FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
457 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 03:51:17 ID:aYB7TbpI0
 私が高校2年生の時の話。
今月末の学園祭の為に、いろいろと準備をしていた。
そして、夜も遅くなり、クラスで残っているのは私と実行委員(女)になった。
(私も実行委員)

 もう、時間も遅いので、私が「今日は、帰らない?」というと、樋口(仮名)も、
「そうだね」と言ったので、教室に散らかっている荷物をまとめ始めた。
 基本的には教室の後ろに荷物を置くのだが、完成した物は置いておくと
邪魔になるので二人で体育倉庫まで持っていった。


 

 

体育倉庫に行き、ウチのクラスの荷物がある箇所に、荷物を置いていく。それを数回繰り返した。
幸い、ウチのクラスは近いので、二人で往復しながら、箱の荷物をおいて行く。

458 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 03:55:45 ID:aYB7TbpI0
そうすると、どんどん時差ができてくる。私が、体育倉庫に行くと、
樋口は梯子に登り、箱を棚の上に置いていた。
 下から見上げる形になったワケだが、樋口はそんなにスカートが短い方ではないので
(それでも校則違反だとは思うが)パンツは見えなかった。

 しかし、樋口は胸が結構大きい方で、下から見ると、セーラー服の中が見えて
ブラジャーが見えた。しかも黒いブラジャーだった。
 ブラが見えたのは当然だが、真面目な樋口が黒ブラを付けている事に興奮した。

樋口も俺の異変に気づき「もしかして?パンツみた?」と言われた。
私はとっさに「パンツみえんて、黒いブラジャーなら見えけど」と正直に答えてしまった。


459 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:01:22 ID:aYB7TbpI0
 俺は樋口に怒られる(というか退学とかそういうのも一瞬)と思ったが、
樋口は、梯子を降りてきて、怒るどころか
「お願いだから、今の事は言わないで」と泣きそうな顔で言ってきた。

 私は、何か立場が逆のような気がしたので、
樋口に「何で、そんな事いうんだよ・・・」とおそるおそる聞いてみた。

 そうすると、樋口は泣きながら
「だって、学校にこんなブラ着けてきたってばれたら、みんなに何て言われるか・・・」と言った。
 私は樋口が泣くのでその場を何とかしようと思い
「それなら、他のブラジャーにすれば良かったんじゃないの?」といった。

460 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:06:56 ID:aYB7TbpI0
 樋口は「こういう派手な下着付けて、登校してみたかったの・・・」
「今日、私はこんな下着をつけてますって」
「でも、みんな(他の女子クラスメイト)にばれると嫌だから体育が無い、今日に・・・」
と私に言ってきた。

 樋口は引き続き、私に「別に、他の子も派手な下着の子何人もいるけど
私がそんなのしてたら、目つけられちゃうう・・・・」と言った。

 樋口は、「今日ならみんなにばれないし、と思ったのに・・・・」と泣いていた。

461 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:11:40 ID:aYB7TbpI0
 俺は樋口の下に行き
「用は、樋口は派手な下着をつけたいけど、ばれるのが嫌なんだよね?」
「でも、見て欲しいってのもあるけど、そこまでは怖い」って事?と聞いた。

 樋口はやっと落ち着いたようで、うんうんと頷いた。
樋口は「佐藤さんとか山田さんとかに見られたら、生意気って言われるけど、加藤(俺の加盟)でよかった」
と言って来た。正直、見られて良かったというのもなんだと思ったが・・・。

 確かに女子高生で、やけにスカートが短かったり、胸元が見えそうなのは、
逆に見て欲しいとかと思ったことはあるが・・・。

462 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:16:28 ID:aYB7TbpI0
 とりあえず、落ち着いたので、私は樋口に正直に
「樋口が黒ブラジャーしてるの見て、樋口がそんな派手な下着つけてるって、ショックだった」と言った。

 樋口は「そう思ってくれる方が嬉しいんだけどなぁ・・・」と言った。
私は「なら、見られていいの?」というと、
「派手な下着を着けた私を見て欲しいけど、そこまで主張する勇気はない・・・。
でも、隠れてでも、私はこんな下着をつけてますって、自分で自分を満足さsかったの」と言った。

 私は、樋口に「なら、俺にはばれたんだから見てもいいじゃん?」と冗談でいったが、
樋口は「いいよ。見て・・・」といってきた。

463 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:23:50 ID:aYB7TbpI0
 樋口は、その場あぐらをかいて、足を開いた。そうすると、黒い下着が見えた。
樋口が「どう・・・?」というと、
私は「樋口がこんな下着つけてるとドキドキするなぁ」と正直な感想を言った。
樋口は「恥ずかしいけど、嬉しいなぁ・・・」と言ってきた。

それからもいろいろあったが、一段落して
 私は、「樋口はしたいなら、そればいいじゃん」といった。
樋口は「他の子の目が怖い」「樋口、生意気とか」と言った。

 樋口は、普通の学校の生徒からしたら、髪も染めてないし、スカートもそんなに短くない方だ。
多分、樋口自身はそういう事をしたいのだけど、樋口自身がまわりを気にしていると言うことだと思った。

464 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:30:10 ID:aYB7TbpI0
 私は思い切って「それなら、俺が樋口にそうしろって言ったことにすればいい」と言った。
樋口は最初はワケが分からないカンジだった。

 私は、「俺が樋口の彼氏になって、俺好みの女にしてやったから
樋口が悪くなくなるし、それならいいだと」と言ってきた。
樋口は俺の気持ちに気づかずに「でも、彼氏って加藤くんに悪いし・・・」と
ぜんぜん、気づいてもらえなかった。

 私は、以前から樋口の事が気になっていた。他にも好きな子はいたのだけど・・・
樋口がぜんぜん分かってないので、私はやや切れたカンジで
「だから、俺は、樋口の事が好きなんだって!」「何回も言うと俺が恥ずかしいだろ!」といった。

465 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:33:33 ID:aYB7TbpI0
 樋口は口を押さえて「私、こんな子なのにいいの?」とまた泣きそうな顔になった。
私は「だって前からそう思ってたから仕方ないじゃん・・・・樋口は俺の事」と聞き返した。

 樋口は「好きとか言われると、分からないけど、
男子の中では加藤くんは結構いい人だと思ってたから、結構嬉しいかも・・・」といった。
 私は「俺でいい?」というと樋口も「うん、お願いします。」といった。

 そうしていろいろあって学園祭も無事に終わった。

466 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:39:27 ID:aYB7TbpI0
 学園祭が終わると、樋口も一気に変わった。
今まで地味な格好から、一気にクラス1派手になった。

 金髪になり、制服も、胸隠しをはずし、胸元が見えそうなぐらいになり、
スカートも異様に短くなり、ルーズになった。
 俺は最初に「俺好みにさせたんだよ〜」と触れ回った。
女子には「加藤は鬼「と言われまくった。樋口のためならそれくらい仕方ないかなと思った。

 樋口は、今までの事で分かるように露出壁もあった。
わざわざスカートを隠さずに階段を上ったりした。私に「今、何人みてた?」とか聞いてきたりした。
 SEXをするようになっても、最初はノーマルだったが、徐々に外でやったり、教室や他の所でHをした。

467 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:48:07 ID:aYB7TbpI0
 一番、興奮したのは高3になった時に、学校でHをした事。
 もう、ほとんど校舎に人がいない時間に、
一年の真面目そうな子がトイレに入ったのを確認して、私たちもトイレにいき、
その女子生徒が入ったトイレの前で、わざと中の子に気づかれるように胸をもんだりしてHを始めた。
 中の子はトイレを流して、私たちに気づいていって欲しいというシグナルを流したが、
ワザと無視して、抱擁を続けた。樋口は外には聞こえないぐらいの声であえぎ声を上げて、中の子に聞かせた。

 私は、引き続き、樋口の下着を下げ、バックの状態で、挿入した。
いつもより興奮状態なので、ピークまではあまり時間が掛からずに最後まで言った。
 Hが終わると、樋口がワザと、「ちょっと、トイレで、直してきていい?」というので、私はうなずいた。

468 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 04:56:42 ID:aYB7TbpI0
 樋口がドアを開けようとすると、当たり前の事だが、開かない。
樋口はワザと「もしかして、中で聞いてたの!?」と中の子に言った。
中の子がドアを開けないので、樋口はドアを蹴り、中の子を脅した。
中の子も観念してドアを開けた。中の子は表情がこわばっていた。

 中の子は「すいません」と誤ってきた。私も、そろそろ止めるのではないかと思ったが
樋口は「ねぇ、今のでさっきの雰囲気ぶち壊し、もう一回しようよ?」といってきた。
 一瞬、意図が読み取れなかったが、意図と理解して「おっけ〜」といい、トイレのドアを閉めた。

 トイレの中で再びHが始まった。中の子は引き続き恐怖で引きつった顔で私たちを見ている。
樋口は、Hをしながら中の子の胸や下着に手をいれさわりはじめ「ほらほら、オナしなさいよ!ハハ」と
高らかに笑っていた。

469 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 05:02:10 ID:aYB7TbpI0
 中の子が従わないのを見ると、樋口が中の子のあそこに手をいれ始めた。
中の子は「止めてください」といったが、樋口を手を緩めずに続けた。
中の子も、私たちのHで抜けていたようで、樋口は中の子を罵倒し続けた。

私たちのHが終わる前に中の子はイってしまった。
そして私たちも、それから間もないうちに再び頂点までいった。

 中の子は泣いていた。樋口は中の子に「どうよかったでしょ?」といった。
中の子は「そんな事ないです!」と怒っていた。
 樋口はお構いなしに、中の子がトイレに座っていた足の上に自分のあそこを乗せた。

470 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 05:06:44 ID:aYB7TbpI0
 当然、俺の精液が中の子の足の上にあふれた。
樋口は、中の子のあごをつかみ「気持ちよかったでしょ?嘘つくんじゃないの?」といった。
 中の子は否定し続けた。
しかし、樋口が「正直にいって、確かにこんな他人のHでで見て、気持ちいいなんて恥ずかしいけど、
本当は自分でオナニーしてるより良かったでしょ?」
「本当の事を言ったら許してあげるから」とまるでコッチが善人みたいな言い方をした。

 中の子は「はい、気持ちよかったです。でも・・・」といってそれ以上は口に出さなかった。
樋口は、笑いながら「それでいいのよ。Hは気持ちいいのよん」といった。

471 名前:うにうに ◆XSC8FEQD8. [sage] 投稿日:2005/09/11(日) 05:10:51 ID:aYB7TbpI0
 中の子には可哀相な気がしたが、あれから中の子も彼氏ができてHしてたみたい。
その彼氏が、私の友達の知り合いだったので、「あのかわいい子と最後までやった?」と聞くと
彼氏はテレながら「はい、彼女予想以上にHなんですよ」と彼氏は困っていた。

 私は樋口から後で聞かされたが、中の子はのちに樋口に
「あの事がなかったらHの気持ちよさに気づきませんでした」といって感謝したらしい。

 今考えると、偶然の偶然でこういうことになったんだなぁと思ってしまう。

おしまい


関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/249-d4b9f955
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。