FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二年前、僕には真面目に付き合っていた彼女がいました。
社会人になってから合コンで知り合いました。
僕が1人暮らしだったので、いつも週末になると泊まりにきていました。
平日は忙しくて、なかなか遊ぶ事が出来なかったからです。

彼女はあるデパートに入っているショップの店員でした。
だから平日休みだったんです。
お互いに休みという日は滅多にありませんでした。


 

 

二年前のクリスマスもお互いに都合が合わなくて、夜に電話をするだけ。
元旦だけは彼女も休みだったのですが、僕がインフルエンザになって遊べなかったんです。
12月に会ったのは1回だけ。
そして次に会えたのは1月の下旬でした。
それでも毎日電話はしていたので、彼女の浮気には全く気が付かなかったんです。

インフルエンザも治って、1月の下旬になった時、彼女はかなり落ち込んでいました。
電話でもちょっと前から変だったので、どうしたのか?といつも聞いていたんです。
いつも疲れているだけだっていっていました。

「どうしたの?最近元気ないけど」

「うん・・忙しくてね」

「なにかあるんだったら言えよ?マジで変だぞ」

せっかくお互いに休みだったのですが、買い物して夕食をとって、そのまま彼女は帰って行きました。
そして2月になってから、いきなり衝撃的な告白をされたんです。

1月に会った次の週末、彼女はいつも通り部屋に来ました。
そして土曜日の夜に彼女の手料理を食べ終えてお酒を飲んでいる時

「赤ちゃんデキちゃったみたなの・・・」

「えっ??マジで?」

「うん・・・」

頭が真っ白になりました。
まだ結婚するとか考えてもいませんでしたから。
それでも彼女が大好きでしたし、覚悟を決めようかと思ったんです。

「分かった。それで、何ヶ月目なの?」

「6週だって言われたんだ」

「へぇ~そんな細かく分かるんだ?」

「はっきりしないけど、多分そのぐらいって言われたの」

その時、ふと思ったんです。
6週間前って、ちょうどクリスマスあたりじゃないかって。
思わず指を折って数えていきました。
するとやっぱりおかしいんです。

「ちょっと・・おかしいぞ?だって俺と最後にしたのって12月初旬だったよな?」

「・・・」

「生理だって言うから、その日からしてないし」

「・・・」

「だったら6週なわけないじゃん。おかしくない?」

「・・・」

「えっ?何黙ってんの?なに?えっ???もしかして俺の子じゃないの?」

「・・・」

「ちょっと待てよ。マジで?お前浮気してたの?」

ショックで頭はパニくるし、言葉が出てきませんでした。
うなだれていると、ようやく彼女が泣きながら喋り出しました。

「うちの店の人と・・・」

2つ年上で、時々店に来る本社の先輩。
10月に仕事終わりに呑みに行って、そのままその日にエッチまでしたらしい。
先輩にも彼女がいて、お互いに浮気だったとか。
僕と会えない寂しさを、先輩で埋めてたとか言ってました。

何度も会ってその都度エッチもしてて、クリスマスもイヴも一緒だったらしい。
僕に電話してた時も、実は隣に浮気相手がいたと知りました。
いつもはゴムを付けていたけど、クリスマスとイヴはマナでしたと言っていました。
でもちゃんと外に出したし、中には出してないと泣きながら言っていました。

僕は何も言えませんでした。
言葉が見つからないし、ショックで呆然としていました。
全てを話し終えてから、彼女は泣きながら帰っていきました。

僕も彼女もその日から連絡はしませんでした。
でもこのままじゃ彼女はどうするのかと、毎日悩みました。
おろすにしても、もう付き合っていく事はできませんし。

木曜日が休みだと言っていたので、仕事を休んで彼女と会いました。
昼過ぎに彼女は部屋にやってきて、またずっと泣いています。

「その先輩の電話番号あるんでしょ?見せて?」

彼女の携帯で名前を探して、僕はその先輩に電話をしました。
電話に出た先輩は、相手が僕だったのでビックリしていました。
そして彼女の話をして、今日3人で会う約束をしたんです。

渋谷のあるカラオケで会いました。
事の事情を僕が話すと、その男もかなり焦り始めました。

「浮気だったとしても、やっぱり責任だけは取るべきでしょ?」

「いや・・・・はい・・・」

「2つ償いをして下さい」

「2つ?ですか?」

「まず今付き合っている彼女に電話して、ちゃんと説明をして下さい」

「いや・・それはちょっと・・・」

「それが俺への償いです。じゃないと会社に電話しますから」

「それは勘弁して下さい・・・電話するんで・・・」

「それから、赤ちゃんの事です。結婚するなりおろすなり、責任もってやって下さい」

「はい・・・」

「それでイイよな?」

ずっと下を向いて黙っている彼女に言いました。
彼女は黙って頷くだけでした。
もうこの時は裏切られたショックで、彼女への好きという感情すら消えていました。
ただ情があっただけです。

その場で男の彼女に電話をさせました。
途中で僕も電話に出て、本当の事なんだと告げました。

僕はこの電話を切ってから、無言で外に出ていきました。
そして落ち着くために原宿まで歩いて、電車に乗って自宅に帰りました。
彼女とその男が、その先どうなったのかは知りません。
赤ちゃんがどうなったのかも、何も聞いていません。
原宿まで歩きながら、彼女の連絡先やメールなどを消去しましたし。

この一件で、女性不信になってしまいました。
浮気をするような女には思えなかったし、あんな裏切りをやるとも思えなかったし。
浮気相手とセックスしたりした後に、隣にいる状態で僕と電話もしてましたからね。
今でもそれを考えると、怒りを通り越して呆れてしまいます。

もし僕ともエッチをしていたら、今頃他人の赤ちゃんを育ててたかもしれませんね。
運が良かったとしか言いようがありません。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/185-9d47273b
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。