FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうマジで信じられない体験をしたんで聞いて下さい。
先週の金曜日、埼玉県のある場所でデリヘル呼んだんです。
大学時代の友人が「最近イイ店見つけた」っていうから、わざわざ車で1時間かけて出向きました。
既婚者の私はもう随分と風俗遊びはしてません。
「そこは若くて素人っぽい子が多いんだよ」という言葉に負けて行ってしまったんです。

 

 

まずは友人宅(独身)で軽く呑み、23時ぐらいに電話しました。
嫁には泊まると言っていたので時間は気にせず、自分の好みの子を待ちました。
20代前半まででムッチリしてるけど太って無い子。
私は0時半頃になると言われ、友人は0時頃と言われました。
近くのファミレスで待ち合わせをして、2人で家を出たのが23時半頃。

申し訳ない。こんな細かい話は省略すべきですよね。
それでは一気に飛ばします。

指定されたホテルへ行き待っていると、1時近くになって女の子が来ました。
ノックされてドアを開けると絶句してしまいました。
メイクは濃かったけど目の前にいたのは同じ会社の子だったんです。
お互い何も言えず見つめ合ったまま数秒。
「えっ?マジ?」
「○○さん・・・」
「何してんの?ここで・・・マジかよ・・・」
「あ・・・いや・・・アタシ帰りますから・・・」
「ちょっと・・いや・・・まぁ入りなよ・・・とりあえず」
「はい・・・」

周りを気にしてとりあえず中に入ってもらいました。
「なんで?バイトしてんの?」
「はい・・・あの・・・」
「いや・・・誰にも言わないけどさぁ・・・マジかよ・・・」
「ホントすいません。チェンジしますよね?電話しますから」
「あぁ・・・いや・・・イイよ・・・つ~か何かもうヤル気が無くなってきた・・・」
「御免なさい・・・やっぱり・・・キャンセルにしときます?」

彼女の名前はメイ。24歳で同じ会社だが経理にいるはず。
何で知ってるかというと、同じ部署にいる部下と結婚してるんです。
結婚式にも出席したし、何度も家にお邪魔した事もあります。
1度嫁も一緒に外食した事がある間柄だったんです。
だからこのまま帰すわけにもいかず、もうどうしようかパニくってしまいました。

お金を無駄にしてもイイと思い、電話してもらって予定通り90分コースにしました。
メイはバッグを抱えたままベッドの縁に腰掛け、会話をしている時以外はずっと下を向いていました。
「○○君にはもちろん内緒なんだよね?」
「はい、旦那には何も・・・」
「大丈夫なの?バレそうな気がするんだけど」
「うちの実家がこの近くなので・・・」
「あぁ~そうか・・・ここだと車で30分ぐらいか・・・」
「だから誰にも会わないと思ってたんですけど・・・」

沿線も違うしマイナーなこの地域には、知り合いなんて来ないだろうって思ってたようです。
私も同じように思っていましたし、まさか同僚と会うとは思ってもいませんでした。

「俺もカミさんには内緒だからさ・・・」
「そうですよね、はい・・・」
「お互い誰にも言わないって事にしようか」
「はい・・お願いします」

緊張しまくりだったせいかノドが渇き、冷蔵庫のビールを半分ずつ飲みました。
落ち着いてくるとある疑問が浮かんできました。

「そういえば何でこんなバイトしてんの?もう長いの?」
「いえ・・まだ3日目で・・・お小遣いでもって・・・」
「だって普通に給料もボーナスも出てるでしょ?」
「それはもう・・・はい・・・」
「借金?」
「借金っていうか・・・前に買ったカードの・・・」

話をまとめると、旦那には安かったと言っていたバッグやコートのカード料金が、月に4万ほどあるらしいです。
実家の父親がチョコチョコとお小遣いをくれていたので、安心して買っていたそうです。
でもオヤジさんがリストラにあい、供給がストップしたと言っていました。
突然の事だったから今までに購入した多くのブランド物の残金が残ってしまい、どうにもならないと言うんです。
全額を聞いてビックリしました。なんとまだ220万あるらしい。
「じゃ~質屋で売ったら?」と聞くと、もう査定は出してもらったと言ってました。
査定額を差し引いてもまだ60万は残るらしく、今月末に質屋で売ってくるらしい。
60万をどうしようか考えた末にデリヘルのバイトを友人に薦められ、60万稼いだら辞めるつもりらしい。

まだ3日だから全然程遠いだろうし、なんつ~話だと頭を抱える状態だった。
指名も無いしもう今日はこれで帰るっていうから、冷蔵庫にあったビールやサワーを飲む事に。
相談できる相手がいなかったらしく、メイは一気に不安などを喋り出すようになった。
それを聞いているうちにそろそろ90分が経過しそうになり、とりあえず何もしてないけど料金を渡した。
御免なさいと頭を下げまくるメイに、これで実家に帰るの?と聞いてみた。
「車で送ってくれるから」と寂しそうにいうので、思わず「じゃまた戻ってきなよ。借金の事どうにかしよう」って言ってやった。
ホント下心とかそんなんじゃなくて、ダメだと分かりつつも助けなきゃって気分になっちゃって。

友人に電話をして、今日はこのホテルに泊まると伝え、ダブルの部屋に移動した。
メイに部屋番号を伝え、近くのコンビニでお酒やおつまみを購入してきた。
しらばくしてメイが戻ってきて、さっきよりも少し落ち着いた感じで飲み始めた。
上着を脱ぐと客ウケがイイ様になのか、キャミソール1枚という格好。
ダメだと分かりつつも目が行ってしまうのは、むっちりした体格に柔らかそうな巨乳です。
制服を着ていてもそうなんですが、メイは黙っているだけでもやらしいオーラが出まくりなんです。
よく「見てるだけでムラムラする」と周りも言っています。
ムッチリしてますが太っているわけではないんです。
絶妙な太り加減というんでしょうか、特に中年にはウケが良い体型なんです。

安心したのか笑顔も戻るようになり、旦那の事や仕事の事を話していました。
でも借金をどうするか?という話に戻るとシリアスになり、提案もしたけどラチがあきません。
貯金から旦那に怪しまれない額は10万程度。親から借りれそうな額は20万程度。友人は頼れないからそれが精一杯らしいです。
だからもう仕方なく、私が残りの30万を貸す事にしました。
「イイんですか?!」と明るい表情で驚くメイに、思わず苦笑してしまいました。
ホントなら、お前の体で支払えって言いたいのに、そんな勇気も無いんですから。
どうせパチンコやスロットで稼いだ貯金です。嫁には内緒ですが一応○○○万円はありますし。

それでも少し困ったような顔をしてたんでしょうね。
メイは下を向いたまま「アタシ・・・何でもしますから・・・」とか細い声で言ったんです。
えっ?と思わず聞き返すと、ハッキリと言いました。
何でもって・・・と思いながらも何も言えず声すら出せない私は、動揺を隠すようにビールを飲みました。
「アタシじゃ・・・ダメですか・・・」
「そんな事無いよ、スタイルだって綺麗だし社内じゃ人気あるんだから」
「アタシそんな事ぐらいしかできないし・・・結構得意なんですよっ」
無理やり笑顔を作りながら元気に言う姿に惚れてしまいそうでした。

「分かった、分かった。じゃ~30万で買うって事で」
「はい、どうせ他の人として稼ごうと思ってたし。だったら○○さんの方がイイし」
「でも得意なんだったら指名多くなるんじゃない?」
「う~ん・・・それは難しいんですっ。じゃ○○さん、マッサージしますから寝て下さい」
「ん?それじゃ~してもらおうかな・・・」

軽口を叩けるようにはなったとはいえ、やはり緊張しまくりでした。
Tシャツになってうつ伏せに寝ると、ケツの上にメイが乗ってきました。
そのまま背中から肩、腰を丁寧にマッサージしてくれます。
得意ってそっちか?と思うぐらい気持ちの良いマッサージで、ウトウトしてしまうほどでした。
「じゃ上を向いて下さい」
「仰向け?」
「はい・・」
言われる通り仰向けになると、騎上位のように跨って腕を持ちマッサージを始めました。
もうこの時点でプニュプニュの巨乳に腕が押しあてられ、元気になってきたジュニアがメイの股間に当たります。
それを分かった上でジュニアの上にアソコを押し付け、黙ってマッサージをしていました。

「もうヤバいね」と笑いながら言うと「硬くなってますね」と笑い返されました。
もういっちゃえ!と思い、片手でメイの腰を掴み前後に擦るよう動かしました。
手の動きを察してかメイ自身も腰を動かし始め、アソコをグイグイと押し付け擦りつけてきます。
ダメだぁ~と理性がぶっ飛び、起き上って座位の姿勢のまま腰を抱き、メイの唇を奪いました。
メイも私に抱き付き、積極的に舌を絡めてきました。
会社で見るメイを思い出し、腰をグイッと引き寄せながら舌をしゃぶりました。
それに応えるように腰を押し付け、グイッグイッとジュニアに擦りつけてきます。

「得意ってマッサージが?」
「マッサージも・・ですっ。今日はサービスしますから」
そういうと私を押し倒し、Tシャツを捲り上げて胸にキスをしてきました。
「シャワー浴びてないから」という私に「んっんっ」と答えながら乳首をペロペロと舐め始めました。
覗いてみると器用な動きをした舌が乳首や乳輪を丁寧に舐めまわしていました。
「舐めるのうまいねぇ・・・」
「あっ・・・アタシ舐めるの嫌いじゃないんです・・」
上目遣いで私を見上げながら乳首を舐める姿に大興奮です。

気が付けば私は乳首を舐めるメイの頭を撫でていました。
耳元やアゴ辺りを撫でられるとくすぐったいのか、顔を微妙に動かしながら舐め続けます。
そのまま下にさがって行き手が届かなくなると、太ももをさすりながらジュニアを優しく撫で始めました。
「○○さんのって大きくないですか?」
「んまぁ・・・小さいとは言われた事無いけど・・・」
「なんか・・・凄い大きい感じがするんだけどなぁ・・・」
摩りながら大きさを確かめているようです。
それだけの刺激でも気持ち良くて我慢汁が溢れているのが分かりました。

ジュニアから手が離れたかと思うとベルトに手が掛りました。
「シャワー浴びてないからさ・・・」
「うんっ、大丈夫ですよ。シャワー浴びたいですか?」
「そりゃ~恥ずかしいじゃん、臭かったら」
「じゃ臭かったら言いますから」
緊張が解れたのか分かりませんが、彼女にリードされている気がしました。
カチャカチャとベルトを外され、パンツ1枚になりました。
「やっぱり大きいですよ・・・」と彼女は言いながら、パンツの上からジュニアに優しくキスをしました。

軽く噛んだり袋を揉んだりを繰り返し、もう堪らん!と思った時、パンツをズルっと下げられました。
勃起したジュニアが顔を出し、裏スジから亀頭の裏辺りに鼻がくっつき、クンクンと臭いを嗅がれました。
なんという・・・もう顔が真っ赤になっているじゃないかと思うぐらい恥ずかしかったです。
「○○さん臭くないですよ、シャワー浴びてこなかったんですか?」
「うん、朝浴びただけだよ。さっきまで友達の家にいたから」
「うちの人って夜嗅ぐと臭うけどなぁ~」
「いやいや、俺だって臭うでしょ」
「うぅ~ん・・・無臭じゃないけど・・・嫌なニオイじゃないっていうか・・・」
その間クンクンと何度も臭いを嗅がれ、ペロリと裏スジから舐め上げられました。
「んはっ」と思わず声が出てしまい、より赤面した気がします。

亀頭を口に含みながら口の中では舌がベロンベロン動き回り、両手はパンツを脱がせる動き。
ホントは風俗嬢として長年働いてたんじゃないのか?と思うぐらいスムーズでした。
「なんか手慣れてるねぇ」
「そうですか?うちの人にしてるのと同じなんですけど・・・」
「いつもそんな丁寧なご奉仕なの?」
「えっ?丁寧なんですか?よく分からないんです」
「あぁ~そっかぁ~。ヤツが2人目なんだったっけ?」
「うちの人そんな事まで話してるんですか?恥ずかしいなぁ・・・」
「ホントにそうなの?」
「そうですよ、大学卒業してから初めて男の人と付き合って、彼で2人目ですから」

彼女は喋りながらも手はシコシコ動かし、舌で亀頭をベロンベロン舐め回すんです。
私が喋っている時はジュニアをスッポリ咥え、ジュルジュルとしゃぶりあげる。
2人しか経験してないのにこの上手さは凄いなと思いつつ、彼女の私生活の話を聞きました。
メイは男性経験が少ないから、旦那の言う通りにやっていたらしいです。
フェラする前もキスから始まり首や胸を舐めてから下半身へいく。
フェラは少なくとも30分以上はするし、していると彼が「自分でも触れ」と言うらしいです。
フェラしながらオナる姿を見られると恥ずかしくて、どんどん興奮してくると笑っていました。
「ドMなんだね」というと「そうみたいです」と笑顔で言ってました。

30分もフェラなんてしてもらう事もないので、申し訳ない気分になってきました。
だから起き上って「えっ?」という表情の彼女を抱き寄せ、キスをしながら巨乳を弄りました。
メイも体を委ねてきて、それでも手はジュニアを握ったままシコシコしています。
キャミソールだったのでスッポリと上から脱がせると、見事なスタイルが待っていました。
ムッチリした巨乳に段々になっていないお腹、太すぎず細過ぎずの太もも。
そして何よりもキメ細かい真っ白な肌が綺麗でした。
ブラを外すと「恥ずかしい」と腕で隠しましたが、どけるとこれもまた素晴らしい巨乳です。
「Eカップです」という巨乳は垂れてもいなくて真っ白でプルンプルンでした。

思わず巨乳にむしゃぶりついた私は、メイを押し倒して揉みまくりの舐めまくりです。
乳首がピンと勃っていて舐め回したり吸いついたりするだけで声が出ていました。
嫁が巨乳ではないので、ホントに数年ぶりの巨乳でした。
だから無意識に揉んだり舐めたりを楽しんでしまい、メイに「舐め過ぎですよぉ」と笑われました。
「ゴメン、ゴメン。凄い綺麗だからついね」
こうなったら旦那以上に気持ち良くさせてやる!と思い始めていたので、ねっとり前戯をしてやりました。
キスに戻ってねっとり舌を絡め、耳舐め首舐めを経てまた乳首へ。
お腹を舐めて太ももの内側も舐め、再度キスに戻るみたいな感じです。
内ももを舐めてて気が付いたんですが、なんとメイはパイパンでした。

キスをしながら「剃ってるの?」と聞くと「彼が剃れっていうから」と照れてました。
「丸見えでやらしいよね」と笑うと、ホホを膨らませて怒ったフリをするメイが愛おしくもなります。
再度胸から始まった愛撫に我慢できなくなったのか、メイの腰はクネクネと動き出していました。
だから足の付け根辺りを指先で触ると、「んはぁぁぅんっ」と既に声を出してきます。
下がっていてアソコに到達すると、もうアナルにまで垂れ流れているほど濡れていました。
「凄い濡れているよ、毛が無いから丸見えだよ」
「恥ずかしい・・・そんな見ないで・・・」
「ホントは見て欲しいんでしょ?こうやって」
左右にアソコを広げると、パックリ開いたアソコが丸見えになりました。
大陰唇も小陰唇も綺麗で、クリトリスには皮を被っていて小ぶり。
尿道も丸見えで膣穴はギュッと閉じたままでした。

「舐められるの好き?」
「あぁぁ・・恥ずかしい・・・でも・・・好きです・・・」
「舐めてもらいたい?」
「あぁぁぁ・・・舐めてもらいたいです・・・舐めて下さい・・・」
これはいつも言わされてるなって思いました。
それじゃって事でクンニを始めると、これがまた想像以上に喘ぎまくりでした。
枕を握り締めてのた打ち回るほど感じるとはビックリです。

十分に舐め上げた後、指を1本入れました。
入り口だけではなく中も窮屈なアソコで、指をキューキュー締め付けてきます。
Gから奥を中心にクイックイッと動かすと、のた打ち回っていた体が仰け反るようになりました。
グゥゥッと仰け反ったかと思ったら、「イクッイクッダメッイクッッ!」とイッてしまったんです。
このイキっぷりの激しいのなんの。
仰け反ってイッたかと思ったら、ガクガクッ!ガクガクッ!と大きく痙攣したんです。
動きに耐えきれずに指が折れるかと思いました。

「イキやすいんだねぇ」とゼーゼーいってるそばから指を入れ、今度は2本入れてみました。
よりキューキュと締め付けてくるアソコをさらに激しく刺激してやりました。
嫁とエッチする時に教育?されて身につけた指の動き。
メイにも十分過ぎるほど通用するらしく、仰け反ったりバタバタ暴れたりを繰り返していました。
もう喘ぎ声と言うより叫び声というか呻き声と言うか、変な喘ぎ声を発してました。
嫁以外に通用するなんて試してもいないので分かりませんでしたが、この時ばかりは嫁に感謝しました。
メイは何度か痙攣を繰り返し、最後に大きくバウンドして動かなくなりました。
指は白濁色の汁まみれになり、ベッチョベチョなのはアソコも同じでした。

枕元にあったティッシュで手を拭きながらメイを見ると、長距離走の後のような状態になっていました。
「大丈夫?」とお茶を手渡すと、軽く震えた手で掴んでゴクゴクと呑んでいました。
落ち着くまで煙草でも吸っていようかと思い、ベッド横の椅子に座ってビールを飲んでいました。
メイはこちらを向いた状態で横になり、ジッと私を見ていました。
寄せられた巨乳とパイパンのメイは恐ろしい程やらしい姿でした。

「アタシがしなきゃいけないのに・・・」
「まぁ~気にしないでイイよ」
「いつも奥さんにあんな事しちゃうんですか?」
「んまぁ~ね・・・カミさん直伝ってやつ」
「アタシ初めて失神するかと思いましたよ・・・」
「そんな凄かった?またしてあげようか?」
「もうダメ・・・次は絶対失神する」

笑いながらそんな事を話していました。
椅子の方に来ようとして腰が立たないと笑っていたので私が戻り、キスをして今度はフェラが始まりました。
「本気でやりますからねっ」というメイのフェラは、それはもう絶品でした。
さすが仕込まれているだけあって、強弱のリズムや吸い込む力の強弱も絶品でした。
「大きくて半分しか入らない」と笑っていましたが、喉の奥まで咥え込んでくれていました。
シックスナインをしようとすると、恥ずかしいからとメイはティッシュでアソコを拭きました。
それでも見る見るうちに汁が垂れてくるのが分かりました。
メイはフェラをするだけでも濡れてくるようです。
軽く指を入れイジッた後、ゴムをつけて正常位で入れました。

半分ちょっと入れただけで奥にまで達してしまい、大きい大きいと連呼してました。
ゆっくり出し入れをしてキスをしながらまったりと正常位を楽しみました。
徐々に奥まで入るようになり、激しく出し入れする頃には根元までズッポリです。
子宮に当たるっ!喘ぎながら悲鳴のようにいうメイは、正常位だけで足がガクガクになっていました。
「ホントはもっと動けるの」と悔しそうにいう騎上位も、カミさんよりよっぽどウマかったです。
グラインドさせる腰の動きと揺れる巨乳を見ながら、最高に心地よい興奮を味わっていました。

「手伝ってあげるよ」と腰を掴んで強引に動かすと、しがみついてきて「ダメッダメッ」といいつつイッてしまったようです。
お構い無しに腰を掴んで動かしていると、猛烈な勢いでキスをしてきました。
もう腰の動きが止まらないのか、激しく腰を擦りつけながらスグにまたイッてしまいました。
さすがに2回連続でイクのはキツいらしく、ぐったりしてしまいました。
なのでうつ伏せに寝かせて腰の下に枕を入れ、うつ伏せバックをしました。
入っている箇所が丸見えの体位なので、左右にケツを開いてアナルと一緒に結合部を見ながら腰を振りました。
恥ずかしい、恥ずかしい、見ないで!と言いながらも喘ぎまくり、奥に入れて亀頭で子宮を刺激するとまたイッてしまいました。
今度は意識が飛びそうになったらしく、ベッドをバンバンと叩いていたので笑えました。

そろそろ俺もイこうかなと思い正常に戻ると、グッタリしたメイは下から抱き付いてきました。
腰を振る私の耳元で「もうだめっイッて下さいっ!お願いっ!もうダメですっ」と何度も言ってました。
早めにイこうと思い激しく腰を振ると、もう人形のように力の抜けた状態になっていたようです。
口を大きく開けて呻き声しか発せず、ゴムの中で射精する時は頭をガクンガクンさせていました。
もう泣いてるんだか喘いでいるんだか分からない感じ方でした。

イッた後添い寝をしていましたがメイはほぼ動きません。
しばらくして枕元にお茶を置いて、私は煙草を吸いました。
10分ぐらいしてから喋れるようになり、もう死ぬかと思ったと笑っていました。
こんなに気持ちがイイのは初めてだとか、彼のじゃ満足できなくなったらどうしようとか。
1時間ぐらいして一緒にシャワーを浴びました。
接客で教えてもらったの・・・と私の体を洗ってくれて、途中フェラもしてくれました。
上がってからは「いっしょに泊まってイイですか?」と言われ、もう朝の4時過ぎだし寝ようって笑い合いました。

電気を消して横になっていると、メイが腕に抱き付いてきました。
腕枕をして欲しいというのでしてやると、抱き付いてきて恥ずかしそうな感じで言いました。
「アタシ・・・30万円分ご奉仕しますから・・・」
「30万円分ってどのくらい?」
「えっと・・・アタシがバイトでもらうお金で計算すると・・・40回ぐらい?」
「それじゃ~1年以上かかりそうだぞ」
「アタシはイイですよぉ~。○○さんが飽きるまででも」
「専属の奴隷って感じで?」
「あっ!それイイかも」
今までとは違って無邪気に笑い合う関係になっていたようです。
その後メイは疲れ切っていたのかスグに寝息を立て始め、私はウトウトしたまま9時をむかえました。
10時にはチェックアウトなので朝からヤルわけにもいかず、メイの軽いフェラだけで着替えて出ました。

「俺車だから途中まで送って行くよ」
「それじゃ2つ隣の駅までイイですか?」
車にメイを入れて、友人宅へ行ってみました。
寝惚けた顔で出てきた友人に帰る旨を伝え、事情は後で説明すると言って帰りました。

「月曜日にお金おろしたら教えるよ」
「宜しくお願いします。メールして下されば大丈夫なので」
それっきりお金の話はせず、会社の話やカミさんの話をさせられまいした。
月曜日になり昼にお金をおろした私は、夕方隙を見てメイにお金を渡しました。
メイはペコペコと頭を下げて、小走りに廊下を走って行きました。
そしてしばらくしてお礼のメールが入り「これで奴隷契約成立ですねっ。宜しくお願いします」と書いてありました。
もちろん笑う顔や照れてる顔の絵文字を使っているので、ギャグっぽい文面ではありましたが。

週末は嫁の買い物や手伝いをしなきゃいけないので、会えるとしたら金曜ぐらいです。
できる事なら数日は溜めて行きたいので、来週か再来週にでも会ってみようかと思います。
お金の力で・・・って感は否めませんが、大切に楽しんでいきたいかなと思っています。
長文でしたが最後まで付き合ってくれた方々、有難う御座いました。
関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/127-7f0af6ae
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。