱えたりして楽しみました。
彼女は時々目を開けて俺の顔を見るんです。
だけどまた目を閉じて「あんっあんっ」とちゃんと喘ぐんです。
もう俺と普通にエッチを楽しんでるように見えました。

力が抜けているからなのか?良く分からないけど、中の締まりが微妙。
酒を飲んでる俺も体力が微妙になり、頑張った末に入れてから1時間ぐらいで射精しました。
怖いんでイキそうになった時抜いて巨乳にかけてやりました。
流れた精子がシーツについたけど、ゲロよりマシだろ!って感じで(笑)
未だゲロ臭いからフェラさせる気持ちにはならず、ティッシュで拭いて一服してました。
あと2時間ちょいで始発が走る時間なので、寝ないで時間を潰してました。
寝ている全裸の巨乳チャンの体を隅々まで観察したり、入ってたDVDを見たりして。

シャワーでチンコだけ洗って着替えて、巨乳チャンに声を掛けました。
そしたら普通に目を覚ましてキョロキョロしてるんです。
自分が裸だってのを分かってんのか知らないけど、全裸でベッドの上にアグラをかいたまま(笑)
「もう俺帰るからね?鍵しめた方がイイんじゃない?」
「あぁ・・・はい・・・」
「二日酔い大丈夫?ゲロはちゃんと掃除しといたからね」
「はぁ・・・ありがとうございますぅ・・・」
「ねぇ、状況分かってる??」
「うぅ~ん・・・少しだけ・・・」
「俺分かる?」
「んんんん・・・分かんない・・・」
「エッチしたの覚えてる?」
「少しだけ・・・」
「気持ち良かった?」
「うん・・・まぁ・・・はい・・・」

最後の質問にだけ照れたような顔をしたのが可愛かった。
メアド教えてくれる?と聞くと、赤外線で普通に教えてくれました。
また連絡するねと家を出ました。終始ゲロ臭かったけど。

家に帰って着替えて会社に行くと、同僚もまた徹夜だったらしい。
1人を送り届けから1人をホテルに連れ込んだらしい。
意識があったらしく普通にエッチして朝までに2回もやったとか言ってた。
「メアド聞いた?」
「いやぁ~教えてもらったけどさぁ~どうなの?そっちは」
「一応聞いたけど、どうするかねぇ」
朝っぱらから2人のオヤジがニヤニヤして会話してるんだからキモいですわな。

とりあえず昼にメールしてみるとすぐに返信があって、丁寧なお礼が返ってきた。
玄関がゲロ臭くて俺の片付けた意味が分かったらしい。
洋服も浸け置きしてもらってて、本当に有難う御座いましたって。
お礼はお酒でイイからね?と返すと、貧乏だから笑笑でイイですか?だってさ(笑)
よく分からんけど人助けをしてエッチまでしちゃったのに、何て運のイイ事かって思ってます。
普段はバイト三昧らしく、来週にでもお礼しますって言ってた。
同僚連れて行っちゃうのも悪くないかと思い、今作戦を練ってます。
人助けはするもんですねぇ~。特に女の子に対しては。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/100-97c66607
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。