FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予め書いておきますが、地域や名称などの詳細は書けません。
普通に地元がバレバレになるのでご了承下さい。

かれこれ10年近く前、僕の家族は今住んでいる地域に越してきました。
以前住んでいた地域にダム計画が持ち上がり、要するに強制移動です。
かなりの反対運動もあったけど、結局全世帯引っ越しました。

昔から住む地域だったので、自然とその周辺に引っ越す事になりました。
同じ小学校の人達も近所に引っ越していて、あまり不便な感じではありません。
ただなぜか良く分かりませんが、うちは一番山の方に引っ越したんです。

 

 

1番近所にあるのは川を挟んだ旅館3軒。
川の周りはうっそうとした林になっているので、別に客の目も気になりません。

僕が高校にあがって間もなく、旅館の1軒が改装しました。
露天風呂や貸し切り風呂などのある旅館になりました。
地元の人は泊まる事もありません。
だいたい週末や連休などに、割と若いカップルが泊まりに来ていたようです。

引っ越す前から仲の良かった友人Aと遊んでいた時、こんな事を言われたんです。

「なぁ~タク、すげぇ~面白い事発見しちゃったんだけど」

「なになに?」

「誰にも言うなよ?約束できるか?」

「変な事じゃないだろうな?ヤバい事は聞かないぞ」

「大丈夫だって!ちょっと今から行ってみようぜ」

夕方の17時過ぎだったと思います。
辺りはほとんど暗くなっていて、僕は促されるままチャリでAを追いかけました。
Aは僕の帰り道を進み、途中で停まりました。

「ここにチャリ置いて歩くから」

「マジで?熊出るんじゃない?」

「いねぇ~よ!こんなとこに。それよりチャリ隠せよ」

ガードレールの隙間からチャリを斜面に隠し、僕はAの後を付いて行きました。
Aは50Mぐらい道路を上がってから、いきなり山道へと入って行きました。

「お前なんでこんな道知ってんだ?」

「この前ジイちゃんと来たんだよ。それで偶然見つけちゃってさ」

明かりもなく真っ暗な山道を2人で歩きました。
しばらく歩いて斜面を降りて行くと、いきなり木の無いスペースに出ました。

「ここでジイちゃん達が火焚くんだよ、ほら」

確かに火をつけた後があり、椅子になりそうな木の根っこも転がっています。

「ここが楽しい場所か?」

「違うよ、こっちだよ」

さらにAは奥に進んで行きました。
ちょっと進んだとこでAが手招きして言いました。

「ほら、見てみろよ。あっちあっち」

隣に行って見てみると、木々の間から目の前にある旅館の露天風呂が丸見えだったんです。

「おい!マジかよ!丸見えじゃん!」

「だろぉ~?しかもあそこって個室だと思うんだよ。ほら、小さい露天風呂の」

指さす方を見ると、確かに小さい露天風呂が4つありました。
大きい露天風呂より、こっちの方がモロに丸見えです。

「ここヤバいじゃん!マジでお前すげぇーよ!」

「だろぉ~?だろぉ~?今度ここで張ってみねぇ~か?」

「いいねぇ~!さっきのとこに荷物置いて、ここで覗こうぜ!」

その日は平日だったから、お客が少ないみたいで個室は真っ暗。
やっぱり週末じゃないとって事で、3日後の土曜日に来ようって決まりました。

Aと作戦を練って用意したのは、山で使うデカい双眼鏡。
折り畳みイスとか食糧なども用意して、土曜日の19時に集合しました。
何かあった時の為に、山で使う鉈も2人して持ってきていました。

はやる気持ちを抑えつつ行ってみると、露天風呂にはまばらに人が入っていました。
双眼鏡で覗いてみると、残念な事にそこは男湯。
やっぱり狙いは個室だ!って事で、そっちを覗く事にしました。
場所をちょっと移動すると、ホント目の前って感じのポイントに到着。
椅子を設置して覗き開始です。

夕飯時なのか、個室には電気が着いているものの露天風呂は真っ暗です。
僕達は期待感丸出しで、興奮しながら待っていました。

待機し始めて2時間ぐらい。
そろそろヒマ過ぎて飽きてきた頃、ようやく1つの露天風呂に電気がつきました。
2人して双眼鏡で急いで覗きました。

現れたのはほっそりした多分20代らしき女の人。
想像以上に近いから、双眼鏡で凄いアップなんです。
バスタオルが邪魔で「どけろ!どけろ!」と小声で言っていると、入る瞬間見えました。
少し小ぶりなオッパイと、黒々とした陰毛が。

「やったぜぇー!」と二人してガッチリ握手。
その女性は体も洗わず、いきなり湯船に入りました。
終始こっちを向いているので、水面越しにオッパイがユラユラ見えます。
首にお湯をかけたり、時々胸を触ったりしているのを喜んで見ていました。

そんな光景を20分ぐらい見ているとさすがに飽きてきます。
これだけじゃ物足りないな~と思っていると、1番右にある貸切露天風呂に電気がつきました。
ただ残念な事に、その風呂はここからは見えません。

「ちょっと移動しようぜ!」

足許に注意して、なんとか覗ける場所へ移動しました。
こっちは木々がさらにうっそうとしていました。
でも移動した甲斐がありました。
なんと20~30代らしき綺麗な女性が、オッパイ丸出してこっちに向かって座っているんです。
風呂の縁に腰掛けて、足だけ湯につけているだけ。
タオルで体を拭いたりしながら、こっちを眺めているんです。
僕らの方は真っ暗で向こうからは全く見えないはずなのに、バレるかもと内心ドキドキでした。

初めて見る生のオッパイに、二人して大騒ぎです。
でもここからがもっと凄い事になりました。
その女性はオッパイを揉んだり擦ったりもしていたんですが、後ろの扉から男が来たんです。
それはもう心臓バックバク。

女は裸体を隠そうともせず、男は当たり前のように隣に座りました。
男が湯船に入っても女は縁に腰かけたまま、笑顔で会話していました。
しばらくして女も湯船に入ると、待っていたかのように男が女を抱き寄せました。
そしてキスをしながら、大きなオッパイを揉み揉みし始めたんです。

Aと僕は興奮しまくりで、二人して「ヤバいヤバい」を連発。
キスが終わって男が立ち上がると、女の目の前に勃起したチンコを差し向けていました。
それを女は握って、男を見上げて笑顔で何か言った後、亀頭をペロペロと舐め始めました。
初めて生でフェラしてるとこを見たわけです。
というか言い忘れましたが、僕もAも童貞でした。

童貞には刺激が強すぎです。
「こっち見んなよ!」と言って、パンツに手を突っ込んで2人してシゴいてました。
チンコを根元まで咥えて、しかもオッパイもプルンプルン揺れています。
時々思い出したかのように、男は前屈みになって、そのオッパイをイジってました。

10分弱ぐらいフェラしてたと思います。
今度は女が縁に腰掛けて大股開きの姿勢になりました。
男が邪魔でアソコまでは見れません。
男はアソコを舐め始めたみたいで、女は口に手を当てて目を閉じていました。
クンニを止めて男は指を入れたらしく、キスをしながら水しぶきを上げながら手を動かしています。
女は男に抱き付くようにしがみついていて、感じているようでした。

「やべぇ~これじゃ~最後までもたねぇ~よ~~」

早漏のAはイキそうで我慢できなかったらしいです。

「お前落ち着けよ!出すならそっちで出してこいよな!」

「分かってるよ!」

2人して笑えるほど興奮し過ぎでしたね。
Aはいきなり立ち上がり、木陰に消えていきました。
僕はその間もずっと覗きをしていました。

男が女を立ち上がらせました。
女はこっちに向いていて、柵?みたいな塀に手をつき、男がバックで入れ始めたんです。
女の眉間にシワがより、口に手を当てて苦しそうな顔をしていました。
周りに気を使っているのか、終始口に手を当てているようです。

男が女を後ろから抱き抱えてするバックをした時、僕の興奮はMAXになりました。
女は後ろから男にオッパイを鷲掴みにされながら揉まれていたんです。
慌てて戻ってきたAに「すげぇーぞ!はやく!はやく!」と口走っていました。
2人のセックスはそんなに長くは続かず、バックの後湯船に浸かり、すぐに部屋へ入って行きました。

結局その後2時間ばかし個室を覗いていましたが、誰も風呂には入ってきませんでした。
部屋も全部暗くなったので僕達は広いスペースに戻り、火をつけてコーヒーを飲んでいました。
2人の会話はさっきの覗きオンリーで、写真撮りたかったなとか声が聞きたいとか盛り上がっていました。

二日連続で出掛けるわけにもいかないので、僕らは早朝帰りました。
それ以来、Aとは2週間に1回のペースで覗きに行くようになったんです。
貸し切りの露天風呂って、若いカップルだとほぼセックスするんです。
若い女の子とオヤジの組み合わせもありました。
30分以上クンニしてる男もいたし、逆にずっとフェラさせてる男もいました。

女の人も巨乳や貧乳、ガリガリやおデブなど様々。
声が聞こえないだけで、毎回誰かしらのセックスを双眼鏡でドアップで覗いていました。
冬になると結構待機してるのが辛かったけど、防寒具を持って行ってましたね。

でも春になって笑える事件が起きたんです。
慣れていた僕達はいつものように覗きに行き、カップルのセックスを覗きました。
その後、コーヒーを入れて火にあたっていると、ガサガサと音が聞こえてきたんです。
ビックリして鉈を持って緊張していると、音も止まり緊張感が漂っている状態に。

Aが様子をみようを音の鳴った方へ近づいた時、いきなり黒い物体が飛び出てきたんです。
初め僕はクマかと思いました。
でもその物体が近くに突っ込んできた瞬間、猪だってわかりました。

デカい猪がAに激突して、Aは2Mぐらいぶっ飛びました。
そのあと僕の方にイノシシが突進してきて、僕は間一髪で横に跳んで逃げました。
ビックリしたのは、猪が1頭じゃなかった事です。
6頭ぐらいいて、立て続けに飛び出してきたんです。

Aは頭を抱えて蹲り、僕は木の陰に隠れてやり過ごしました。
猪がいなくなってしばし経って、Aに声を掛けて近寄りました。
Aは腕を抑えていて「いてぇー・・・いてぇー・・・・」を連発しています。
ライトをつけてみてみると、右腕が変なふうに曲がっていました。
ビックリして慌てた末、荷物を置いてAを運びました。
チャリの後ろに乗せて山を下り、1軒しか無い病院に行きました。

Aはそのまま入院して、僕は地元の警察に呼ばれました。
Aと「覗きは秘密で、キャンプしてたって言うぞ」と決めていたので、それを話しました。
その事件以来、親も厳しくなり覗きには行けなくなったんです。

高校を卒業して僕もAも大学に進学。それをきっかけにお互いの家族も引っ越しました。
今でも多分その場所にいけば見れるとは思いますが、多分行けないと思います。
なんせオヤジから聞いた話、昔はいなかった熊が普通に出るって言っていたので。
山から降りてきて、村にまで出てるって噂です。
ネットでも露天風呂などの覗きポイントなどが紹介されていますが、気を付けた方がイイです。
熊が出たらマジでシャレになりませんから。
実際に熊を僕は見ているので、怖くて行けませんしね。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/202-656550ad
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。