FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19歳のいとこ

俺はもう今年で30歳になる身だけど、19歳の従妹と関係を持ってる。

元々昔から俺の事が好きだったようで、何かとベタベタしてきてた従妹。

まだ小さかったし欲情もしなかったのは当たり前。

抱き付いてきたり俺の布団に入ってきても、所詮は子供だったし。

それがガラリと変わったのは、従妹が中学2年の頃だったかな。

小6の夏に会って以来、久し振りに会ったんだけど・・・

2年間でめっきり成長しちゃっててさぁ~

いきなり後ろから抱き付かれた時に、背中にボインボインと感触が。

さすがにこれはイカンと思って、抱き付いてくるのを避けるようになった。

従妹とはいえ一緒に暮らしてないからねぇ。

 

 

Tシャツの胸元から谷間がチラチラ見えると、どうしても意識するようになってた。

中3の頃には既に巨乳の域。

痩せてるくせに巨乳だからスタイルはかなり良かったみたい。

自分でもそれは自慢みたいで、親戚一同が集まる席でも自慢してたから。

そんな従妹が高校生になってからは、全然会わなくなってた。

高3の時に久し振りに会ったら、すげぇ~ギャルになってて大笑いした。

田舎の子だから、ギャルなのかヤンキーなのか分からない感じっていうのかな。

明らかにその当時渋谷にいた女子高生とは違ってた。

でもスタイルだけは良かったんだよなぁ。

「アタシ東京の大学に行くからね~」

勉強してるようには見えなかったから、どうせ浪人するだろうと思ってた。

でも予想外に現役で都内の4大に入って、部屋を見つけるまでうちで暮らす事になってさぁ。

兄貴が結婚して出ていったから、ちょうど部屋が1つ余ってたからなんだけど。

家にいると当たり前だけど部屋着になる。

無意識なのか狙ってなのか、これがまた色気ムンムンだったんだよねぇ。

タンクトップで巨乳強調してたり、ホットパンツ穿いて足丸出しだったりさ。

さすがに母親が怒って注意してたけど、俺には十分過ぎるぐらいエロかった。

でも俺は前々から予定してた1人暮らしが決まり、夏前に実家を離れたんだよね。

彼女も遊びに来るし、一応結婚前の自活ってノリで。

引っ越して2週間ぐらいだったかな。

夜いきなり従妹から電話があって、泊めてくれって言い出した。

まだ遊んでるから終電なくなるし、家よりそっちの方が近いからって。

明日も仕事だから出来るだけ早く来いって言ったのね。

やってきたのは2時過ぎで、俺は当然寝てた。

勝手にシャワー浴びて好きにしてて良いって言って、俺はそのまま爆睡。

で気が付いたら、隣に従妹が寝てるわけ。

いくらなんでもそれはまずいだろ!って言ったんだけど、ベッドから出ようともしないのよ。

だから俺は用意してた布団に移動して寝た。

何事もなく朝になり従妹を残したまま出勤。

帰ってみると、ありがとね!って手紙。

これがあってから、週に1回は泊まりに来るようになっちゃってた。

さすがにこれはマズいだろって思って、従妹を彼女に紹介した。

疑われるのもイヤだったし、彼女を紹介しとけば頻繁に泊まりはなくなるかなって思って。

そんな俺が甘かった。

紹介してもしなくても関係無く、週1で泊まりにくるのは変わらなかった。

ある日、俺は友人と飲んで0時過ぎに帰ってきた夜。

また従妹から電話があって、泊めて欲しいって。

俺は酔っ払ってたし曖昧に答えて爆睡。

何時だったかインターフォンが鳴って従妹を入れ、そのままベッドで爆睡しちゃって。

気が付いたら、なんかモヤモヤ心地イイ感覚っていうか変な感じがしたわけ。

あぁ~なんだぁ~これ~~気持ちイイ~なぁ~~って。

ん~~~?て目が覚めるとビックリ!

従妹が俺のチンコしゃぶってた!

激しくフェラしてたわけじゃなくて、ゆっくりディープスロートしてる感じ。

初めは従妹って感覚が無くて、彼女にしてもらってるって錯覚してたのね。

まったくコイツも好きだなぁ~ってさ。

冷静に考えるとそんなエロい彼女じゃないから有り得ないんだけどね。

しばらくフェラを堪能して(意識は完全にもうろう)また夢の中へ。

次に意識が戻った時は、なんかゴソゴソ体が当たってて。

ん~~~???と思ってると、上に乗ってて騎乗位でチンコが入ってる状態。

おいおい・・・勝手に入れてんじゃねぇ~よぉ~って思わず口走った。

とその瞬間、彼女じゃない!って意識がハッキリ戻ってきて。

薄暗くてよく分からなかったけど、上に乗ってるのはどう考えても従妹。

思わずガバッと起き上って「お前何してんだよ!」って叫んだ。

「えへぇ~~。もうずっと寝てるんだもん」

「ちょっと待て!待て!」

俺はそういって腰を引いてチンコを抜いて、従妹から体を離した。

酔いもぶっ飛んで完全にアタフタ状態。

「何してんだよ!お前こんなことして分かってんのか!」

「だってぇ~~イイ~~じゃ~~ん。兄妹じゃないんだからぁ~」

電気を付けると目の前には全裸で口を尖らせてる従妹。

キレイに巨乳に目がいったが、やっぱりこれはマズイと。

俺も全裸だったから、急いでパンツを探した。

「ここにあるよぉ~~」

指先でクルクル回す従妹。

奪い取ろうと近寄ると、従妹はそのまま抱き付いてきた。

抱き付くっていっても、下腹に顔を付ける高さに抱き付いてきた。

「ヤメろって!パンツ返せよ!」

「やぁ~だぁ~~!っていうか大きくなってきてますよぉ~~~」

ちょうどパイズリする感じになってて、返せとか言いながらチンコと巨乳に意識が集まってたし。

「ちょっと~~!そうやって挟んで動かないでよぉ~~」

完全に従妹は俺をからかってて、谷間に挟んでブルンブルン動かしてきてた。

実は巨乳好きの俺。彼女はどちらかというと貧乳だった。

だからこの時点で「ヤメろ」とか言いながら誘惑に負け始めてた。

「お前何考えてんだよ・・・こんな事してイイと思ってんのか?」

「えぇ~!イイじゃ~ん!んっ・・・」

頭を撫でながら諭すような言葉を言いつつ、俺は従妹がフェラをするのを促した。

従妹は喜んでそのままフェラをし始め、俺の頭はエロモードになった。

従妹のフェラは彼女のフェラなんかよりも上手かった。

後で知った事だけど、フェラ好きらしい。好きこそなんたらってヤツ。

しかもMっ気アリアリで、俺に頭を押えられたりすると喜ぶ変態。

手を伸ばして初めて従妹の巨乳を揉んだ。

若いだけあって大きいのにハリもある、重量感のある巨乳だった。

しかも乳首が既にコリコリになってて、軽く摘まむと眉間にしわが寄ってた。

どこで誰に仕込まれたのか、舌の動きも抜群だった。

「お前もしかして風俗で働いてないよな?」

「そんなわけないでしょ~~!元彼に鍛えられたの!」

そこで思い出した。

コイツは40近いオヤジと不倫してたんだった。上手いわけだ。

巨乳好きの俺が巨乳を好きなように揉んで、しかもフェラがかなり気持ちイイ。

このままだと従妹に口でイカされるような気がした。

それはかなりマズイ。口でイッたら後でからかわれるに決まってる。

俺は従妹の頭を掴んでフェラを中断させて、そのままベッドに押し倒した。

ビックリしたのはもうアソコがグチョグチョに濡れていた事かな。

「フェラだけでこんなに濡らすなよ。どんだけ変態なんだ?お前は」

強気な言葉で攻めながら、アソコに指を突っ込んだ。

ウケたのはコイツ、アソコを全剃りしてやがんの。

もともと薄いのか、青々とした剃り残しも無い綺麗なアソコ。

プックリと皮から少しだけ顔を見せるクリトリス。

俺はクリトリスを舐めながら、膣内を主にG辺りを刺激した。

さすが仕込まれてるだけあって、膣内でも十分感じるらしい。

「あんっ!ああっ!それっ・・・イイッ!」

Gというかもうちょい奥のポイントが感じるようです。

分かればピンポイントで指先で刺激しまくると、まだ19歳のくせに卑猥な腰の動きをし出しました。

クネクネと動いたかと思うと、今度は前後に動いたり。

クリトリスの周りにある皮ごと軽く噛み、指の動きを速めました。

「はうっ・・・!イクッ!イクぅ~っ!あぁん・・」

思った以上に簡単にイッてしまいました。

彼女にですらこんなに早くイカせたことなんてありません。

俺ってもしかして上手いのか?なんて思うほど、従妹は完璧にイッていました。

最悪なのはその後。

酔ってて気が付かなかったけど、ベッドの上に結構大きなシミが・・・

ブシュッ!と潮をふくわけでもなく、チョロチョロと出ていたようです。

ニオイも色も無かったので失禁では無かったのが幸いでした。

「お前なに出してんだよ!これじゃ寝れないだろ!」

「だってぇ~兄ちゃんウマいんだもん~」

また噴かれても嫌なので、バスタオルを敷いて正常位で合体。

さっき既に生で入れちゃってたけど、一応ゴムをして入れた。

酔ってるせいか正常位は思いのほかキツく、息が続かないから騎乗位に。

こいつの騎乗位は、今まで付き合ってきた女の中ではピカイチ。

前後左右に腰を振って擦る子が多いけど、従妹はちゃんと上下に出し入れをする。

しかもキスしてきたり首を舐めたり、もちろん乳首も舐めてくる。

乳首を舐められながらの騎乗位なんて彼女はしないので、これがまた興奮した。

しかも巨乳だっから、乳首が俺の胸にもツンツン当たってくるし。

思う存分下からも巨乳を堪能できたし。

最後は下から思いっ切り激しく突き上げてゴム射。

終わってからの処理も19歳とは思えなかった。

ゴム取ろうとしたら、俺より先に従妹が外し始めて・・・

「こんなに出てるよぉ~。もしかして溜まってたぁ?」

なんて言いながらキュッと縛ってゴミ箱へポイ。

その直後、残り汁を吸い出すかのように亀頭の先をチューチュー吸い出す。

カリとか裏スジとかも綺麗に舌で舐めあげて、俺には初のお掃除フェラ。

AVとかの世界だけの話だと思ってたけど、自主的にやるヤツがいるとは。

一回こんな事しちゃったから、もう俺も従妹もぶっ飛んじゃったね。

週1回とか泊まりに来て、朝までヤリまくり。

泊まらない日もあったから、週2回はヤリまくってたと思う。

フェラ好きだからいつも30分以上はフェラさせてた。

ゴムなんて最初の数回だけしか使ってなくて、最後はいつも口に発射&ゴックン。

バイブ突っ込んでのフェラが好きみたいで、これがまた最高に興奮したなぁ。

従妹との秘密の関係は彼女と結婚するまで続いた。

だから約2年弱、相当ヤリまくってたって事になる。

俺も結婚して従妹にも彼氏ができて、何となく関係は終わっていった。

だけどつい最近、また従妹とやっちゃって。

この話はまた次回お送りします。

お粗末さまでしたw

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/108-7549e1f3
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。