FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平日の図書館

874 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 14:58:25 ID:HCj+i41u0
平日の図書館って、結構空いてる。
大体、本を読もうと思ったのも久しぶりだし。
大きな書架の間をぶらぶら歩いてみる。

ふと、数年前にベストセラーになった小説の背表紙が目に止まった。
映画化もされたっけ…かなりエロいって話題になったような…
ぱらぱらめくってみると、いきなりそういう場面だった。

人妻が、窓ガラスに手をつかされ、お尻を突き出させられ、スカートを
捲くられる。『やめて…』うめくが、後ろに座った男はショーツをゆっくりと
引きおろして…

うわ、かなり激しいんだ。両足の奥が熱く膨らむのを感じて、慌てて
本を閉じようとした。その時初めて、私のすぐ右横に男が立っているのに
気づいた。

 

 

875 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 15:05:13 ID:HCj+i41u0
恥ずかしい、こんなの読んでるの気づかれた!?
頭がぐらっと混乱しかけた途端、男の左手がスカートの上から
ふわっと私のあそこの辺りを押さえた。

『!?』
『そのまま読んでていいよ…』男の押し殺した声がする。
私はページに目をむけたまま、男の顔を仰ぎ見ることも、声を出すことも
出来ない。視界の中、開いた真っ白い本と胸の隙間から、男の腕が見えている。

『エッチな本が好きなんだね。』
やっぱり、こういうのを読んでる私を見て近づいてきたんだ。
男の指にゆっくり力が入って、恥丘を押し撫で始めた。中指と親指で
両側から摘んだり、人差し指を真ん中の筋に食い込ませたり。

877 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 15:14:35 ID:HCj+i41u0
『あ、やめて…!』ごくごく小さい声で抵抗する。そんな風に触ったら、
クリトリスが大きくなってるのがばれてしまうかもしれない。

『やめてって言うなら、ここから逃げたら?』男もごくごく小さい声で、
でもからかうように呟く。本当にそうだ。でも…私の両腿がぶるぶるっと震えた。

人差し指がスカートとショーツごしに、クリトリスを探り当てた。
くるくると回していたかと思うと、ぶちゅ、と潰す。
『んっ!』横目で、辺りを伺った。ちょうどここは机やソファからは
死角になっていて、ただでさえ少ない閲覧者達から気づかれにくい。

『クリが大きくなってるね。それとも、もともと大きいのかな?』
『や…』男の手が、するするとスカートをたくし上げ始めた。
『いや、ほんとにいや、やめて』


878 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 15:22:11 ID:HCj+i41u0
今度はショーツの上から、男の指が谷間ごしにぐいぐい進入してきた。
きつく足を閉じようとしたけど、いきなり太い人差し指と中指が
布地越しにぐんっとオマンコを押し上げる。

『んんん!』
『いやってなに?なんかもうパンツがジュグジュグしてんじゃん。』
そう言う間も、ぐんっ!ぐんっ!と二本の指がオマンコを突き上げてくる。
私の体も、そのたび小さく爪先立ちになってしまう。

親指はクリトリスをぷるぷる揺すぶったり、下から上に擦り上げたり。
『う、う、う、うふ、う…』息とも声ともつかない音が唇から漏れ、
私の片手は本を持ったまま、片手は必死で本棚を掴む。

879 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 15:27:23 ID:HCj+i41u0
とうとう、指がショーツの横から直にあそこに触ってきた。
大陰唇の柔らかさを楽しむみたいにもにゅもにゅ押してきたと思ったら、
ずぼっと薬指をオマンコに入れた。

『くぅ!!』とたんに、愛液がつー…と太腿を伝うのを感じてしまった。
ああ、駄目、絶対に駄目。このままじゃ逝ってしまう。ますます力を入れて
両腿をこじり合わせた。
『なに?嫌なの?こういう風に触られるの』男の呟きが聞こえる。
必死で頭を縦に振ると、すっと男の手が離れた。

880 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 15:32:54 ID:HCj+i41u0
何?やめてくれた?ほっとしたような、がっかりしたような気になったとたん、
男があくまでも優しく、でも抵抗できないような強引さで、私の体を横からぐいぐい押した。

え?なに??足をもつれさせそうになりながら、本棚に体を向けたまま、
私は横向きにどんどん押されていく。と、行き着いた所はL字型なった本棚の角だった。
コーナーに押し込まれてしまった…右を見ても左を見ても本しか見えない。
背後にはますますぴったりくっついた男の体温を感じる。

男は突然、後ろからスカートを捲り上げた。

881 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 15:41:20 ID:HCj+i41u0
『だめっ!』やはり小さく訴えるが、スカートの裾は捲り上げられたまま、
ウェストに挟まれてしまった。やだ、誰かこんなところに来たら…見られたら…
全身の肌が粟立つ。

べたっとお尻の両方に男の手のひらが押し当てられた。そのまま力をこめて
痛いくらいに揉みしだかれる。
『柔らかいね。すいついてくるみたいな尻だな』そう言いながら、ショーツの
上のほうを摘みあげて、Tバック状態にする。
『マンコだけが、ぷくっと膨らんでるよ。両脇から、だらだらエッチな汁が
垂れてじゃん。あーあ、アナルまでちら見せしちゃって。しょうがねえ女だなあ』

耳まで血が上ってるのがわかる。ショーツを吊り上げるたび、ぐちゅぐちゅと音がする。
『んんん…お願いだから、やめて下さい…許して…』
『許して欲しかったら、これなんとかして?後ろからして欲しかったんでしょ?』

882 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 15:48:30 ID:HCj+i41u0
ショーツがずり下ろされ、背中にぴったりくっついてきた男の体温を
感じる…閉じた足の間、ちょうどオマンコの隙間に、もっと熱い物が
挟まれるように差し込まれてきた。

『一生懸命腰を振って、早く逝かせてくれよ?誰か来たらこまるもんね』
耳元で囁き、男が耳たぶを甘噛みする。
そうだ、早く終わらせなきゃ…夢中で、腰を前後に揺する。素股の状態で
男のちんちんを擦りつける。
『あぅっ』クリトリスと小陰唇とが同時にこすり立てられて、びりびりと
快感が背中をかける。早く終わらせたいのか、もっと刺激が欲しくてこんなことを
しちゃうのかわからない。

883 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 15:57:23 ID:HCj+i41u0
男の両手が、ニットの下から潜り込んで、思い切りおっぱいを
掴んだ。『痛っ』ブラをずらし、両乳首を捻る様に引っ張る。

オマンコを触るのとは極端に違う、乱暴な触り方。
もっと触って!あわただしく足の間に手を伸ばし、男のちんちんを
探り当てると、オマンコに導きいれた。

ずぶずぶずぶっと、肉壁を押し分けるようにして、大きいのが入ってくる。入ってくる…
男が動き始めた。ぐち、ぐち、ぐちぐちぐちぐち
『っあ、っあ、っあん、あふ、あふん、あ、ああああああ』

884 名前:トランス[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 16:02:23 ID:HCj+i41u0
『声出すなって』
口を塞がれた。くるし…でも声が出ちゃう。男の動きが速くなってくる。

ずぶっ、ずぶずぶ、ぴちゃ、ぴちゃぴちゃぴちゃぴちゃ
イヤラシイ音が響く。図書館は静かだ、この音はどこまで聞こえちゃってるんだろう?
ぼんやりとそんな事を考える。
『んんんふぅ』ふさがれた口の端から、涎まで垂れちゃってる。
すごく浅ましい姿。こんなの誰にも見せられない。

男が角度を変えた。すごい箇所に当たってる。ああ、もう駄目!!
『い、いくぅ…!!!』
男の手のひらの中で呻いたと同時に、お尻に熱いものが吐きかけられた。

…来週も図書館に来てしまうと思う。


関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/266-73cc27ba
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。