FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信じられないような体験をしました。
先々月いつものように大学へ行くために、満員電車に乗っていたんです。
僕は3日連続で朝一から授業があるんです。
その3日間以外は乗らない満員電車で、痴漢されました。

乗り換えて4つだけその満員電車に乗ります。
いつも押し込まれるように乗っています。
その日もそうでした。
ガガガッと押されて乗り込むと、後ろに女子高生がいたんです。

 

 

ラッキー!と思ってそのまま電車に揺られていました。
そしたらラッキーどころの騒ぎじゃないんです。
完全に背中にオッパイがポヨンポヨンと当たってるんです。
ヒザ裏あたりにバッグがゴツゴツ当たりますが、背中には完全にオッパイの感触。
しかも推定Dカップ以上の大きさです。

マジかよ・・・最高じゃん!って思いながらまずは1つめの駅に到着しました。
人が少し流れてまた乗ってきてドアが閉まりました。
もういないかな?と思いましたが、またスグに巨乳の感触が。
ナイッス!と浮かれていると、いきなりですよ?いきなり後ろから股間に手が。
マジでビックリしました。
恐る恐るというより強引に手を伸ばしてきて、半勃起している息子を握ってきたんです。

その触り方がまたやらしくて、とても女子高生の触り方じゃなないんですよ。
優しく握ってシコシコ動かしたり、ムギュッとしたり撫でてきたり。
その間ぼくの背中には当然ですがオッパイが押し付けられています。
完璧に勃起しちゃいました。
その硬くなってしまった息子を握り、玉袋を触ったりもしてきました。
スグに次の駅に着いて、その手は離れていきました。

僕はどうしてもその女子高生の顔が見たくて、人の流れに沿って後ろを向きました。
そこには小柄なブレザー姿の女子高生がいました。
髪は黒くてギャル系ではありません。むしろ真面目系でした。
僕の方を全く見ないで、そのまま押されるように近付いてきました。

今度はその子と真向かいになりました。
痴漢していると勘違いされたくなかったので、わざと両手を上に上げました。
左手は右肩を掴むようにして、右手は斜め上のパイプを握っていました。

左腕が邪魔したせいで、その子のオッパイは届いてきません。
それでもやっぱり息子をイジり始めるんです。
勃起している息子を遠慮なくシコシコと小刻みに動かしてくるんです。
ヤッバイぐらいに気持ちよくなってきていました。

そんな事を繰り返しているうちに、僕が降りなきゃいけない駅に着きました。
顔を確認したかったけど、その子は俯き加減だったので確認できませんでした。

もうこんな体験は無いだろうなって思いましたが、次の日も彼女は来ました。
電車に乗る前に気が付いたんです。
僕の1つ後ろに彼女が並んでいたんです。
やっぱり俯き加減で顔の確認もできないまま電車に押し込まれました。
やっぱりその日も真後ろからまずオッパイを押し当てられました。

もう我慢なんてできないので、次の駅に着いた時にすぐ体を入れ替えました。
片手はバッグを肩辺りで持ち、片手はパイプを握りました。
電車が走り出すとすぐに息子を握ってきてイジり始めたんです。
僕はパイプを強く握ってフラつかないよう踏ん張り、右足をのヒザを曲げてみました。
身長の低い彼女のアソコ付近に、膝が当たればイイなって思って。

僕の思惑に気が付いたらしく、息子をイジりながら膝にアソコを押し当ててきたんです。
動き方がエスカレートしてきて、降りる駅につく直前は凄かったです。
腰を浮かせるようにして、僕のモモまで乗ってきて、そのままズリズリと下に下がっていく。
これを電車の揺れを利用して、結構激しくズリッ!ズリッ!とやっていました。
息子を持つ手の力も強くなっていましたし。

こんな楽しくて興奮する体験なんて初めてでした。
次の日もまた同じような事を繰り返してきました。
3日目は電車に乗り込んだ時点で振り返り、終始ずっとアソコを擦らせていました。
僕も調子に乗っていて、彼女の動きに合わせてモモを強く押し付けたりしていました。
1つ手前の駅で人の動きにまぎれ、僕は彼女のアソコを手の平で触ってみたんです。
一瞬でしたけどね。興奮しました。

降りる駅までの1区間で、さらに動きは加速していました。
彼女も感じているらしく、僕にしがみつく位接近していました。
もしかしたら周りから見ると、カップルみたいに見えたのかもしれません。
そのぐらい僕に接近していましたから。

そろそろ駅に着くかなって頃に、多分彼女はイッたんだと思います。
押し付けてくる力が強くなって、最後はゆっくりグィィーーッと押し付けてきました。
そして僕にも分かるぐらい、ビクビクッと腰が震えていたんです。
震えながらも押し付けていました。
余韻を楽しんでいるみたいで、擦り付ける動きはゆっくりになり、その代りグィィーッと押し付けていました。

こんな楽しい事なんて滅多にありませんから、次の日も僕は満員電車に乗りました。
朝一の授業はないくせに。でも彼女はいませんでした。
その次の日も、次の日も。

週が明けてからも彼女に出くわす事が無くなりました。
僕は少し早い時間からホームに行って、2本電車を見送って待ちました。
それでも彼女はいませんでした。
もう彼女を探す毎日が続き、場所を変えてみたり時間を変えてみました。
でも全然出会う事はありませんでした。

あれからもう1ヶ月は探しているんですが、全然出会う事はありません。
もしかしたらもう同じ電車に乗っていないのかもしれません。
聞いてみたら通っている学校は分かったので、降りる駅も分かっています。
もうその駅で待ってみようかなって思うぐらいなんですが、それはヤバいですもんね。
またいつか出会えるかもって思う事にしています。

それにしても笑える話ですが・・・
彼女の相手をした3日間で、右足はもちろん左足まで筋肉痛になりましたw
無理な体勢で足を使ったせいだと思います。
彼女の顔を拝みたかったな~w

~後日談~

また彼女に出くわしました!
もう会えないと思って、いつも通りの生活をしていたんです。
そうしたら3日連続の朝の初日に、押し込まれてから気が付きました。
また彼女が僕の真後ろにいて、オッパイを押し付けてきたんです。
キターーッ!と思って、次の駅で後ろを向きました。

電車が走り始めると、僕の息子を握るより、太ももにまた擦りつけてきました。
ちょっと無理な体勢だったから、足を押し付けるのに必死です。
それでも駅に着いて体勢を立て直したりして、かなり擦りつけてやりました。
イキはしなかったものの、以前と同じように凄い力で押し付けてきていました。
それで降りる時、チラっと顔が見えたんです。
僕をチラッと見てきたので、初めて目が合いました。

ちょっと想像していたよりも可愛くなかったですw
顔立ちが薄いというか、あまり凹凸が無いような顔でした。
でも、こんな子が?って思うぐらいの真面目そうな感じでした。

次の日も期待していたのに、それっきりです。
目が合っちゃったのがいけなかったのかもしれません。
目が合った瞬間、スグに目を背けられましたから。
もしかしたら僕が好みじゃない男だって分かって、嫌われちゃったのかもしれませんねw

また期待もしちゃっているんですが、あんまり可愛い子じゃなかったので、もうイイかもとも思っています。
なんかちょっと興醒めしてるっぽい感じです。
そんな事言っても、また彼女がきたら足を貸しちゃうんでしょうねw
女子高生に変な事はできませんが、あっちが僕の太ももを使うのは罪じゃないと思いますし。
トイレでフェラさせちゃったりとか変な事も想像しちゃってますがw

やっぱりみなさんが言う様に、路線・駅などの情報は控えたいと思います。
何かあったら僕にまで被害がありそうですし。
申し訳ありません。
できれば架空の話だと思って楽しんで頂ければと思います。
こんな話信じてもらえないとも思っていますから。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/146-e62616d1
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。