FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の4つ上にいる先輩Nはかなり性格が悪い。
上にはペコペコ下には強気の、いかにもってタイプの先輩。
俺よりもっと下の子なんて1人辞めたぐらいイジメ抜かれてた。

そんな先輩だけど見た目はカッコイイから、他の部署にいる女の子ウケはマジイイ。
俺と同じ歳の彼女と同棲してるくせにツマミ食いばっかりしている。
この彼女ってのが同じ会社にいるんだけど、それはもう社内№1の呼び声高い女の子。


 

 

嫉妬も絡んで周りは嫌っているんだが、なぜか俺には誘いが来る。
俺もネチネチいつも言われてるからイヤなんだけどさ。
ある時2人で呑んでる時、酔っ払った勢いだと思うけどすげぇ~告白を聞いた。

俺の2つ上の先輩がいるんだけど、その人の彼女を食っちゃったって。
しかもその彼女ってのも社内にいて、最悪な事に彼女の同僚にあたる。

「彼氏の相談聞かされてさぁ~呑んでそのままヤッちゃったよ」

とニヤニヤしながら聞かされた。
やれ俺の方がチンコがデカいらしいとか、あいつは彼女をイカせたことないらしいとか。
その先輩には俺はお世話になってる方だったから、正直聞いててムカついた。
だけどこの話を先輩になんてできないし、思い出すたびにイライラしてた。

彼女のいない俺は年末年始、寮にいる事になった。
実家の皆さんが旅行に行くから、帰省するのは2日にして欲しいって言われて。
マジかよって思ってたらその嫌われ者のNから誘われた。

「どうせ1人なんだろ?うちでメシでも食ってけよ」

この余裕もムカつくんだけど先輩だから断れず伺う事になった。
一応手土産としてケーキと焼酎を持って、30日の夜行った。
彼女さんとは同期だから顔見知りだし、それでも先輩の手前遠慮しながら嫌な雰囲気。
先輩を酔わせてさっさと帰ろうと思って飲ませまくった。

作戦通り先輩はかなり酔ってきて、コタツだったからイビキをかいて寝始めた。
だから俺はそろそろと思って帰るよアピール。
そしたら彼女さんが俺に小声で言ってきた。

「この人、みっちゃんと親しいの?」

みっちゃんとは先輩がこの前ツマミ食いした女の子の事。
浮気バレちゃってるんじゃね?と内心ウキウキしながら、一応ウソをついておいた。

「なんか先月ぐらいからみっちゃんの態度がねぇ~・・・」

「気のせいじゃない?先輩カッコイイから妬まれてたりして」

「それは無いと思うんだけどさぁ~・・・」

俺が帰りたいアピールしてんのに、この彼女はさらに相談を始めた。
酔えば酔うほど相談が愚痴に変わり、俺は先輩の愚痴を聞かされるハメになった。
どうせ歩いて帰れる(徒歩20分)の距離だしと途中で諦めて、可愛い彼女さんの愚痴を聞いてた。

「そういえば俺にも女の子紹介してよ~」

「えぇ~~社内で?」

「どこでもイイ!綺麗系だったら・・・あと巨乳だったら・・・(笑)」

「ちょっと待ってねぇ~」

彼女さんはプリクラをバラバラと出してきて吟味し始めた。
途中で申し訳いが、彼女さん=ヨシミ(仮名)って事でヨロシクです。

この子なんかどう?あぁ~巨乳じゃないな・・・この子は?ダメ?・・・じゃこの子は?
真面目に選んでくれてるから無防備なのは分かるが、斜め横に座って身を乗り出してきてるからすげ~近距離。
プリクラ見せながら尋ねてくると、顔と顔の距離が30センチもないぐらい接近する。
意図的じゃないと分かっていても微妙に興奮してた。
モテないくせに注文の多い俺のリクエスト、当然該当する女の子は無し。

「じゃ~さぁ~欲求不満な子でもイイ!(笑)」

酔いに任せてそんな事を言ってみた。
そしたらそこから話が膨らみまくり。
このヨシミちゃんもそうなんだけど、実は周りの同僚は欲求不満ばっかりだと言いだした。
何でと聞くと

「付き合いが長くなるとさぁ~手抜きするんだよねぇ~男って」

「そんなもん?」

「そぉ~だよぉ~。キスすらしなかったって話も聞くし」

「マジで?キスに始まりキスで終わるんじゃないの?」

「それが付き合い長くなると無くなるんだよねぇ~」

「ヨシミちゃんも?」

「う~ん・・・アタシも(笑)」

そこからキスの話題に切り替わり、どんなキスが好きとかこうされたらヤバいとか話し始めた。
いくら酔ってて彼氏が隣で寝てるからって、社内№1の女の子が無防備過ぎる・・・
実はキスの話を聞きながら俺は勃起しまくってた。

「キスが上手い人って、どうにでもなっちゃえ!ってなっちゃうから凄いよねぇ~」

「でもさぁ~キス好きなのって女の子多いじゃん?だから女の子の方がキス上手いんじゃないの?」

「そぉ~かもねぇ~、でも男の人特有の荒々しいキスもまたイイのよ(笑)」

「それはヨシミちゃんがMだからでそ?」

「そ~かも(笑) なんで分かった?」

「だってさっきから目が・・・キスしたいって目してるからさぁ~」

「はぁ~?意味分かんない!そんな目してませんよぉ~(笑)」

「いや・・・してるね。彼氏が隣で寝てるのに、ここでキスしちゃったら・・・って」

「んん?アンタ相当溜まってるね・・・というか変態?」

「どっちかっていうと変態寄り?でもそういうスリルってあるにこした事ないよなぁ~」

「まぁ~ね、スリルはある方がイイ!」

「キスしないからちょっと・・・ちょっとこっち来てみな」

さっきは無防備に顔近付けてきたくせに、今度は意識して照れてる姿がまた可愛い。
大丈夫だよと顔をもっと近づけるよう言いながら、俺は反応を楽しんでた。
20センチを切ったぐらいで目を見つめてたら

「だめぇーっ!恥ずかしいからもうダメぇー!(笑)」

「キスしないのにどう?ドキドキするでしょ?」

「するする!もう久し振りに心臓バックバクだよ」

先輩はさっきからガーガーいびきをかいて爆睡中。
だからもう一回顔を近づけさせて、今度は舌を出してみた。
わざと舌で自分の唇を舐めたりしてると、俺の目と唇を目が行ったり来たり。
絶対興奮してる!と確信した。

「ヤバいでしょ?キスしなくても」

「ヤバいヤバ過ぎ!なにそれぇー!(笑)」

「というわけで、今度はヨシミちゃんがちょっと舌動かしてよ」

「やだぁ~ハズいよぉ・・・」

「イイからイイから」

恥ずかしさのあまりか、先輩をチラリと確認した後、焼酎を二口で一気飲みしてた。
そんで顔を近づけて、今度はヨシミちゃんが舌で唇を舐めたりしてくれた。
これがまたエロ過ぎ。
可愛い顔してこんなエロい事してくれるとは、今日来た甲斐があった!と内心ガッツポーズ。
俺も舌の動きとか目を交互に見てたんだけど、ハズいとか言いつつ結構長めにやってくれた。
しかもヨシミちゃんて舌が細長いらしく、動きが滑らか。

怒るかな・・・と思いつつ、顔の距離を縮めてみた。
もうあと10センチぐらいじゃね?と思うぐらい接近しても、ヨシミちゃんは舌を出したまま。
抑え切れねぇーと俺も舌を出してみた。
そしたらなんと!ヨシミちゃんの舌が俺の舌にまとわりついてきた。
舌の先っちょでチロチロと遠慮がちに舐めてくる。
先輩のイビキは聞こえてるから・・・もう我慢なんて無理でその舌にむしゃぶりついた。

抱き寄せて舌を舐めたりしゃぶったりすると、ヨシミちゃんも激しく応戦してくる。
クチョクチョと音が鳴ってたけど先輩は起きる気配すら無し。
無我夢中で舌を絡ませまくった。
積極的にキスしてくれるから、調子に乗った俺は胸に手を出してみた。
一瞬体を引く動きがあったけど、胸をムニュッと掴んだから逃げなくなった。
揉み始めるとむしろ俺の方に身を預けてくる。

先輩から聞いてはいたが、ヨシミちゃんはDカップらしい。
俺の彼女は胸の形マジでイイ巨乳なんだよ!プルンプルンだしな!
そう言ってたのを思い出した。
ブラの上からでも分かるぐらい柔らかくて、俺は揉みあげるように揉みまくった。
興奮してきたんだろうね。
さっきよりも舌の絡め方や吸い方が激しくなってきてて、俺はすげぇー嬉しくなってた。

服の下から手を入れてホックを外して生乳GET!
すげぇー柔らかくてしかも乳首がピンコ立ち。
クリクリ摘まんだり回したりすると、キスしながらエロい吐息が。
イージーパンツみたいな部屋着だったから、そこからは迷わず下に手を突っ込んだ。
これには軽く拒否ってきたけど、握る力も弱かったし本気では拒否ってなかったみたい。
ホントはパンツの上から触ろうとしたけど、俺の手違いでダイレクトに手が入っちゃって。
モジャモジャっとした陰毛の奥には、アツいぐらいのグッチョリ濡れた湿地帯発見。

「この濡れ具合はどうなの?いつも通り?それともヤバい?」

「ヤバいかも(笑)」

2人してキスしながら先輩の反応チラチラチェック。
クリ撫で回すと腰がビクつくし反応もなかなか。
指を入れた時はさすがに口に手を持って行ってた。
モテないけど知識はある男の指テク!披露してやりました。

「やだっ、聞こえちゃっ、だめっ、あんっ、ああ、あん、あ、あ、あっんんんんんっ」

俺に抱き付いてきて必死に声殺しながらイッてた。
完全にイッてた。
しかも軽くお漏らし?したっぽくて、手の平がベッチョベチョ。

「これ・・・どないする?(笑)」

「ごめん・・・出ちゃった(笑)」

とりあえず手は洗わなきゃだなって笑って、俺はトイレの方へ行った。
洗面所で洗っているとヨシミちゃんがやってきて、何も言わず後ろから抱き付いてきた。
手を洗ってるもんだから動けないしそのままあらってたら、後ろからチンコをニギニギしてきた。

「ねぇ・・・大きくない?これ」

「そっかなぁー小さくはないだろうけど。経験少ないんで分かりません(笑)」

「大きいよぉ~、歴代1位だとおもいますわよ(笑)」

手を洗い終わったらまた抱き合いながらのキス。積極的に舌を絡めまくってくるキス。
このスリルはたまらんとかお互い笑いながらキスしてた。
ヨシミちゃんはトイレに入って拭いたらしく、しばらくして戻ってきた。
コタツに戻ってきたヨシミちゃんはなぜか突然横になって、俺の方を見てニヤニヤしてきた。
誘われてる?と思い、俺も横になって顔を近づけていった。

先輩は俺の対面で爆睡してるから、こうして横になりながらだったら大丈夫っぽい。
それを見越してなのかヨシミちゃんは横になってきたらしい。
今度はキスしながら俺のジッパーの中に手を入れてきて、シコシコとやらしく動かし始めた。
俺もまたアソコに手を突っ込んで手マンしてやった。
またベチャベチャになってきて吐息も喘ぎ声交じりになってきてた。

もうここからは無言プレー。
ヒモを解いてパンツも下げ、後ろを向かせて寝たままバックで入れた。
先輩の脚が邪魔だったから変な体勢になってたけど、生で入れたチンコにヨシミちゃんは反応しまくり。
激しく動かせないもんだからクリを触りつつ腰をグラインド。
奥に亀頭がグリグリ当たりまくりで最高に興奮した。
耳を舐めながら時々舌を絡めたりして、ヨシミちゃんも完璧エロモンスター。

笑えたのはその姿勢でクリを触ってたからなのか、簡単に2回もヨシミちゃんはイッてた。
イッても腰の動きは止まる事無く、コタツが揺れるのを気にしながらもエロさ全開。
イキそうだって耳元で言って初めてどこに出そうかって焦った。
このままじゃヤバいと思って俺はチンコを抜いた。
抜いて机の上にあったティッシュを取り、そこに思いっ切り出した。
なんとか間に合ってカーペットを汚さすに済んだ。

精子が出ているのをヨシミちゃんはガン見。
出終わったチンコに手を伸ばして、もう出ないって言ってるのにシコシコ。
くすぐったいから勘弁してくれ!っていうと、喜んでこんどはパクリ。
思いがけないフェラでビックリした。
ねっとり優しく舐めてくれるフェラで、俺は大満足だった。

その後も名残惜しい感じでキスしたりオッパイ揉んだりして、3時ごろまでじゃれ合ってた。
中断せざるを得なかったのは先輩が目覚めたから。
そこで俺も帰る事になって、外まで見送りに来てくれたヨシミちゃんとたっぷりキス。

結局仕事が始まってから何度も社内でヨシミちゃんと顔を合わせてるけど、未だにチャンスすら無し。
連絡先も知らないから、やっぱりまた先輩の家に行くしかないって事。
嫌な先輩だけど今度から誘ってみようかな。
ヨシミちゃんに会えると思ったらどぉ~ってことないし(笑)

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/159-0f248e90
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。