FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもぉ~風俗潜入斬り込み隊長のタカです。

友人は2chで情報を得たらしい。
かなり面白い店で、女の子のレベルはハイクラス。
しかも運が良ければ女の子が二人付いてくれるとか。
お客は何もせず、ただひたすら女の子が攻めてくれるお店。
マンションの一室だからちょっと怖すぎる!という理由で、俺にメールしてきた友人。


 

 

話を聞けば聞くほど、いくら俺でもそれは危険じゃないかと。
部屋の中だったら逃げ場がないし、高級マンションだと逃げるのが大変過ぎる。
「今回は遠慮させて下さい」と言ったが「全額俺が奢るから!」と神の声。
2chで二人だけ実際に行ってきたヤツもいるみたいだし、じゃ~行ってみようかと。

この店は本当に凄いのよ。
まず仕入れた電話番号に、あらかじめ電話をするわけ。

「これから行きたいんですが、空いてますかね?」って俺は言った。

「どちらさまでしょうか?」ってやけに落ち着いたトーンで言われる。

「2chで見たんです」

「2chのどのページでしたか?」

「そこまでは覚えてないですねぇ。いろんなの見てたので」

「そうですか、それではこれから1時間後の16時半にいらして下さい」

「場所は○○で良いんですよね?」

「はい、駅に着きましたら、また電話をして下さい。ご案内致します」

何だよ、この会員制みたいな対応は。
しかも口調がやたらと自信満々なのかおじいちゃんなのかって感じだ。
友人とそのまま○○の駅に向かい、いつもの如くファミレスで荷物を渡す。
今回は2万ちょいだから、とりあえず3万円だけ持って電話した。

電話をしながら案内されて、辿り着いたのは普通のマンションの前。
言っちゃまずいかな。茶色いマンションw
言われた部屋のインターフォンを鳴らすとロックが開いた。
1階の部屋だったんで、そのまま廊下を歩いていってまたインターフォン。

出てきた男は40代ぐらいかな。
痩せたスーツ姿の男で、一見すると真面目なサラリーマンぽい。
「そのままどうぞ」と言われ靴のままリビングに案内された。
そこで男と面と向って座らされた。

「それではこれから幾つかの質問をさせて頂きます。真面目にお答え下さい」

「あ、はい」

「当店にそぐわないと思われた時点で、このままお帰りとなりますので。もちろんお代は結構です」

真面目に淡々と言っているが、これはどういったシステムなんだと思った。
風俗に行ってアンケートなら分かるが、いきなり質問タイムかよ。
しかも勝手に判断されて、ダメならお帰りって。
先に少しだけ情報あったから良かったけど、何も知らなかったら完全にアウトだね。

「まずお聞きします、アナタは変態ですか?」

「えっ?」

「もう一度お尋ねします。アナタは変態ですか?」

「はい、変態です」

「結構です。アナタの職業は何ですか?大雑把で結構ですのでお答え下さい」

「しがないサラリーマンです。○○○系の仕事をしています」

「結構です。アナタはおいくつですか?」

「31歳です」

「運動はしていますか?」

「毎日筋トレをやっているぐらいです」

「好きなタイプの女性は?」

「美人なのに始まるとエロくなる女の人でしょうか」

「変態なんですね」

「えっ、まぁ。」

こんな会話が真顔のまま続いた。
面と向って真面目な顔して「変態なんですね」なんて初めて言われたw
友人情報だと、一応面接みたいなのがあるとは聞いていた。
でもこんなんだとは。
そうそう、1つ忠告があって、爆笑したり「違いますよぉ~」と軽く言うとダメなんだって。
でもね~最後に言われた会話には、思わず爆笑しそうになった。

「それではお客様にニックネームをお付けします。アナタは細マッチョさんです」

「細マッチョですか?」

「そうです。それがイヤなら結構なのですが」

「いえいえ、私は細マッチョです」

「結構です。それではご案内いたします」

細マッチョってなんだよ!Tシャツ着てたから、腕見てそう言ったのか?
それにしても安易な名前だろ。センスの欠片もね~じゃん!
そう思うと笑いが込み上げて来て、堪えるのに必死だった。

「くれぐれもお部屋に入った時から私語は慎んで下さい」

エレベーターである階へ連れて行かれた。
ドアを開けると、そこには20畳ぐらいの部屋があり、ソファーがいくつかあるだけ。
出迎えてくれた女の子は、今まで見た中でNO,1の美人さん。
普通にキャバクラにいてもナンバークラスだろって思うぐらい、マジで綺麗な美人さん。
ノーブラにピンクのキャミ姿で出迎えてくれて、俺の手を握りソファーへ。

氷の入ったお茶を出されて、俺は座ったままTシャツを脱がされた。
ほとんど俺は何もしないまま、気が付けば全裸にさせられてた。
そのまま手を引かれてシャワー。
女の子は全裸になり、俺の体を隅々まで洗い始めた。

「ここって喋っちゃダメなんだよね?」小声で聞いてみた。

「はい、そうなんです。ここでは平気ですけど、向こうではダメですよ」

向こうではちゃんと監視されているのかってちょっと不安気味。
それでも俺はこの女の子が猛烈に気に入った。
黒木瞳をちょっと派手な顔にして、20代半ばぐらい若返らせたような子。
スタイルも凄くて、Dカップはあったと思う。なのにスレンダー。

チンコは優しく洗ってもらってる時、とりあえず質問してみた。

「ここって1回イッたら終わりなの?」

「そんな事ありませんよ。だいたい1時間ぐらいありますから」

「素股とかやるの?」

「ご希望でしたら。他にもいろいろとありますので」

なにやら意味深な返答に、ちょっとドキドキしてきてたw
シャワーを出て腰にタオルを巻いた状態でソファーに座る。
ここからが凄かった。
タオルを取られ、座る俺に女の子が全身リップ。
足の指まで舐めるサービスなのに、チンコだけは舐めないみたいな。

すげぇ~~~焦らしだぁ~~~と浸っていると、突然奥からもう1人の女の子が出現。
この子もまたすげぇ~美人さん。しかも既にもう全裸というねw
えっ?と思うとこの美人さんも参加してきて、二人に全身を舐められ始めた。
3人でキスなんて初めての経験ですわ。
でもずっとみんな無言ねw

やっとチンコを舐められた時には、もうビンビンでもしかしたらヤバいかもってなってた。
2人にチンコ舐められたりして、それはもう極楽状態。
思わず目の前にあったオッパイを触ろうとしたら、無言で「ダメ」と言われた。
気持ち良すぎて何もしちゃいけないって事を忘れてた。

俺は立たされ奥にあるベッドマットの上に寝かされた。
そこでもまた2人の同時攻めが開始。
四つん這いにさせられ、フェラされながらアナル舐めをされた。
もう完全に無理で、俺はそのまま射精。
ドクドク出る精子を口で受け止め、出終わった後も抜群のフェラ。
やっと口を話してティッシュに精子を出しているのをみていると、もう1人がすかさずフェラ。
咥えるんじゃなくて、舌先で優しく舐めるフェラだった。

お茶を持って来てくれたからそれを飲み、その間も全身を舐めてる2人。
また勃起してきたチンコを舐め始め、その後はローションつけて騎乗位の素股で撃沈。
2人攻めの騎乗位はクセになるほど極楽だった。

イッた後2人に抱き付かれて横になっていると、玄関から女の子が出現。
こっちには目もくれず、奥でキャミに着替えてまた玄関へ。
そしたらドアが開いて、50代らしきオヤジと一緒に入ってきた。
オヤジは俺を一瞥しただけ。
俺がされたように座ったまま洋服を脱がされ始めてた。

それをジッと見てたんだと思う。
いきなり目隠しのように手で目を軽く押さえられた。
「そんなに見ちゃダメでしょ」小声で耳元で囁かれた。

シャワーでは初めの子が洗ってくれて、玄関までお見送り。
最後に抱き付いてきて「また来てね」と耳元で言われた。
そして濃厚な舌を絡めるキスをされて終了。
エレベーターで1階につくと、あの面接官が立っていた。

「細マッチョさん、お疲れ様でした。こちらへどうぞ」

気が付いたんだが、俺はまだお金を払ってない。ちょっと焦った。

「次回からは前金となりますので注意して下さい」

そう言われて請求されたのは2万円ちょい。
完全に優良店じゃん!

「次回からはお電話で、細マッチョというお名前をお使い下さい」

実はこのお店、今でも常連で通ってる。
いる女の子のレベルがマジで高いから、指名なんてしなくても全然OK
指名してもお金はかからないんだけどさ。
ただ運が悪いと、目の前に他の客もいるからね。
運が良いと女の子も2人になるし、かなり濃厚なサービスもある。
ゴムつけてだけど、実は何回か本番もしてる。
勝手に女の子が入れてきちゃったから、俺のせいじゃないよw
気になる人は2chで情報収集してみると良いかも。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/125-3c5e0c89
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。