FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうかれこれ2年ぐらい前の話。
当時大学生だった僕には同じ齢の彼女がいた。
彼女とは合同サークルで知り合い、僕が押して告白しまくって付き合った。
今までの人生の中で1番積極的になった女の子だった。

付き合い始めて2ヶ月ぐらいで初エッチ。
これには相当感動した記憶がある。
顔も凄い好みだったし、スタイルもドンピシャだった。

 

 

僕の頑張りで変わったのか、次第に彼女も本気で好きになってくれたみたい。
初めの頃は僕がメールしないと音沙汰もなかったのに
半年ぐらいしてからかな、彼女の方からメールやら遊びの誘いが増えてきた。
それに伴って、彼女の束縛も激しさを増していった。

それでも大好きな彼女だったから、内心「結婚できたら良いな」なんて思ってて。
大学卒業して落ち着いたらプロポーズしようなんて秘かに思ってた。

4年になって僕は内定をもらい、彼女だけが就活に追われてた。
僕は単位も余裕だったし、高校時代から通ってた英会話学校の先生達と旅行三昧。
当然彼女は不満を漏らしていたけど、今しか行けないしって言い訳してた。
別にやましい事をしてたわけでもなく、ただ純粋に海外でいろんな経験がしたかっただけ。

夏が終わっても彼女は内定をもらえず、ダラダラと就活の日々。
イタリアから帰ってきた夜に彼女に電話してみると、電話には出ずに伝言へ。
時間を空けて数回電話したけど、23時過ぎになっても音沙汰なし。

もしかしてフラれた?!と思ってモヤモヤしてたら、1時過ぎに彼女からメール。
確か「友達とカラオケ行ってて気が付かなかった!」みたいなメールだった。
彼女を信用し過ぎてた僕は「帰ったら教えてね」とメールした。
だけど2時位になってもメールが無く、僕はそのまま知らないうちに寝てた。

朝になって携帯を見ると、3時過ぎに彼女からメールが入ってた。
確か「ガストでお茶してたらこんな時間になっちゃった」っていう内容。
ここで若干僕も怪しいかもって思い始め、夜に電話で探りを入れてみた。
だけど彼女は「ホントにミキ達とガストにいたの!」と逆ギレ。
腑に落ちなかったけど、その話はそれっきりになった。

彼女の束縛は相変わらず。
帰ったらメールして!今どこにいるの?何してるの?
彼女が浮気なんてするわけないかって思い始めてた。

それからしばらくして、久し振りにサークルの飲み会に参加した。
そこには彼女と同じ大学の子達も参加してて、彼女はバイトで不参加。
久し振りだったからかなり呑んで酔っ払ってた。
もちろん彼女からのメールは1時間に1回ぐらいのペースできてたけど。

2次会でカラオケに行って、途中彼女へのメールを部屋から出てしてた時。
まぁ~空いてる部屋で1人でピコピコとやっていたんですが。
そこに彼女の後輩にあたる女の子がやってきた。

「先輩、何してんですか~?」

「ちょっとメールをね。どうしたの?」

「もしかして彼女に?」

「う~ん、まぁ~そうだけど」

「電話した方がイイんじゃないですかぁ~?」

「だって彼女バイト中だし」

「バイトじゃないと思いますけど・・・・」

「えっ?何が?」

「別に何でもないですけどね~」

タタタッと廊下を小走りに後輩が戻っていって、取り残された僕は何が何だか分からない。
バイトだって言ってたし、あの子何言ってんだろうって。
カラオケには彼女の友達もきてたし、後輩と二人でいたら勘違いされそう。
だから何も聞けず、悶々としたままその日は帰った。

彼女に「バイト疲れた?」と探りを入れたけどいつも通り。
誰々が何したとかムカつくとか。
あの後輩は何なんだとやっぱりモヤモヤは晴れず。

その頃は僕も旅行には行かなくなってて、週に3回は彼女と会ってた。
お互いに1人暮らしだったから、週3回はエッチしてたし。
後になって思えば、彼女の変わりぶりを何で見抜けなかったのかなって思う。

彼女の束縛が激しくなり出してから、彼女のエッチは積極的になっていってた。
部屋にいると彼女から触ってきてたし、勝手にフェラしたりもしてたし。
朝目が覚めたら、彼女がフェラしてたなんて事もあった。
だけどゴムだけはちゃんとしてっていつも言われてた。

なのに夏以降、いきなり「生がイイ」なんて言い出して、初のゴム無しエッチ。
その日からは彼女と生でエッチするようになってた。
彼女に理由を聞くと、「ずっと一緒にいたいから」って。
子供ができても結婚すればイイって考えだしたのかなって思ってた。

ゴムをしなくなってからは、騎乗位の腰の動きも上達。
股を開いて上下に腰を振りながら、乳首舐めまでするようになってた。
バックをすると勝手に自分でクリトリスを触ってたりして。
淫乱さが増してたのを、僕の事が好きだからだって勝手に勘違いしてた。

彼女の後輩に変な事を言われてから、確か2~3週間後。
友達と飲んでる店で偶然出くわした。
実はこれ偶然じゃなくて、後輩が俺の友達に探りを入れてて、偶然を装ってたらしい。
それは後々友達に言われた。

前に言われてた内容が気になるから、その場で後輩に聞いてみた。
だけど言葉を濁すだけで答えてくれない。
話しを聞き出せたのは帰り道で、駅までフラフラ歩いていた時でした。

「多分先輩二股かけてますよ。同じ大学にいる先輩と」

「なんだよ!それ、見たの?マジで?」

「先輩はバイト週ぐらいしか入ってないし」

「マジで?週4とか言ってたのはウソか?」

「もうこれ以上言えないんで・・・ごめんなさい」

彼女に直接問いただす事も出来ず、直接確かめる事にした。
彼女がバイトの日、僕は彼女に飲みに行くと伝えた。
0時位には帰るからって言っておいて。
21時過ぎに彼女の家へ行ってみると、部屋の明かりがついてた。

彼女は僕に「バイト中だよ」とか「今休憩中」だとかメールを送ってきてた。
なのに部屋の電気がついてるなんて、ちょっと出来過ぎっぽい気がしてた。
マンションの周りをウロウロして悩んで、直接部屋に行く決心をした。

ドアの前に立ち、インターフォンを鳴らしても反応なし。
何度も何度もインターフォンを鳴らした。
携帯に電話をしながら、何度も鳴らした。

「もう分かってるからドア開けてくれる?」

そうメールを打ってしばらく廊下に立ってた。
そしたらドアが開いて、彼女が顔を出してきた。

「なによ・・・」

明らかに焦ってる表情だったし、化粧もほぼしてない。

「同じ大学の男がいるんだろ?話させてくれない?」

「そんな人いないわよ!なに言ってんの。いきなり来て」

逆ギレっぽい口調で言い返す彼女を見て、いるんだなって確信した。
だからドアノブを掴んで強引に開けて、部屋の中に入って行った。
いつもと変わらない部屋だったけど、何となく雰囲気が違う気がした。

「誰もいないって言ってるでしょ!」

完全にキレ気味で僕の腕を掴みながら言ってきた。
僕はベランダに近付き、カーテンを開けた。
そこには手にグラス、足元にブーツ、Tシャツにジーパン姿の男がいた。

ウソだろ・・・ってホント頭が真っ白になった。
扉を開けて「こっちこいよ」って、男を部屋に招き入れた。

「で、これはどういう事?こちらが彼氏?」

「あ・・・いや・・・・」

「もう何なのよ!いきなり入ってきて。彼は同じ大学の友達!」

「へぇ~友達か。友達が何で隠れるの?しかもバイト中じゃなかったっけ?」

「勘違いされたくなかったからそっちに行ってもらったの!」

「なぁ、コイツの事好きなの?」

「あ・・はい・・・」

「彼氏がいるって言われなかった?」

「いるのは・・・・知ってます・・・・・」

「ちょっと!もう二人とも出て行ってよ!」

「もう出てくよ、だから黙ってろって」

「あの・・・・俺、彼女の事好きです。だからちゃんと付き合おうと思ってます」

「あぁ~イイんじゃないの?俺もう別れるし。その前に殴ってイイ?」

初めは頭が真っ白だったけど、だんだんイライラし始めてた。
だからそういっていきなりソイツを殴った。
ノーガードで思いもよらなかったらしく、思いっ切りヒットしてぶっ倒れた。
それで倒れたそいつのケツを、思いっ切り蹴り飛ばした。

「やめてよ!!!」

彼女は後ろで叫んでた。
蹴りを入れたあと帰ろうかと思って彼女の方を向いたら、後ろから後頭部を殴られた。
勢いで目の前にいた彼女に倒れ掛って、二人して倒れた。
もうそこから完全にブチギレて、僕はそいつを一方的にボッコボコにしてた。

「イイ加減にしてよ!!!」

振り向いたら彼女が手に包丁を持って、僕の方に刃先を差し出してる。
おぉ・・・これはヤバい。
彼女は泣いてたらしく、目の周りを涙でグチャグチャにしてて、ヤメテよ!と叫んでた。
包丁を見てビビった僕は、蹴るのをやめて彼女をなだめ始めた。

気が付いたら今度は浮気相手が、右手につっかえ棒を握ってるわけです。
彼女の刃先と浮気相手のつっかえ棒に狙われ、またもや頭は真っ白。
狭い8畳の部屋だったから、どう逃げて良いのかって感じで。

何とか彼女を説得して包丁を置くように言って、冷静に話し合おうって言い続けた。
多分だんだん冷静になってきたんだと思う。
男も彼女も興奮から冷め始めてきてた。
2人に凶器を置いて座るよう促し、座ったと同時にダッシュ。
玄関にある靴を手に取り、靴下のまま階段を下まで走った。

それ以来彼女とは会ってないけど、ホント怖い思い出。
修羅場ってあんな感じなんだって今でも身震いする。
就職してから引っ越したし、携帯も変えたからのは言うまでもありません。
というか、あの日の夜から、しばらく友達の家を転々と泊まり歩いてたし。
家に帰ったら来るんじゃないかって恐怖で。

卒業してから友達に聞いた話。
ボクに教えてくれた後輩の女の子は、その男と付き合ってたらしい。
未練タラタラで僕にチクッたらしい。
今では笑い話になってるけど、あの鬼のような形相は忘れられない。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/134-9e06f771
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。