FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年ぐらい前、あるチャットのオフ会に参加した。
株関係のサイトで開かれたオフ会だから、男女の出会いとかそんな類ではありません。
みんな儲け話とか未公開株とか知りたいわけです。
俺もそんな1人で、もしかしたら良い情報が入ったりするかもと思って参加しました。
新宿のある居酒屋で集まったんですが、平均年齢は軽く40以上です。
大学生だったのは俺ぐらいで、多くが30代40代、上は60代と年齢層の幅が広いオフ会でした。

 

 

そこで仲良くしてくれたのが、40代の加藤さんでした。
3次会は加藤さんの奢りでキャバクラへ行き、妙に仲良くしてくれる人でした。
それから数日後にチャットしていると加藤さんが現れ、スカイプで話そうと誘われました。
軽く株の話をした後、また呑みに行こうと誘われ、連絡先を交換しました。

また新宿で加藤さんと会って呑んでいると、奥さんから電話がありました。
「カミさんも合流してイイかな?」と言われ、今度は洒落たバーへ連れて行かれました。
先に待っていた奥さんを見て、おもわず固唾を飲んでしまいました。
30代前半らしく色気とほんわかした雰囲気を持ち合わせていました。
黒木瞳をもっと若くした感じで、少し優しいオーラをプラスした感じ。
小さな雑貨屋を経営しているらしく、今まで出会った30代ではダントツで魅力的な人でした。
初対面で緊張している俺に気さくに喋り掛けてくれて、ホント素晴らしい奥さんだな~と感心してたんです。

3人で3時間ぐらい呑んでその日は帰りました。
お礼をメールすると、今度はうちでご飯食べようと言われました。
いくらなんでもそれはちょっと・・・と当然思いましたし言いましたよ。
でも奥さんも気に入ったみたいだからと言われ、仕方なく誘いに乗る事になったんです。
アレコレと忙しくて家に伺ったのは1ヶ月ぐらい経った頃でした。

教えられたマンションは海の近くにあり、その高層階に住んでいると言われました。
オートロックを抜けるとマンション内にコンビニはあるし、またオートロックがあるマンション。
エレベーターホールはホテル並みで、見るものすべてにビックリしていました。
言われた階に到達すると加藤さんが待っていて、家まで連れて行ってくれました。
ホテルのようなフカフカカーペットの廊下を歩き、部屋に入ってまたビックリです。
これが噂の億ションですか・・・と溜息が出ました。

そんな部屋で加藤さん夫妻と食事をし、出されるワインや焼酎を飲みました。
ドンドンお酒を出してくるので調子に乗って呑んでいましたが、さすがに帰る時間になるわけです。
「そろそろ電車の時間もあるので・・・」と切り出すと、上に泊まる部屋があるからと言われました。
上層階にはゲストルームが確保してあるらしく、案内されていってみるとホテルそのまんま。
ベランダからは夜の海と高速道路が眼下に広がり、風呂はガラス張りのゴージャスな部屋でした。
朝10時まで取ってあるからというので、それからも安心して呑みました。

3人ともかなり酔っていましたが、1番変わっていたのは旦那さんの方でした。
やたら俺の女関係を聞いてくるし、奥さんがいるのに下ネタを振ってくるんです。
「そ~いえばキャバクラで、俺のはデカい!とか言ってたよねぇ~。マジでデカいの?」
「いやぁ~・・・まぁ~・・・なんていうか・・・」とか
「ここ1年以上童貞なんだって?風俗は行かないの?」
「あ~いうの苦手なもんで」とか、俺はもうタジタジでした。
奥さんがいなきゃ別に平気なんですが、目の前にいて興味津々な態度で座っているんです。
恥ずかしいやら緊張するわで、勝手に酒のピッチが上がっていました。

結局上の部屋に入ったのは2時近くです。
風呂にお湯を入れてベランダの椅子に座っていると、チャイムが鳴りました。
出てみると奥さんで、下のコンビニで買ってきたのかお茶と水を持ってきてくれました。
「何から何までスミマセン・・・」
「ううん、うちの人が持ってけっていうから、それよりシャワー使えた?」
「えっ?今お湯入れてますけど」
「みんな言うのよ、シャワーの切り替えが分からないって」
そう言いながら奥さんが入ってきて、風呂場でやり方を教えてくれました。

「このハンドルを押し込んで・・・」と教えてくれるんですが、すげぇ~距離が近いんです。
「あぁ~そうですか・・・」と俺が身を引かないといけないぐらい近いんです。
ドキドキして堪らないので、話半分で風呂場から出ました。
すぐに帰るかと思いきや、綺麗でしょ~とか言いながらベッドに腰掛け始めました。
帰ってくれとは言えないので「呑みます?」ともらったお茶をコップに入れて渡しました。
「いろいろ御免なさいねぇ」
「なにも、こちらこそ面倒見て頂いて申し訳ないです」
「酔うといつもあんな話ばかりするのよ、あの人」
「そうなんすか、別に何とも無いんで・・・」

奥さんとは会話が続かないんです。
美人過ぎて緊張もするし、何を喋ったら良いのかも分かりませんから。
気まずい雰囲気で会話が途切れ途切れの中、やっと奥さんが立ち上がりました。
後ろに付いて行くような形で玄関のドアへ向かいました。
奥さんは靴を履いていたので、そのままドアを開けて出ていくと思ったんです。
ドアの前まで来て後ろで立って待っていると、突然奥さんが後ろを振り返り抱き付いてきました。
「ちょっ!奥さん!どうしたんすか??」
引き離そうと体を掴みましたが、ガッチリ抱き付かれたままです。
「どうしたんすか?ちょっと・・・奥さん?」
「大丈夫、ちょっとだけだから」
「いやいやちょっととかそんな問題じゃなくて・・・まずいっすよ・・・」
「イイの、大丈夫なの」

もう何が何だか分からない状況のまま、奥さんに抱き付かれていました。
引き離そうと何度も体を掴みましたが強い力だったのでヒキはなれません。
体重が乗ってきたと思った時、酔っていたからなのかそのまま後ろにダダダッと押されました。
それでそのまま後ろ向きにベッドへ押し倒され、思いっ切りグランッとなりました。
軽く目眩がしましたが、それより奥さんが抱き付いたままの方が気になりました。
「マジでヤバいっすよ、だって加藤さんが・・・」
「イイの、大丈夫なの・・・あの人が行けって言うから・・・」
「それはお茶とかの話じゃないですか」
「ううん、違うの・・・だから大丈夫なの・・・」

この人は何を言ってるんだろうってパニくりました。
加藤さんが行って来い?抱き付いて来いって言ったのか?パニくってて理解できません。
そんな俺の上に乗っていた奥さんは、一旦体を離したかと思ったらそのままキスをしてきました。
思わず「むむむんっ!」と抵抗してしまいました。
それでも奥さんにガッチリ顔を両サイドから押さえられていたので、唇はピッタリくっついたまま。
終いには舌がベロンと入ってきて、閉じていた前歯や歯茎を舐め回し始めました。
「まずいっすよ!」となんとか口を離して言ったのですが、それもすぐに塞がれて舌を捻じ込まれるんです。

恥ずかしい話ですが、今まで付き合ってきた彼女達は、こんな積極的なキスはしてきませんでした。
いつも俺が勝手に盛り上がってる感じで、彼女は能動的という感じで。
襲われるようなキスを初めて味わい、興奮してしまったのは事実です。
思わず奥さんの舌に舌を這わせたい気分に駆られ、舌を出してしまいました。
もうその瞬間、奥さんが舌をジュルジュルとしゃぶりあげ、激し過ぎるキスが始まりました。
舌の裏側まで舐めまくるようなキスに頭がボォ~っとしてしまいました。
10分以上キスしてたと思います。
途中から抵抗どころか積極的になってしまった俺は、唇が離れた時に後悔してしまいました。

冷静になった俺の顔を見た奥さんが、今度は立ち上がって携帯を掛け始めました。
「あ、アナタ?うん・・・うん・・・大丈夫・・・うん、わかったわ・・・はい・・・」
そんな会話をして電話を切ると、俺を椅子に座らせて自分はベッドに腰掛けました。
「どうしたんすか?ちょっと意味が分からないんですけど」
「ごめんね・・・今うちの人が来るから」
「マジッすか!ヤバいじゃないですかそれ!さっきの・・・ヤバいっすよ!」
「大丈夫だから安心して?ホント大丈夫だから」
とんでもない事が起きるような気がして気が気じゃありません。

そんな中加藤さんがやってきて、向かいの椅子に座りました。
お金を払えとか変な言い掛かりでも始まるのかと冷静ではいられません。
だけど加藤さんは機嫌の良さそうな表情のまま、こんな事を言ってきたんです。
「うちのカミさんどうだった?」
もう言葉も出ずにかなりパニくってしまいました。
そんな俺を分かっているような口調で、加藤さんは変な話をし始めました。

寝取られって言葉知ってるかな?から始まり、寝取られる事に喜びを感じる話をし始めたんです。
まぁ~何が何だかって感じですから、「はぃ・・・はぃ・・・」と聞いていました。
かれこれ数年前からEDだという加藤さんは、病院に行ってバイアグラみたいな薬を飲んでいたようです。
でもある時検査で不整脈がある事がわかり、それ以来勃起薬は禁止になったと。
マカやマムシなどを試しまくったが、やっぱりEDは治らぬまま。
そんなある時、知り合いが家にやってきてその日の俺のように飲んだらしい。
奥さんも昔から知ってる友人だから、酔い出してからは下ネタも連発し出したという。
「こんな美人の奥さんと毎晩ヤレて幸せだな」「俺なら毎晩真っ直ぐ帰ってきてするよ」「どう?旦那さんのじゃ物足りなくない?」「言ってくれたら俺が奉仕しますよ」などなど。
昔馴染みとはいえ言われる奥さんは照れていたらしい。
そんな姿を見ていた旦那さんは無性に興奮したらしく、その晩は久し振りに少し機能したと言ってた。

自分の奥さんが他の男に・・・という想像をすると興奮する事に気が付き、ネットで「寝取られ」という言葉を知った加藤さん。
そんなAVを見たり体験談や掲示板を見るようになって、1年間奥さんを口説き遂に現実化したらしい。
知り合いはヤバいと思いネットで募集をすると、想像以上の男が集まったという。
その中で奥さんの好みから1人選び、旦那さんの目の前で奥さんを抱いてもらったと。
その時の衝撃ったら無くて、EDになってから初めて完全に勃起したらしいです。

ただその男性が旦那さんに見られながらのセックスが無理で、不完全燃焼だったらしい。
だから次はビデオに撮ってもらい、終わったら旦那さんと合流するタイプにした。
そのビデオを見ながら毎晩のように奥さんを抱くようになり、もう完全なる変態さんになってしまったと。
そんな事を数回繰り返していると、ネットで奥さんの事が話題になり、ヤバいことになったらしい。
奥さんの雑貨屋もバレそうになるし、家も旦那さんの会社もネットで暴露されそうになったと。
もうこれはヤバいとネットで募集をするのを断念し、しばらくビデオを見るだけに留めたらしい。
やっぱりそれだけだと半年が限界で、今はもう完全にまたEDへ逆戻り。
そんな中チャットのオフ会で俺を見つけ、また寝取られの願望が噴き出たと言ってた。
だから奥さんを俺に合わせたり家に呼んだりしたらしい。

真顔になったり照れたような表情で、30分ぐらい加藤さんは必死に説明してくれた。
でもそんな話を聞かされても、俺はなんとも理解できなかったんです。
要するに、奥さんとセックスをしてくれ、その時にビデオを撮って後で見せてくれって話。
チラチラ奥さんを見ましたが、奥さんは下を向いたまま何も言いません。
どうしたら良いのか分からない俺に旦那さんはビデオカメラを渡し、奥さんを置いて部屋を出て行きました。
お湯を止めたりベランダで煙草を吸ったりして落ち着こうと必死でした。
「アタシじゃダメかな」
振り返ると奥さんが立っていて、困ったような表情で俺を見つめていました。

「ダメとかそんな事ないっすよ、そんなんじゃなくて、ちょっとなんかわけわかんなくて・・・」
「そうよね、いきなりだから・・・ゴメンね・・・ダメならダメでイイから・・・」
「それはマジでダメじゃないっすよ、ホントに。っていうかホントにイイんすか?」
「うん、してくれたら嬉しいの」
「えっと・・・何がダメでとかあるんですよね?」
「うぅ~ん・・・お尻はちょっと・・・あとはゴムつけるとか痛い事しないとか?」
「まぁ~そんな趣味は無いんでアレですけど、マジっすか?これ」

ベランダにある椅子に座るよう促され、奥さんが目の前に立ってきました。
「煙草吸ってていいから」と言いながらしゃがみ、股の間に入ってきました。
もう言われるがまま状態で何もできません。
「そのまま何もしないでイイから」と言われたので、ホント何もせずじっとしてました。
奥さんはジーパンのジッパーを下ろし、中に手を突っ込んできました。
既に半勃起中の息子を優しく握られ、小刻みにシコシコと動かしながら見つめてきます。
「ホント大きい・・・出してもイイ?」コクっと頷くと引っ張り出すように息子を出してきました。

「わぁぁ・・・こんなおっきいの?凄い・・・」
目の前に出たチンコを握りながらじっと見つめ、俺の顔とチンコを代わる代わる見つめてきました。
「マジでこんな事イイんすか?なんか変な気分なんですけど」
「うん、イイのイイの。アタシ達がお願いしてるんだから」
そう言いながら小刻みに息子をシコシコシゴき続けるんです。
だから完全に勃起してしまいました。それを見て「太い」とか「大きい」とか褒めまくる奥さんです。
悪い気はしないし気持ちの良いので、もう話に乗ってみようかなって気持ちになっていました。

「煙草吸っててイイからね」と言うので、ちょっとやってみたかったのもあり、煙草に手を伸ばしました。
その瞬間、いきなり亀頭に生温かい感触が走り、振り返ると奥さんが亀頭を咥え込んでいました。
「ちょっと!俺風呂入って無いっすよ!」
焦りながら言う俺に「イイのイイの」と繰り返す奥さん。
もう煙草どこじゃないんで、フェラする奥さんをガン見していました。
奥さんは亀頭を口に含みながら、口の中で亀頭を舐め回しまくるんです。
裏のカリやカリの縁を一周したりと、目を閉じると舌の動きが想像できるような感じ。
もちろん今までの彼女たちなんて比較にならないほどの上手さでした。

「まだ撮ってないから安心して・・・ね?気持ち良くなって?」
あっ?!と思って部屋にあるビデオを見ました。
そういえば撮影してくれと渡されたのに、奥さんのフェラは撮っていません。
そう思うと気が楽になり、快楽に身を委ねられるような気になってきました。
大胆な行動もOKな気がしてきて「触ってもイイっすか?」と聞いてみました。
息子を半分ほど咥え込んだ奥さんが「うんうん」と頷くので、前屈みになって奥さんの胸を触ってみました。
洋服の上からも分かっていましたが、やっぱり奥さんの胸は巨乳ちゃんです。

ボリュームのある胸を服の上から優しく揉んでみました。
すると奥さんはクネクネと見をよじりながら「んっぅっ」と息子から口を離さず悶え始めました。
こりゃ~ヤバいと興奮しまくりの俺は、胸元から手を入れて直に触ってみました。
前屈みになっているせいで、スルリとブラの中に手が入って行きました。
コリッとする感触がスグに乳首だと分かり、乳首を手の平の中心になるように触り、優しく揉んでみました。
柔らかいけどハリのある巨乳は何とも触り心地も良く、乳首は手の平でも分かるぐらいカチカチでした。

揉んでるだけで悶えまくる奥さんでしたが、息子からは口を離しません。
乳首を摘まんでコリコリっとした時に、やっと我慢できなくなったらしく口から離し「はぁぅんっ」と言いました。
すぐにそのままチンコにしゃぶりつく姿に、今まで味わった事の無い興奮を覚えました。
奥さんを引き寄せ、今までチンコをしゃぶってた唇に、今度は俺がしゃぶりつきました。
それに応じて奥さんも激しく舌を絡ませてきて、モモの上に座ってきました。
夜景が綺麗なベランダで、緊張するほどの美人な奥さんとこんな事をしてる。
そう思えば思うほど興奮しまくりで、キスをしながらも奥さんはチンコをシコシコし続けます。
「部屋に入ったら撮影し始めるんですか?」
「うん・・・」
「じゃ~ちょっとの間、ここでってのは・・・」
「うん、イイよ。緊張する?」

キスをしながら軽く会話して、また奥さんのフェラが始まりました。
撮影が始まったら、もうこんな余裕はないかもしれない。
そう思ったのでフェラをゆっくりと堪能してました。
10分ぐらい経ってから「いっしょにお風呂入る?」と誘われ、入る事になりました。
お風呂にはビデオを持って行けないので、まだ撮影は始まってません。

先に入っていた俺の目の前に現れた全裸の奥さんの綺麗な事といったら。
まだまったく体型も崩れてもいなくて、まさに不二子ちゃん系のスタイルでした。
胸はFカップの美巨乳で、ツンと上に向いた乳首と大きなお椀形の巨乳でした。
クビレもしっかりあってお尻もプリンとしてるし、髪をアップにした姿が異様に艶っぽいんです。
おさまり掛けていた息子は一気に復活しちゃって、「そんな見ないでよぉ」とシャワーを浴びる姿を見ながら興奮していました。
一緒に湯船に入ると、奥さんからキスを何度もしてきて、勃起した息子を撫で回したりシゴいたり。
俺は目の前にある巨乳を揉んだり乳首をクリクリとしていました。

一応お互いに酒を呑んでいたので、このままじゃのぼせるねと笑いながら風呂を出ました。
ホントはもっと長くいたかったんですけど。
ベッドにあおむけで寝かされ、また奥さんのキス攻撃が始まりました。
そのまま乳首を舐め回され、太ももの内側や玉袋を焦らすように舐められました。
そして亀頭を手を使わずに舐め回され、我慢汁が沢山出てるとからかわれたりしてました。
しばらくフェラをされた後、奥さんが上に登ってきてキスを何度もしながらいいました。
「内緒ね?入るかどうかだけだから・・・」
チンコを握って自分のアソコに擦りつけながら、そんな事を言うとまた激しくキスをしてきました。

俺はもうキスに没頭してて、亀頭が奥さんの汁でネチョネチョになってて気持ちがイイぐらいにしか思ってません。
だから突然亀頭全部が奥さんの中に入った時はビックリしました。
内緒ってのは生で入れるのを・・・って事かとその時分かりました。
「はぁぅんんっ・・・大きい・・・すごぃ・・」
唇を噛みしめながら、ゆっくり腰を落とし何度か入れらり出したりをしていました。
俺は全く動かず、勝手に奥さんが騎乗位の姿勢でやっている事です。

何度かの出し入れでようやく根元付近まで入りました。
「んぁぁぁっんっ・・・まだ全部じゃないのね・・・もうダメっ・・・」
亀頭には奥さんの子宮がグリグリと当たり、もうこれ以上入らない感触が伝わって来ていました。
ダメと言った途端、奥さんは腰をグリグリと動かし始めました。
勝手に腰を振って楽しむかのように、しかも我慢できない感じで何とも言えない表情で。
子宮にグリグリと当たってて気持ちが良いし、こんな美人が・・・とさらに興奮してました。
しかもゴムつけなきゃっていってたくせに、自ら内緒で生で入れて勝手に腰を振ってるんです。

気が付けば俺に下から巨乳を揉みくちゃにされて、髪を振り乱しながら奥さんは昇天してました。
昇天する間際の腰振りには激し過ぎて引いちゃいましたが、完全に我を忘れているようでした。
しばらく俺に抱き付いたまま動かず、その間もチンコは入ったままです。
だから下から軽く動かしていると、「だめっ・・・まってっ・・・まだだめっ・・・」と言いながらも、潤んだ目で見つめてきました。
「撮らなきゃ・・・だからだめなのっ・・・」
だめとか言いつつ舌を激しく絡めてくるし、いっこうにチンコを抜こうともしません。
さすがに旦那さんの顔がよぎり、腰を動かすのをヤメました。
「なんでっ?なんでヤメるの・・・」
「だってカメラ・・・」

渋々腰を浮かせて息子を外に出し、ふらつきながらカメラの方へ行きました。
さっきまで旦那さんと向かい合っていた机の上にビデオを置き、そのままこちらに向けて撮影開始。
奥さんはカメラなんて気にしないのか、そのまま覆い被さってきて激しくキスをしてきました。
やっぱり初めのうちはカメラが気になっていましたが、次第に奥さんのペースにはまっていきました。
さっきと同じようにキスから乳首舐めが始まり、焦らされつつフェラが始まりました。
さっきまで入っていたから自分の汁でベチョベチョなのに、迷うことなくしゃぶりあげてきます。
途中で旦那さんへのサービスを思い出したかのように、アタシのも舐めて・・・とシックスナインへ。
風呂場では見てませんでしたから、この時初めて奥さんのアソコを見ました。
恥骨辺りに陰毛が薄らあるだけで、あとは無毛状態です。
ビラビラはさほど大きくはなく、皮の被ったクリを剥いて舐め上げると演技のような声を出し始めました。

さっき昇天した時とは明らかに違う喘ぎ声に、旦那さんへのサービスを感じました。
その後はゴムをつけ、正常位で入れて、カメラに向かってのバック、騎上位を経て、最後は正常位でフィニッシュ。
奥さんは見せつけるかのように角度を気にしながら激しく舌を絡ませてきたりしてました。
イッた俺を座らせ、ゴムを丁寧に取り、しかもカメラにその行為を見せつつ、ゴムを取り終えたチンコを丁寧に舐めてきました。
旦那がチェックするという奥さんは、シャワーも浴びずにノーパンノーブラのまま服を着て出て行きました。
何気なく外を見ると、もう明るくなり出していました。
俺はシャワーを浴びて爆睡し、朝の9時半に電話で起こされました。

旦那さんに「朝食あるからおいで」と呼ばれ、朝から豪華な朝食を頂きました。
昨晩とは比較にならないほどご機嫌な旦那さんと、少々疲れ気味な奥さんを見て複雑な気分でした。
朝食を終えて帰ろうとする俺に、旦那さんが封筒を渡してきました。
中には数枚の万札が入っていて、もし良かったら是非また遊びに来てくれと言われました。
何度も受け取れないと返しましたが、返されると不安になると言うんです。
結局受け取る事になり、また次回来る事を約束してしまいました。

長々と投稿してしまい申し訳ありませんでした。
まだ続きはあるんですが、ダラダラし過ぎとの声もあるので終了します。
また次回投稿します。
今度はもっとまとまった文章にするよう努力します。
お付き合い下さり有難う御座いました。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/189-4674547e
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。