FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月に出会い系サイトを使ったら、2つ下の女の子からメールが着た。
お互いに彼女や彼氏がいる状態を知った上で、会う事を前提としないでメールしてた。
メグと名乗ったその子は、彼氏との日常をいつもメールしてきてた。

慣れてくると下ネタもメールするようになって、徐々に彼女のエロさを知る由となった。
メグちゃんは彼氏は知らないが、実はドM系らしい。
嫌がる素振りを見せるが、本当は強引に襲われたいしオモチャも使いたいと。

彼氏はメグちゃんが「イヤッ」ていうとスグヤメテしまうらしい。
やめて欲しくない「イヤ」なのに、それに気が付かないって愚痴ってた。

 

 

縛られたい

目隠しもされたい

頭を掴んで口に強引にねじ込まれたい

口に出されて「飲め!」と命令されたい

バックの時はケツをペシペシと引っ叩かれたい

「~なんだろ?」とか「~しろよ」と命令口調で言われたい

そんな事を話すようになって、楽しいメールが続いてた。
もしかしてドMって事は・・・と思って、断られるのを承知で聞いてみた。

エロい事考えて濡れてるアソコの写メ送ってよ

それは無理~と送られてきたのは、染みが出来たパンツの写メでした。
薄いブルーのパンツだったんだけど、広範囲に染みが出来てた。

お漏らしでもしたのか?

って聞いたら俺に見せると思うと余計興奮しちゃって濡れ過ぎたって言ってた。
その後も濡れたアソコ見せろとか、硬くなった乳首を見せろって言ったけど、頑なに断られてて、ノーブラで乳首ポチぐらいしか見れなかった。
それでも焦らされてる気分でメールがマジで楽しかった。

エロ話だけじゃなくて時にはまともなメールもしてたんですよ。
彼氏の帰りが遅いとか、最近触ってくれないとか相談受けてましたし。
こうしたら?とかアドバイスしたりして、メールは数カ月続きました。

忘れもしない7月3日。
友達と呑んでると、メグちゃんからメールが着た。
読んでビックリ、1人酒してるっていう内容。
しかも彼氏が浮気してたっぽいらしく、喧嘩してヤケ酒飲んでるって。
俺にメールしてきた時にはもうかなり呑んでるらしく、誤字脱字も目立つメールだった。

心配になったし俺も呑んでたから、友達もいるし合流しようって提案した。
いつもなら会う事に拒絶するメグちゃんだけど、その日は簡単に了解してきた。
友達にワケを話して、メグちゃんが呑んでる店へ移動した。

カウンターで呑んでると言っていたのでスグに分かった。
カウンターにはメグちゃんと、1組のカップルしかいなかったから。
メグちゃん?と声をかけ、振り向いた顔を見てお互いに唖然としました。
友達の彼女でした。

ユウちゃんじゃん・・・・

あ・・・マジで?

そこに友達がやってきて、事情を知らないもんだから、ども~ってノリ。
とりあえず呑もうかって席を移動して、テーブル席に行った。
すぐに友達がトイレに行ったから、ユウちゃんに言った。

友達の彼女って知らないから、そのつもりで話してね。

ごめん・・・・

3人で呑んでて思い出したのは、ユウちゃんの彼氏(ヒデ)は確実に浮気をしている。
だってその飲み会に俺も参加したし、ヒデが連れ帰った子の友達から話も聞いてるし。
彼女がおるくせに夜から朝までの間に6回も求めてきたって笑い話にもなってたから。

ヒデが俺に言うには、彼女は真面目でエロい事しようとすると嫌がるんだって。
だから他で遊ばないとやってられん!と愚痴ってた。
ユウちゃんの話も聞いてたから、いろいろと話が繋がっていった。

友達はユウちゃんに「呑みなよ、呑みなよ」と酒を勧めていた。
酔わせて俺に持ち帰らそうと気を使ってるみたい。
俺が「そんな呑ませちゃダメだよ」って言っても、真意を逆に取って呑ませるパターン。
ユウちゃんも呑んじゃって、彼氏の事をベラベラと喋り出す始末でした。

トイレに行った隙に友達にメールして、これ以上呑ませたらヤバいからそろそろ帰ろうって送りました。
ユウちゃんは酔っ払ってテンション高いし、タクシーで送りましょうって。

気を使って友達は別のタクシーを拾い、俺とユウちゃん2人でタクシーに乗った。
遠回りになるけど先に送っていこうと思って、ユウちゃんの家へと向かった。

大丈夫?結構呑んでるみたいだけど。

だいじょ~ぶぅ~!でもビックリだねぇ~!

マジでビビったよ。ユウちゃんだとは知らなかったから。

ねぇ~!ホント知らないであんな写メ送ってて恥ずかしい

言われて思い出しました。
大きな染みの出来たアソコやノーブラのTシャツ姿。
タクシーの中でも俺に寄り添うようにしていて、Yシャツの間から谷間が目に付く。
チラチラ見ていると気付かれ「こらっ!」と半勃起したチンコを叩かれた。

いてぇ~なぁ~コラッ!

と俺もふざけて、胸の先端を軽く指先で引っ叩いた。

うぅっん。。痛いなぁ~もぉ~~~!

ユウちゃんが俺の方を見つめてきた時、顔が女の顔になっていたのに気が付いた。

もぅっ!

今度は俺のチンコをギュッと完全に握ってきた。
酒も入ってたし握ったままだったので、俺はユウちゃんの太ももに手を乗せました。

なんかコーヒー飲みたいね

そう?じゃコンビニで降りる?

う~ん・・・家でいれるけど呑んでく?

1人暮らしなんだっけ?

そうだよぉ~

じゃ~呑んできます。

お互いに下心アリアリトークで、俺はユウちゃんの部屋に上がり込みました。
1Kの小さな部屋で、綺麗に整頓されたこキレイな部屋でした。
コーヒー飲んでる間に着替えたユウちゃんは、大きなTシャツにスエットパンツ姿。
酔ってるとはいえ泥酔してる風でもないユウちゃんは、体育座りで対面に座ってた。

ねぇ・・・ノーブラじゃね?もしかして

違うよ~ほら、ブラしてるよ~

肩をズラして肩紐を見せてきましたが、もうその姿に興奮しまくりです。
誘ってるのか男が興奮するのを分かった上での仕草のように思えました。

普通はそこじゃなくて谷間見せるんだよ、前に屈んで。

こう?

もっと首元を下にして・・・

これじゃ見え過ぎでしょ?

もうオッパイ丸見えです

やだぁ~全部見ないでよ~

ウソウソ、全部は見えてない。だからもう一回見せて?

じゃこのぐらいなら少ししか見えないでしょ?

あぁ~全然見えない・・・見えな過ぎ・・・

手を伸ばして首元を広げようとしたら拒否されたので、そのままオッパイを揉んでやりました。
下から上に押し上げるよう、グシャッと掴んだままグイグイ揉みました。

だめっでばぁ~~

じゃ両方揉んでやるか?ほれ・・・

いやっん・・・・・ばかぁ~・・・んあっ・・・・

前屈みにしたまま、手を伸ばして揉みまくりました。
谷間からも想像できていましたが、Dカップ以上はありそうです。
前に体を乗り出すとユウちゃんも顔をあげてきて、そのままキスをしました。
テーブルを挟んでのキスだったので体勢が悪く、俺は立ち上がって手を引いてベッドへ押し倒しました。
この時、友達の事が頭を過りましたが、目の前にいるエロい顔をした女を見てどうしようもありませんでした。
強引な方が好きだと言っていたユウちゃんを思い出し、少し強い力でオッパイを揉みながらキスをしました。
久し振りなのか興奮し過ぎなのか、キスしながら俺の頭に手を回して抱き付いてきます。
Tシャツを捲り上げブラを取ると、綺麗な白い巨乳がボロンと出てきました。
夢中でその乳首にしゃぶりつきました。
俺は服を着たままでしたが、乳首を舐めながらユウちゃんを全裸にしてやりました。

もうこんなに濡れちゃってるよ

だってぇ・・・・

パンツを脱がせてみるとパイパンです。
もともと毛が薄いのか、剃った後もそんなにありません。

自分で剃っちゃってんの?これ

あまり無いから・・・・

じゃ~丸見えだなぁ~ほら・・・もう濡れ過ぎて溢れてきてるぞ

だめぇ~・・・そんなに見ないでぇ~

見てもらいたいんだろ?ほら、すげぇ~濡れてるしクリも丸見えだよ

左右にアソコをパックリ開いてみると、穴から透明な液体が流れてきていました。
しかもクリが表面に現れていて、丸々としています。
そのクリを舌先でペロンとしてやりました。

洗ってないからダメ~~!

洗ってないチンコ舐めるのは好きなのに?

それとこれとは違うのぉ~もうだめっ

ユウちゃんは頑なに足を閉じてアソコを触らせようとしません。
その代わり俺はオッパイを弄ぶことにしました。
キスをしたりしながら上半身を舐めまくりました。

ユウちゃんは舐められながら俺の洋服を脱がしにかかり、気が付けばトランクス一枚姿に。
勃起した俺のチンコを見つけると、今度は俺を押し倒してきて、チンコを舐めまくりました。
見た目からは想像つかないほど、やらしく舐める姿に俺は興奮しまくりでした。
俺をわざと見つめながら、舌先で尿道や裏スジを舐めてきたり、玉袋もカリも丁寧に舐めてきます。

俺もシャワー浴びてないんだけどな

イイの・・・・イイの・・・

前に言われていた通り、亀頭を咥えたので頭を持ってイマラチオをしてやりました。

ほら、しゃぶりながらオナニーしてみな?

んっんぐっ・・・・

言われた通りフェラしながらオナニーをするユウちゃん。
しかも四つん這いでケツをクイッと上げた状態ですから。
彼氏も知らないんだろうなって思いながら、そのエロい姿を見ていました。

もう入れたい・・・

チンコから口を離してユウちゃんは言いました。

もう?まだオマンコ触って無いけど?

イイの、入れたいの・・・・ね?入れて下さい・・・

じゃ~自分で勝手に入れれば?

えっ?・・・・はい・・・・

やはり命令されたり冷たい言葉を言われると興奮するようです。
拒絶もせずみずから俺の上に跨ってきました。
ゴムは?と言おうかと思った時には、もう亀頭が入っていました。

俺はしばらく頭の後ろで手を組みながら見ていました。
ユウちゃんはチンコを根元まで入れてから感触を楽しんで、それから腰を動かし始めました。
形の綺麗な真っ白巨乳を揺らしながら、俺の胸に手を付いて腰を動かしています。
時々俺を見つめ、恥ずかしそうにまた視線を下に落として必死に腰を振っています。

腰を掴んで下からパシンッ!と突き上げると、あうんっ!!と心地良く反応。
それを機に、下からガツガツと突き上げてやりました。
堪らなくなったのか俺に倒れ込んできて、必死に口の中に舌を突っ込んできては舐めまくりです。

ただそうして突き上げてただけです。
なのに突然凄い力で抱き付いてきたかと思うと、イクッと小声で言って勝手にイッてしまいました。
イッた瞬間から軽い痙攣を起こしているみたいでしたが、構い無く俺は腰を振りました。

バックでもケツを引っ叩いて突きまくりました。
ケツを左右に開くと、アナルをヒクヒクさせているのが分かりました。
俺のチンコにはユウちゃんの汁がベットリと付着していて、無毛なアソコ周辺もベチョベチョです。
亀頭まで抜いて一気に奥まで突き刺すと、イイ声で鳴きます。
突き刺す瞬間にケツを引っ叩くともっとヨガリ鳴くんです。

クリトリスを触らせながらバックで突きまくりました。
イク瞬間、奥に突っ込んだ状態で亀頭を子宮にグリグリと擦りつけてやりました。
これが効いたらしく、今度のイキ方は強烈でした。

イヤァーッ!イクッ!イクッ!!ああぁぁ~っ!!イクッッ!!!

頭を振り乱しながら枕に顔を埋めて叫んでました。
膣がキューーッと収縮してきて、それがなんとも気持ちがイイ。
イッてグッタリしているユウさんを転がし、正常位でいれてやりました。

もう許して・・・もうだめ・・・・もぅ・・・んあぁぁっ・・・・

こんなにエロい女は久し振りだったので、俺のチンコもカチカチでした。
思いっ切り出し入れをして、そろそろ限界が近づいてきました。

そろそろ俺もイクぞ・・・どこに出して欲しい?

あぁんっ!!はぁ・・・お口に・・・・んっあ・・・ちょうだいっ・・・!くださいっ!!

言い終わる前に限界だったで、ラストスパートの後、口に持って行きました。
ユウちゃんは信じられないほどチンコにむしゃぶりついてきました。
その頭を掴んで激しく動かしながら、俺は口の中に精子を放出しました。
放出している間も終わった後も激しく頭を掴んで揺すりました。

一通り射精が終わって、俺はぐったり横になりました。
満足に浸っているとユウちゃんがモソモソと動きだし、俺に抱き付きながらお掃除フェラを始めてきました。
これにはちょっとビックリしましたが、この上ないほどの満足感に浸っていました。
ユウちゃんは口に出された精子を全て呑み、その後お掃除フェラをしていたようです。
その後はしばらく抱き合いながら寝ていました。

結局その後シャワーを浴びて、帰ろうかと思ったけど綺麗な巨乳を見てまたセックスしてしまいました。
2回戦なんて久し振りだというユウちゃんは、また1回目と同じようにヨガリまくってました。
ユウちゃんの家を出たのは6時過ぎ。
家に帰って着替えて仕事に行きました。

朝の電車の中でユウちゃんからのメールを見ました。
冷静になった彼女は、これ以上俺との関係を続けて良いのか悩んでいると。
朝からディープなメールだなと思いながら、すぐに結論は出さないでもイイんじゃない?と返しておきました。
実は帰りの時も考えていたんですが、あの体とエロさを手放したくないという思いが出てきちゃったんです。
でも友達の彼女ですからどうしたもんかと。
友達といっても仲の良い友達ではなく、知り合いに近い感じの友達ですが。
会うのはいつも合コンぐらいですし、まぁ~合コン仲間って感じの友達ですし。

こうしてユウちゃんとの体験談を書いている今日も、未だにメールは続いています。
お互いにまだ躊躇する気持ちがあるので、次の約束はしていません。
でもまたしたくなってきたっぽいニュアンスのメールはもらっているので、近々会ってエッチしてしまいそうな予感です。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/149-40a929d7
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。