FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後輩の彼女

誰かに言いたくて、でも誰にも言えなかった話をブチまけさせて下さい。
職場に3つ年下の後輩がいます。
そいつはユウキ(仮名)といって、中性的な顔立ちでかなりモテるヤツです。
身長は180ぐらいあるし、噂じゃ社内に女の子同士で「抜け駆けNG」の協定があるらしい。
口も巧みで女癖も悪い。でもモテる後輩です。

 

 

新卒で入ってきて1年目に受付の女の子食っちゃうし、俺の2つ上の女の先輩も食っちゃったツワモノ。
そんなユウキは、人の彼女だろうが関係なく手を出す。
俺も被害者の1人だけど、後輩2人も被害者になっている。
寝取られちゃう情けない俺だったけど、今ではヒタ隠しにしている事がある。
それは、ユウキの彼女がセフレだっていう事実。

俺が27歳の時、初めてユウキの彼女ユカと会った。
当時ユカは23歳で、ユウキと釣り合うほどの美人だった。
渋谷で女友達とメシ食ってる時に偶然出くわし、いっしょにメシを食ったのが初めての出会い。
ユウキの本性を知らないらしく、ユカは尽くされていて浮気なんか絶対されてないと信じていたみたい。

連絡先なんて交換もしてなかったから出会う事もないと思ってた。
なのにそれから数カ月して、なんと合コンでバッタリ。
「彼氏がいる超可愛い子来るからねぇ~」と言われていて、登場したのがユカだった。
お互い唖然としたけど、焦ったのはユカのほうだったみたい。
「ユウキには絶対言わないで下さい」ってモロ涙目。
「絶対言わないよ」って安心させたけど、その時の俺はユウキに「ざまぁ~!」と思ってた。

俺がユカの知り合いと分かって興醒めしたのか、ユカも俺ぐらいとしか喋らなかったからなのか、俺とユカは端に追いやられて合コンを傍観するような状態になっていった。
要するに「お前は知り合いのその子を見とけ!」と暗に言われてる雰囲気。
2人で世間話しながら、焼酎呑む時間が続いた。
酒には強くないらしく、途中から顔を赤らめて喋りが止まらなくなってた。
内容は、ユウキとの出会いに始まり、どれだけ愛されているかっていう自慢。
コイツ頭オカシイんじゃねぇ~か?!と呆れたのは言うまでも無い。

それが一変したのは店を出ようとしていた時。
ちょうどユウキから電話があったらしく、ユカは合コンメンバーから少し離れた場所に行ってた。
「もう一軒行くけどお前どうする?」
これこそ暗に「お前はあの子連れて帰れよ」という流れ。
仕方なく「あぁ~俺はもう帰るわ。ユカちゃん送って行くから先行っててイイよ」
「うぃ~~っ!お疲れぇ~~っ!」
ユカは数メートル離れたとこで電話しながら、心有らずでメンバーに手を振っていた。

タバコを吸いながらユカの電話が終わるのを待っていたが、10分ぐらいしても背を向けたままくっちゃべってる。
ムカついてきて「先帰るよ」と近付いてみると、ちょっとモメてるような会話が聞こえてきた。
これは・・・と思って待っていると、「なんでっ!今どこなの?ウソでしょ?じゃ今からそこに行く!」とユカは超取り乱してる。
通行人も振り向くほど声もデカいし、可愛いから余計目立つというか。

帰るなんて言えないなーと待つ事30分。
ようやく電話を切って振り向いたユカは、思いっ切り涙が流れてた。
「どうした?喧嘩でもしたのか?」
「ぅん・・・・・」
「涙でメイク崩れてるぞ?」
「うぅん・・・・」

じゃ~な!と帰る雰囲気でも無く、むしろ話を聞いて欲しいオーラが出まくり。
「まだ電車もあるし俺で良かったら話聞くよ?呑み行くか?」
「ぅん・・・・ゴメンナサイ・・・・」
ウダウダした態度だったが、接待で良く使わせてもらってる小料理屋に行った。
平日のせいか客は疎らで、店主が気を利かせてくれて奥の座敷に通された。

「ユウキ今日接待だって言ってたのに・・・」
いや、それは無い。というか遊びに行くと自慢してた。
「今日は帰りが遅くなるとか言ってたけど・・・・」
うん、だってセフレと2ヵ月ぶりに会うって言ってたし。
「いつもなら帰ったらメールするっていうのに、先に寝ててとか言ってて・・・」
そりゃ~ヤリまくりたいからだろ~な。
「どこで呑んでるの?って聞いたら渋谷って・・・アタシもいるよ!って言ったら、渋谷だけど目黒の方でとか意味分かんない事言い出すし・・・
ラブホが渋谷なんだろ。
「そしたら女の声で、ねぇ~、って声がして、ガサガサって携帯押さえてるっぽい音がして・・・」
セフレが彼女に嫉妬したんだろうね。
「もしかして浮気してんの?って聞いたら逆ギレされた・・・」
図星だからキレたんだな。

会話を聞きながらそう心の中で呟いてましたよ。
言いたくて仕方が無かったけど、いくら昔の彼女寝取られたとはいえ、それはグッと堪えてた。
呑みのピッチも早くなって、愚痴は2時間続いた。
そろそろ終電が・・・って思っても、ユカは帰る素振りも全く無し。
店主も「そろそろ終わるけど?」なんて言ってるのに、愚痴が全く止まらない。
この時点でかなり酔ってたと思う。
追い出されるようにして店を出た時、ユカはフラフラしまくりで俺に捕まって無いと歩けないぐらいだったから。

ダメだと分かっても反応するのが男の性。
腕にしがみつくとムニュニュっと胸のふくらみが密着してくる。
痩せてるからそうは見えなかったけど、実は着痩せするタイプのようで、Dカップはありそうな感触だった。
タイトスカートにピッタリニット、前を開けたコートの前で俺の腕がオッパイに挟まれてる。
もう無理だろ!こりゃ我慢なんて無理だろ!と悪魔が囁いてきた。

「どうする?もう一軒行く?それとも帰る?」
「帰らない!今日は帰らないっ!」
「はぁ?泊まるのか?」
「朝まで呑むのっ!」
「じゃ~酒買い込んで付き合うか・・・」
「そうだ!付き合え!付き合えっ!」

タクシーに乗せて、俺はユカを家に連れて帰った。
タクシーの中で、店はもう終わるから家で呑もうって言ったらOKだったしね。
8畳ワンルームの汚い部屋で、焼酎を呑みながら愚痴を聞いた。
「シワになるから着替えな」とスエットを貸したんだけど、ブカブカのスエット姿に超萌えた。
酒に弱いと思っていたがそれは勘違いで、ユカは酔ってから長く呑めるタイプだった。
逆に俺がダメになって、3時前にギブ。
最後はベッドに横になりながら愚痴を聞いてたんだけど、そのまま夢の中に突入してた。

目が覚めたのは朝の5時過ぎ。
ユカがいる事すら忘れてたわけだが、隣にユカが俺に抱き付く様にして寝てて飛び起きた。
スエットが捲れ上がっていて胸の下辺りまでが丸見え。
すげぇ~クビレててスタイルの良さを実感した。しかも肌が超キレイで、真っ白のピッチピチ。
電気つけたままユカも寝たらしく、しかも軽くイビキまでかいてやがる。
「おいっ!おいっ!」
軽く声を掛けてみたが反応は無く、小さなイビキだけが続いてた。

イカン!と思いながらも俺は携帯を手に取り、思わず捲れ上がったお腹を入れた上半身の写メを撮った。
ヘソ下も映ってたからちょいエロな写メ。
願望が抑え切れず、スエットを摘まんでゆっくり上に捲ってみた。
ブラをしているから完全に捲るのは無理で、仕方なく乳を半分露出させた状態でまた写メ。
今度はスエットパンツを擦り下げて、赤いレースのパンツを丸出しにして写メ。
薄らと陰毛が透けててこれまたエロい写メ。

さすがにこれ以上はダメだなと思って服を戻したが、目がパッチリ覚めてしまった。
お茶を飲みながらタバコを吸ってると、思わず自分で自分を褒めてやりたいほどの名案が浮かんだ。
昔彼女に使ってたピンクローターを、クローゼットから引っ張り出してきた。
一応アルコール消毒できるウェットティッシュで拭き、電池が入るのを確認。
ベッドに戻り、ゆっくりスエットパンツと下着を摘まんで持ちあげた。
イビキをかいてくれていたせいで、寝ているのを確認しながらの超スローペース作業。
やっと陰毛が見えるぐらい持ち上げたので、奥の方にローターを入れた。
どこにあるのか確かめる為に、スエットパンツを摘まみあげてゆっくり手を突っ込んでみた。

ローターは恥骨とクリトリスの間辺りにあったから、それをゆっくり押し込んでいった。
土手を超えた辺りに来たので服を戻し、コントローラーをユカの手の平に乗せた。
そのまま隣に寝てしばらく様子を見たがイビキは止まらず。
ということで作戦開始。

コントローラーのツマミを10段階の3ぐらいにスイッチオン。
静かな部屋に微かな振動音が響いた。
スイッチ入れた瞬間、ユカは「うぅ~・・・ん・・・・」と呻きながら身体を少し動かした。
起きたか?と思ったがまだ起きないみたい。
しばらくすると「ンガッ・・・」とまたイビキが再開した。
ユカ1人が掛け布団を独占しているようにして、俺は掛け布団を掛けていない状態にした。
もちろんコントローラーも布団から出てる状態。

イビキが再開したから今度はレベルを5ぐらいにヒネってみた。
もちろんその瞬間俺は寝たフリを決め込むわけだが。
スイッチをヒネった瞬間、明らかにセクシーボイス的な声が聞こえた。
「はぁぁぅっんっ・・・・・」
イビキも止まり、ユカは下半身をモジモジと動かしているようだった。
俺はユカに背を向けていたから、実際どう動いているから分からない。
だけど確かに「ハァハァ」する吐息は聞こえていた。

俺はそのまま寝たフリを続けた。
後ろから聞こえる吐息は明らかに大きくなっていて、「んっっふぅぅ・・・・」なんて声まで聞こえてくる。
その声で俺の息子も反応し始めてもはや制御不能。
ユカがどう動くのか期待しながら背中に意識して寝たフリを続けた。

5分ぐらいかもっとだったかしてから、突然ユカが俺の背中にオデコを当ててきた。
しかもくの字なっている俺の体に、自分の体を合わせてきて。
どうなるんだ?この先どうするんだ?とドキドキしながらシカトを続けた。
ユカは俺の背中にアツい吐息を当てながら、確実に小さい声で喘いでた。
しかも途中から俺の腰に手を乗せてきて、横っ腹を撫でてくる。
これにはくすぐったくなり耐えきれなくなった俺は作戦を変更した。

邪魔だよ!と突き離すような寝返りをしてみた。
焦ったのかユカは身を引いて壁の方へ少し移動したみたい。
俺は仰向けになったわけだが、予想外だったのは俺の股間だった。
スエットだったからフル勃起してるのがバレバレw
背中に意識集中し過ぎてて、息子の事を忘れていた。
隠すわけにもいかず、俺は仰向けのまま寝たフリを続けた。
その間も静かな振動音は続いていた。

次は何をするんだ?と期待していると、少ししてからユカが寄ってきた。
完全に俺を抱き枕のようにして抱き、左足の太ももを股の間に挟んできた。
モモには軽く振動が伝わってきてたし、ユカのヒザが微妙に息子に触れてるような気がしてた。
でもこのまま動かずにいると、最高の展開が始まった。

なんと8割以上の男が美人だと言うであろうユカが、俺に抱き付いたままオナニーを始めたんだ。
今までもしてたんだと思うけど、今度はもう遠慮無しって感じのオナニー。
腰骨にユカの手が当たってて、確実にローターを触っているというか動かしてる。
しかも左腕には柔らかいオッパイの感触。
肩にはアツい吐息と、小さく「んっ・・・んっ・・・あぁっ・・・」という喘ぎ声。

襲い掛かりたくなるのを必死で堪えていると、ユカの手が腹の上に乗ってきた。
指先がヘソ辺りに直接触れ、確実に俺の腹を弄り始めた。
なんという卑猥でやらしい触り方だ!と興奮していると、その手がゆっくり下にさがっていった。
これは!もしかして!と期待する通り、ユカの手はトランクスの上からだが息子に。
触られた瞬間、思わずピクンッと反応したのは言うまでもない。

その反応に一瞬手が遠のいたが、すぐに戻ってきてトランクスの生地越しにスリスリと触り始めた。
この時点で俺のカウパーは染みになっていたと思う。
それぐらい興奮してたからさw
竿をスリスリ触っていたが、触れるか触れないかの微妙な触り方がなんともエロい。
亀頭をやられた時は何度もビックンビックン反応してしまった。
まぁそれでも寝たフリを決め込んでいたわけだが。

隣で「ハァハァ・・・」喘ぎ声も聞こえるし、息子をエロっちく触られるしで興奮も限界間近。
でもここでヤメたら今までの我慢が無駄になると自分に言い聞かせた。
相変わらずユカはローターでオナっているらしく、チンコを触りながらオッパイも押し付けてくる。
ここで最終的な作戦に出ようと決意した。

う~ん・・・と唸りながらスエットの中に手を突っ込み、胸や腹辺りを掻くフリをしてみた。
そしてそのまま下半身にも手を入れ、不自然ではあるがスエットパンツとトランクスをズリッと下げてみた。
そして勃起した息子を握り、軽くシゴいてみた。
まさに不自然極まりないが、寝惚けてやっている風を装ってみたわけだw
目を閉じていたから見えなかったけど、確実にユカは見ているはず。
電気も付けっぱなしだしね。
だからシゴくのを途中でヤメた。

さてどうする?!触ってこい!と思いながら寝たフリをすると、ホントにスグにユカがチン棒を握ってシゴき始めた。
これがまた何とも気持ちの良い手コキでさぁ~。
上下にシコシコするだけじゃなくて捻じるようなシゴき方。
こういっちゃー何だが、俺の息子はデカい。
一応書いておくと、長さは19.7cm、太さは15.3cm。
高校時代の処女だった彼女は痛すぎて泣いた経験を持つ息子。

社員旅行でユウキの息子は何度も見ているが、確実に俺の息子には敵わない。
だからユカもユウキと比べて大きさの違いを実感しているだろうって悦に浸ってたw
その悦も長続きしなくなったのは、ユカの手コキがウマ過ぎたのが理由だった。
このままシゴかれたら確実にイクと思い、最終行動に移った。

いきなり目が覚めたという風にガバッ!と起き上った俺。
ビックリ目をまん丸としてサッと息子から手を引くユカ。
「・・・・・何してんの?・・・・・もしかして・・・・?」
「えっ?ああぁ・・・違うのっ・・・・・自分でやってたんだよ!アタシじゃないよ!」
「何だ?この音は・・・・・」
「あぁっ・・・・これも分かんないけど・・・・・あれっ・・・・なんだろ・・・」
「もしかしてローター?んんん???」

アタフタしながら上半身を起こすユカ。
俺は躊躇なくユカの股間をガシッと掴んだ。
「勝手にローター使ってオナって、しかも寝てる俺のチンコ触ってたのか?」
「違うのっ・・・分かんないけど・・・よく・・・覚えてないし・・・・」
「気持ちイイのか?これが」
スエットの上からローターをグイグイ押してみた。
そのままキスをすると、抵抗するかと思ったけどすんなりキスを受け入れてきた。

「んはぁぅっ・・・」と舌を突き出しながら俺の舌をベロベロ舐め、下から抱き付く様にしがみ付いてきた。
キスをしながらパンツの中にいきなり手を突っ込むと、ローターは少しズレた場所で振動してた。
それを戻してクリトリスに直接当てると、「ンヒッ・・・!」と悲鳴みたいな声を出して抱き付いてきた。

「自分で持ってみな?・・・そう・・・・ここで持ってな・・・」
ユカにローターを持たせて、俺はビチョビチョに濡れまくったマンコの穴に指を第一関節まで入れた。
「入れたいのか?もっと・・・」
「アハァゥンッ・・・・入れたいっ・・・」
ゆっくりと中指を奥まで入れ、そこからは本領発揮。
なんせ女にモテない俺は風俗嬢を喜ばせる為に、ネットでセックスのテクニックを買いまくって勉強している。
そのおかげで風俗行くと、結構な確率で本番まで出来ちゃう。
テクニックだけで5万は使ってるけどさw

その指ワザを見せてやろうと動かし始めたが、ローター威力は素晴らしくてスグにユカはイッてしまった。
無言でイキやがったらしい。
この野郎・・・とSっ気の血が騒ぎ出した俺は、容赦無く指を2本にして指テクを披露してやった。
「ダメッ!今はダメッ!んあぁっ!ダメッ!」
イッた後で敏感になり過ぎているらしく、指を抜こうともがくユカ。
それを上に乗って抑え込み、グシャグシャと指を動かしまくった。
そしたらなんとね・・・「んはぁっ!」って声が出た瞬間、ビッシャーッ!と潮噴きです。
人のベッドで結構な量の潮を噴きました。

スエットを穿いてたからまだ良かったけど、パンツもスエットもビッシャビシャ。
ユカも一気に冷静になったらしく、俺も手伝って急いでベッドから降りた。
そのまま風呂場へ連れて行き、目の前で一気に下半身を全裸にしてやった。
いやっ!ちょっとぉ!と足掻くユカをシカトして、下半身を全部脱がせた後、強引にまた指を入れてかき混ぜてやった。
「だめっだめっっ!!!んやぁーっ!だめっっぇぇぇっ!!」
足をガクガクさせながら俺にしがみ付き、今度は少量の潮を噴いた。
そのあとイッたみたい。

ガクンとヒザをついてしゃがみ込む姿を見下ろしながら、俺はまた勃起し始めた息子をポロリ。
下を向いていたユカの頭にポンポンと乗せてやった。
えっ?と上を見上げたユカの頭を持ち、口にチンコを押しやった。
抵抗も無くユカはフェラを開始し始め、これがまたウマいというね。
口に息子が半分も入らないんだけど、亀頭を中心に舌が自由自在に動き回ってる感じ。
すげぇ~美人なくせに俺のチンコしゃぶってるぅ~と思いながら見下ろしてたw

フェラされながら俺は全裸になり、ユカを立ち上がらせてユカも全裸にした。
シャワーを浴びながらキスをしたり触り合ったりして、潮を洗い流してやった。
ブラを取ったユカの胸は思った通り巨乳でしかも美乳。
ホント容姿には恵まれているんだよな、この女は。
真っ白なボリュームのある巨乳で、500円玉ぐらいの乳輪も薄らピンク色。
垂れても無いし張りもあるし肌は綺麗だし。

シャワーを当てながら乳首も舐めまくり、キスも耳舐めもしまくった。
その間ユカはずっと俺の息子をシゴいてた。
ベッドに移動してからの悶えっぷりには感動した。
俺の指テクが良かったのか元から淫乱なのか分からんけど、腰をクネらせたながらのイキっぷり。
フェラタイムには玉袋も門渡りも舐めまくるし、しかもあの手コキつきだからヤバかった。

超気持ち良くてフェラに浸っていると、ユカが上に這い上がってきて激しいキス。
亀頭をマンコに擦るようにしながらキスをしていると、手を使わずに腰だけの動きで亀頭がニュルリんとインサート。
亀頭だけでも身を震わせてたんだが、ゆっくり腰を動かしてとうとう根元付近までインサート。
可愛いほど身を振るわけながら感じている姿にマジで感動したw

見た目とは違って騎上位では腰を振りまくりだった。
ダンスでもやってたのか?と思うほどグリングリンと腰が動きまくる。
亀頭に子宮の突起が当たってて、最高に気持ちイイらしかった。
そのまま騎上位で1回イッて、バックに移行して突きまくり。
四つん這いが無理になりうつ伏せになったから、奥に突き刺したままグリグリと子宮を刺激してやった。

「んうぅ……っ……、そ……そう……そこぉ……、そこっっ・・・」

「そこがなんだ?」

「ッ……は、はぁ……っ……、こ、擦って……、あぁ……っ……グリグリしてっ……またっ……イッ・・・・ちゃうっ」

焦ったんだけどまた潮を噴きやがって、ジュワッジュワッ!と音を出しながら猛烈なイキっぷり。
横にあったバスタオルを一応敷いたけどベッドには大きな染み。
もうイイや!と吹っ切れたので、そのまままたグリグリしてやった。

「ん……ッ……ひ……、ひ……あぁ……ッ…………! はっ、んん……っ……あぁぁ……っ……」

立て続けに2回目の絶頂+潮噴き。
もうビッチャビチャw
正常位に移行してユカのヒザを抱え、奥にガンガン当たるように突きまくった。
ユカは自分のオッパイをなぜかムギューッと掴んでいて、俺の目を睨むように見ていた。
その顔を見てユウキを思い出し、さらに興奮してきて思わずイッてしまった。
中出しはヤバいから、寸前に抜いて腹の上に精子を放出。
手でシゴいてたのは初めだけで、スグにユカの手が伸びてきてシゴいてくれた。
腹の上の精子をティッシュで拭っていると、ユカは俺に抱き付いてきてキスをしてきた。

「お前淫乱過ぎ・・・ベチャベチャだよ」
「これって潮?初めてなんだけど・・・・」

バスタオルを何枚も重ねて、その上で1時間ちょっと寝た。
8時過ぎに2人で家を出て、そのまま出社した。
ユウキの顔を見てどうしようもない優越感が込み上げてきたのは言うまでもないな。

ユカとは歩きながら連絡先を交換していて、その日から毎日のようにメールをするようになった。
多い時は週に2回とか会うようにもなり、会えば必ず家に来てヤリまくってた。
俺も息子を比べるとユウキのは物足りないと、子宮をグリグリしている時に叫んでたな。
知らなかったけどユウキのオヤジは社長らしくて、30歳になったら親元に戻る予定なんだってユカが言ってた。
社長夫人になれるからこのまま結婚すると豪語していた。

そんなユカと今ではもう3年の付き合い。
今でも週に1回ぐらい会ってて、最近は泊まっていくようになってる。
ユウキはまだ自慢げに浮気した話を俺にしてくるが、彼女が俺のセフレだとは夢にも思って無いだろう。
しかもアナルまで開発されちゃって、アナルパール入れながらバイブオナニーもするようになってるんだよね。
ユウキの前では恥ずかしいとか言うらしいけど、俺の前じゃ淫乱そのもの。
喜んで俺のアナルも舐めるしさぁ~。
人の彼女を寝取ったりする悪者は、こうして見えない罰を受けるんだって思う。
俺も同じ穴のむじななんだがw

長々とした駄文にお付き合い頂き感謝します。
有難う御座いました。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/102-a82e5947
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。