FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
臨時収入が入ったので、久し振りに出会い系サイトを使いました。
かれこれ1年近く放置してたからまだ使えるか半信半疑だったけど。
有料サイトなので2000円分のポイントを購入。
目指すはサポ有りでも構わないから、慣れてない普通の女の子。

 

 

当たり前だけどやっぱり手慣れてる子が多かった。
餌を撒いて食らいつてくるのはほとんどセミプロ?ばっかり。
話が早いけどポイント分を目安に3日かけて探した。

その甲斐あってか、23歳の自称OLさんを見つけました。
早い話、カードの支払に足りない分が欲しいらしい。
聞いてみると2万ちょっと。
ホントかウソか分からないけど、こうやって探したのは初めてらしい。
だから相場も何も分からないという。
俺も相場なんて知らないし、お互い不慣れな者同士で会ってみようかって。

彼氏がいるから泊まりは無理だけど、18時~終電までは大丈夫と言ってた。
会う前に写メ交換したいって言ったけど、彼氏がいるからと断られ、ちょっと不安のまま待ち合わせ場所へ。
遠目でも分かるような場所を指定して、俺は反対側の建物の陰に隠れてた。

18時ちょっと前に、シャツにタイトスカート穿いた女の子がやってきた。
携帯をいじり始めたかと思うと、俺の携帯にメール受信。
やっぱりあの子なんだって思ってよくよく観察してた。

遠目だったけど別に悪そうでもないし、周りに変な男もいない。
メール返してその子のもとへ行った。

「キョウコちゃん?」

「あっ!はい、捨て丸さんですか?」

「恥ずかしいからその名前大きな声で言わないでね」

「ごめんなさい、えっと、こんばんは」

「よかったぁ~変な子が来るんじゃないかってヒヤヒヤしてたんだよね」

「アタシも緊張してて。はい。今日はごめんなさい、、」

やたら下手に出る子で、ホントにかなり緊張してるみたいでした。
というか近くで見たら普通に可愛い。
可愛いというか綺麗系の女の子。
こりゃー当たりか?!ってウハウハになりそうな気分でした。

身長は160ぐらい、スラッとした足にヒールを履いて、黒に近い茶色の髪。
パッチリ二重の目に一見キツそうな性格っぽい目頭。
スーッと通った鼻筋と薄い唇。
紛れもなく俺には不釣り合いな美人。

「ご飯軽く食べようか?」

「あっ、はい」

「食べたいものある?もしくは嫌いなものとか」

「生魚以外なら、、」

「じゃそこのイタリアンに行こうか」

グラスワインを飲みながらパスタとピザを食べた。
初めのうちは緊張して会話が続かなかったけど、3杯めのワインを呑み始めた頃にはかなり普通に喋れるようになってた。
彼氏とはもう3年の付き合いで、実は彼氏にもお金を借りてるらしい。

「なんでそんなにお金使うの?」

って聞いたら

「分かってるんだけど買っちゃって、、、」

と意味不明。ただの浪費家っていうかおバカちゃん?!
別に俺の彼女でもないしどうでもイイかって思って、軽く受け流しておいた。
時間も20時半過ぎになったので、そろそろ行こうかと促してみた。

「あの、アタシで大丈夫ですか?」

「大丈夫も何も喜んで!だよ。しかも明日までに銀行に入れなきゃなんでしょ?」

「はい、じゃお願いします。ごめんなさい」

歩いて10分ぐらいのラブホまで歩いた。
途中やっぱり不安だったらしく、彼女はほぼ無言で俺の斜め後ろを付いてきてました。

「終電て12時過ぎだっけ?」

「じゃ12時ごろ出れば大丈夫だね」

「彼氏に電話はするの?」

「途中でメールとかくるかな?」

沈黙に耐えきれない俺は、そんな事をずっと質問しまくってました。
彼女は「大丈夫です」とばかり答えていましたが。

ボロいくせに駅から近いだけで少し高いラブホテル。
なんとなく見栄をはって、1万以上もする部屋に入りました。
21時からは休憩がなく、全部泊まりになってたからそんなもんかもしれないけど。
サウナとかデカいジャグジーがある、俺にとっては無駄でしかない部屋。

「さきシャワー浴びる?」

「あ、はい。」

彼女は先にシャワーを浴びにいきました。
ふと気が付いたんですが、バッグとかそのまま置いたままなんです。
初対面なのに警戒心な過ぎだろって思いながら、持ってきた極薄のゴムを用意しました。

バスタオル1枚でモジモジしながら出てきた彼女はマジで可愛かったです。
そのまま押し倒したくなる気持ちを抑え、急いでシャワーを浴びました。
出てくると彼女はベッドに腰掛けて携帯をイジってました。

その隣に座りキスをしました。
チュッチュッとキスをして、ゆっくり舌を入れてみました。
ぎこちない舌が絡み合ってきて、素人感たっぷりです。
押し倒してしばらくキスを楽しみました。
途中からはぎこちなさも消え、積極的に舌を絡めてくれました。
それだけで俺はギンギンです。

キスをしながらバスタオルを外すと、予想以上の美乳が現れました。
白い肌に薄いピンクの乳輪。しかもブツブツもなくマジで綺麗な乳輪&乳首。
乳首はすでに立っていて、指でつまんでコリコリと動かしました。

んっ、、

苦しそうな顔をして、軽く喘ぎました。
耳にキスをして首筋を舐め、右手で乳首をクリクリしたり揉んだりしました。
次第に感じているのが分かるぐらい吐息が荒々しくなっています。
下にさがり両手でオッパイを揉みながら、乳首を吸ったり舐めたりしました。

んっっ、、、

体を軽くクネクネさせながら感じている姿に興奮しました。
乳首はコリッコリになっていて、甘噛みすると腰をくねらせてきます。
お腹をやさしく撫でまわしながら、乳首を中心に舐めまくりました。

アソコにゆっくり手を伸ばすと、閉じていた足をゆっくり開いてくれました。
ベッチョリ濡れてました。
アソコを触り始めてから、彼女は吹っ切れたようです。
クリトリスを撫で回すと、押さえていた声を我慢しなくなりました。

んぁっ!あっ、、いっぁっ、、

ニュルリと指を入れると、結構キツマンです。
入口から徐々に中を刺激して、とりあえずGスポットを攻めてみました。

はあ、、、っん、、、んん…っ、、、、だめえ、、、

あァ、、、っ、、、! や、、、だ、、っ、、、はぁん、、、!

完全に我を忘れて喘ぎまくりだったので、右手でチンコを握らせました。

えっ?!こんな、、、、大きい、、、

目を閉じて喘いでたくせに、握らせた瞬間俺の顔を見て驚いてました。

「よくデカいって言われるんだ」

高校時代、処女だった彼女に入らなかった息子です。
太さは缶コーヒーより少し細いぐらいで、長さは19センチちょっとあります。

ちょっ、、、やだ、、、マジ?、、大き過ぎるよ、、、

「彼氏のはもっと小さい?」

ん、、、、はぁん、、、、入るかな、、、、んやっ、、、

指で膣内を刺激しながら会話していたので、途中彼女は喋ったり喘いだりの繰り返し。
それがまたなんともエロい。
好きな男に見せる、誘うようなエロい顔を見せてもらいました。

「ちゃんと前儀したら大丈夫だよ」

何度も握り直したりしていたので、マジで大きさに驚いてるようでした。
実は俺も、入らなかったらどうしようって不安はありました。
今まで何人もいたし、痛いってよく言われましたから。
我慢してヤラせてくれても、途中で血が出ちゃったりする子もいたぐらいです。
もう一回りでも小さかったらって毎度思います。

十分濡らすためにクンニする事にしました。
指を3本ぐらい入れて広げてやれば、少しは入れやすいですから。
クンニし始めるとまた彼女は喘ぎ出しました。
指を入れ、Gや奥を刺激しながら、クリを吸ったり舐めたり。

んあぁ……っ……は……、あぁ……っ……

ッ…………! はっ、んん……っ……あぁぁ……っ……

あぁっ!ダメッ!ダメッ!!んはっ!!ダメッ!!

指を2本に増やしてGを擦りあげました。もちろんクリも吸いながら。
そしたらダメダメ言い出したかと思うと、ビュッ!ビュッ!と潮が出てきたんです。
クリを舐めてたもんだから、顔にまで飛んできちゃって、指を抜くと凄い出てきました。
まさにビシャッ!ビュッ!って感じでした。
透明でニオイもない液体でしたが、顔面に浴びちゃったのはキツかったです。

バスタオルで顔を拭き、ケツの下に敷いて、また指でイジってやりました。
今度は舐めずに指だけで。
これがまた面白いほど出るんです。
ジュッジュッジュポッジュポッビュッ!ビュッ!
こんな擬音じゃ伝わらないと思いますがこんなイメージです。
途中からジワジワ出始めて、最後はビシャビシャ出ちゃうんです。

その間彼女は、いやぁっ!!!出ちゃうっ!!出ちゃうっ!!と仰け反ってるだけ。
綺麗な顔してなんてエロい子なんだと思いました。
潮をふき慣れてるってぽいし、初対面の俺に遠慮もないし。
さすがに2回ばかし大量に出た後は、ジュルジュル・・・としか出てこなくなりました。

「いつもこんなに噴いちゃうの?」

「はい、、、、ごめんんさない、、、、」

「いや、嬉しいよ。感じてくれてエロくて可愛いし」

肩で息をしながら、しばらく彼女は放心状態でした。
俺も隣に横になって、復活するまでタバコを吸っていました。
2本吸ってる途中で彼女が復活してきて、潤んだ目で見つめながら下にさがっていきました。

ホント大きい、、、、入るかな、、、、

いつも彼氏がそうしているのか、タバコを吸ってるのに構わずフェラし始めました。
まさに王様気分です。
しかもこのフェラがうまい。
男の目線をしっかり意識してるのか、四つん這いでケツをクイッと上げて舐めてるんです。
竿を舌でペロペロ舐めて、裏スジも亀頭もベロンベロン舐めてるんです。

ングッ、、、と言いながら亀頭を咥えて、口の中で舌で転がしていました。
亀頭から少し下辺りまでが限界らしく、苦しそうな声を出しながらしゃぶっていました。
どうもこの子、フェラが嫌いじゃないらしい。
舐め方が仕込まれたのかかなり丁寧で、激しく優しくのリズムが抜群なんです。

起き上った俺は両手でオッパイを揉みながら、極上のフェラを堪能してました。
まだ体は敏感だったらしく、乳首コリコリするとチンコ咥えたまま喘いでました。
こりゃたまらん!と思い、極薄のゴムをつけてもらい、再度アソコをベロベロと舐めて濡らしました。

「痛かったら言ってね?」

亀頭を入口に軽く押し当てると、彼女の方から腰を沈めて手伝ってくれます。
ゴムの潤滑油のおかげで、亀頭がニュルンと入りました。
入った瞬間、彼女が「ひっ!!」と声を出してました。

じょじょにじょじにゆっくり動かしながら、ちょっとずつ奥へ入れていきました。
入れて抜いて、少し深く入れて抜いて、また少し深く入れて、の繰り返しです。
彼女は「んっんっ、、、んっ」と唸っていました。

「痛い?」

「だいじょうぶ、、、です、、、、はぁう、、、」

2/3ぐらい入れた時点で、彼女の一番奥に到達しました。
いつもそんなもんなのでそのまましばらく動かずにいました。
大きさに慣れさせるために、じっとそのまま入れておくんです。
キスをしながらそのまま動かずにいました。
すると彼女の方から少し腰を動かし始めてきたんです。

動かすと言ってもグイグイではなく、少し腰を引いてまた戻すみたいな動きです。
そう動かされると1/3ぐらいは出し入れしちゃうんです。
大丈夫なのかと思って、俺もゆっくり動かし始めました。
ゆっくり引き抜いて、またゆっくり奥まで突き刺す。
これだけの動きなのに、彼女は唇をワナワナさせて歯を食いしばってました。

初めは痛がってるのかどうか分かりませんでした。
でも動きを早くしていくと、感じてたんだと分かりました。
久し振りのセックスで綺麗な子相手ですから、俺もマジで興奮してます。
だからだんだん普通に激しく腰をふり始めたんです。
子宮にズッ!ズッ!と亀頭が突き刺さるような感じで、普通に出し入れしました。

彼女が豹変したのはバックでした。
ケツを突き出させ、両手でケツを左右に開きながら、亀頭まで抜いて奥まで刺してやったんです。
しかも時々奥を亀頭でグリグリかき混ぜてやりました。
途中から言葉にならない喘ぎ声を出し始めて、終いには泣いてるのかと思うような声を出してました。
ビックリしたのはGに当たるような角度で出し入れしてた時です。

勢い良く抜いた瞬間、ビュシュッ!とまた潮を噴いちゃったんです。
しかも入れて抜くとまたビュシュッ!と出る。それが何度も続くんです。
もう俺の太ももは潮でベッチャベチャでした。
その間彼女は枕に顔を埋めて何かを叫んでました。聞き取れませんでしたが。
何度か潮を噴いた後、彼女はうつ伏せのままピクッピクッとしたまま倒れてしまいました。

仰向けにさせようとしましたが、完全に脱力しています。
失神してるのかと思いましたがそうではないようなので、強引に仰向けにしました。
ここでホントは騎上位をして欲しかったんです。
でも無理だと思い、正常位でまた入れました。

チンコをズズズッと入れていくと、閉じていた目がキッと開き、俺の顔を見つめながら口がワナワナしてました。
その口に吸いつき、そのままガツンガツン腰を振りました。
彼女はぶら下がるように、俺の背中に手を回してきました。
頭を抱き締めるようにして、最後まで突っ走りました。
もう彼女は喘ぐというより「んああっぁぁぁぁぁぁ!!!!!」という雄叫びっぽく叫んでました。
「イクよ?イクよ?」と耳元で言うと、頭を「うんうん」と振り、また叫んでました。
正常位でゴム射して余韻に浸っていると、彼女は俺に抱き付いたまま体を震わせていました。

俺がシャワーを浴びた後も彼女は全裸のままベッドで横になってました。

「あと30分ぐらいで12時だからシャワー浴びないと」

「っんぁ、、、はぁい、、、、」

彼女は起き上って立とうとして、よろけながらフラフラしてました。

「大丈夫?」

肩を貸して彼女を風呂に連れて行き、張ったお風呂に入れました。
1度入ったけど俺も一緒に入って、彼女の首筋や胸やアソコを指で撫でて洗ってあげました。
乳首やアソコを触るとビクンっと反応するので、優しく洗ってあげました。
タオルで体を拭いてあげたけど、彼女はやっぱり足がガクガクして歩けないっぽい。
こりゃ~タクシー代出すしかないなって思いました。

ベッドに腰掛けてブラを付けてた時に、彼女の携帯が鳴りました。
携帯を見た彼女は「彼氏だ!喋っちゃダメだからね!」と急に真顔になりました。
電話に出た彼女がまたウケた。

「もう家だよ~ゆう君は?」

「えっ?そう?うん、、、うん、、、、」

普通に会話してるんだけど、微妙に呂律が回ってない。
立ち上がろうとしてフラついて、ベッドの上に少し転がっちゃったりして。

「だいじょ~ぶだよぉ~~寝転んだだけぇ~」

なんて言い訳してたけど、足にきてて力が入らないらしい。
俺はタバコを吸って音を消したTVを見てた。
この電話が長くて、終電の時間になっても切る気配すらない。
タクシーだなって思ってたから、俺は気にせずTVを見てた。
やっと電話を切ったのは終電から30分以上経過してから。

「途中で電話切れなくて、、、、ごめんなさぁい」

かなり復活したらしく、タオルで下着姿を隠しながら女の子座りしてた。
これがまた可愛い。

「もう終電無くなっちゃったね。どうする?」

「う~ん、、、、捨て丸さんはどうします?」

「帰るならタクシーで帰るし、このまま泊って朝帰ってもいいかな」

「彼氏には家にいるって言ったし、、、、アタシもどっちでもいいかなぁ」

「じゃ、どっちにしてもビール呑んで考えますか」

備え付けの浴衣を羽織った彼女と、とりあえずビールやサワーを呑み始めた。
呑み始めてしばらくすると、もう泊っちゃうかぁ~ってお互い笑いながら決めた。
セックスしたからなのか、彼女は数時間前とは違ってオドオドした緊張もなく自然だった。
ルームサービスでたこ焼きとかオツマミを注文して、まったり呑む事にした。

彼女が云うには、前儀以外であんなに潮噴いた経験も無いし、失神しそうになったのも初めてらしい。
「初めてで俺のチンコを痛がらない子も珍しいよ」って言うと
「アタシって緩いのかな」って寂しそうな顔をしてた。
「緩かったら彼氏イカないでしょ?緩いんじゃなくて素質があるだけだ」って慰めてた。
実際指を入れて緩いなんて事も無かったし、ただ単純に順応できただけだと思う。

「もしかしたら彼氏のじゃ物足りなくなっちゃうかもよ?」

「えぇ~~それは困るぅ~」

困るとかいいながらニヤついた顔して、それがまた可愛いというかエロい感じ。
話してて分かったのは、彼女は結構なマゾだって事。
恥ずかしい事も好き、少し強引なのも好き、拘束されてるのも少し苦しいのも好き。
終いには命令されたり犯される系も好きだと質問で段々分かってきた。

彼女がトイレに行きたいと言い出したので、俺は意地悪して付いて行った。
「ついてこないでよぉ~」とモジモジしていたが、漏れそうになり俺の目の前で便座に座った。
音を出さないよう「恥ずかしい」とうつむきながら、チョロチョロと音を出しながらしてた。

「音が聞こえるなぁ~」「こっち向いてみなよ」「ションベンしてるの見られてどう?」

面白がって質問していると、彼女は顔を赤らめながらモジモジしっぱなし。
うつむく顔を持って、そのままキスをした。
チョロチョロ音を出しながら彼女は舌を絡めてきた。
意地悪をしてやろうと、キスをしながら彼女の下っ腹をグッと押した。
そしたら「いやっ!」といって、ジョロジョロジョロ~と勢い良く出し始めた。

「そんな音出しちゃってみっともないなぁ。まだ出るの?」

勢いを止めようとしてたみたいだけどダメみたいで、一気に放尿してた。
キスをすると猛烈に彼女は舌を絡めて、放尿しながら首に腕を巻きつけてきた。
これは思った以上に変態かもと、内心ホクホク状態だった。
放尿が終わって目の前で足を広げて拭いてる姿を見た。
そして恥ずかしそうにソファーへ戻って行った。

「ねぇ?もしかして彼氏には見せた事のない欲求があるでしょ?」

「えぇ~~?そんなのないよぉ」

「例えば縛られてケツを引っ叩かれたいとか、外でしたいとか、オモチャ突っ込まれたいとかさ」

照れてるのか「えぇ~」とか考えるフリをして彼女が最終的に言った事。
それは「お互いに目の前でオナニーしたい」という変態プレー。
これには「えっ?マジ?」とキョトンとしそうになった。
昔元彼の部屋でみつけたAVで、そんな内容のがあったらしい。
見たときからずっといつかしてみたいという願望があったんだって。

お互いに面と向かって座って、足を開いてオナニーを目の前で見てもらう。
やらしいとか言葉攻めもしつつ、舌を突き出してキスをしたりしながら、互いにオナるらしい。
最終的には我慢できなくなって入れてもらって、最後は口元に精子をたっぷり出されたいとか。
そんで頭を掴まれて無理やりチンコを綺麗にしろと舐めさせられるっていう内容。
初めてそんな事を他人に話したと、二人してゲラゲラ笑いながら酒を飲んだ。

お互いに500mlを3本呑んで軽くほろ酔い。
「また失神したくなってきた?」とカラかい半分で聞いたら満更でもない。
お互いに欲求に素直になってきたし、自然な流れでエッチ再開。
やっぱり願望を叶えてあげなきゃだから、目の前でオナらせてみた。
彼女はオナニーしてて、俺が手伝って全裸にした。

初めて目の前でオナニーを見た。
オナりながら俺を見る目がすげぇ~エロくて、俺の息子もギンギン状態になってた。
それを目の前で見せつけながら、シコシコと俺もシゴいた。
シゴくチンコをガン見しながら、彼女は大股開きでオナってる。
言われたように言葉攻めをして舌を突き出させ、舌を舐めまわしたりして楽しんだ。
顔の近くにチンコを持っていってシゴくと、我慢できない顔になって舌を出してくる。
その舌に亀頭を擦りつけたりしながら、彼女のオナニーはエスカレートしていってた。

四つん這いにしてオナらせながら、ケツをパシッ!と引っ叩くと喜ぶ彼女。
左右にガバッと開いてケツの穴を舌先でペロッとすると、アソコがヒクヒク動いてた。
その膣に指を入れて、片方の手でクリトリスをイジってオナってた。

極薄ゴムをコッソリつけて、たっぷりツバを馴染ませて準備万端。
備え付けの部屋着を捩じって、四つん這いでオナってる手を掴んで腰の方に回して縛った。
「いやっ!だめっん!」とか甘い声で一応拒絶してたけど、自主的に縛られてた。
軽く縛った状態にしてそのままバックで突っ込んだ。
ツバをたくさんつけておいたからなのか、オナっててドロドロになってたからなのか、さっきよりスムーズに奥まで入って行った。
後ろ手になっている手を押さえ、初めからガッツンガッツン突いた。

荒々しくされたいって言ってたから、今度はわざと荒々しくセックスをしてみた。
バックでやっぱり雄叫びのような声で叫んでたけど、今度はさっきより短めで終了した。
仰向けにしてそのまま抱き抱え、座位で入れて腰を振らせた。
そのまま倒れこんで騎上位。
騎上位で奥まで突き刺さるので、彼女は垂直に座ってられないようだった。
俺の方に倒れ込んできちゃってて、しかも口の周りやホホ、アゴまで舐めまわされた。

下になったまま抱き締めて、腰を突きあげまくった。
ここで彼女、歯を食いしばって唸ってたかと思ったら、失神しちゃいました。
全体重が乗ってきて声がやんだから変だと思ったんだけど、普通に失神してました。

ちょっと焦った俺は仰向けに寝かせて、ホホをピタピタと叩いて肩を揺らしたりした。
「んっ!んっ!んっ!」と反応が出始めて、カッ!と目が開いたのでびっくり。

「大丈夫?失神してた?」

「はぁっ、、、、んっ、、、、」

その後正常位で入れて、最後の激しい突きでまた軽く意識が飛んでたみたい。
イキそうになってゴムを取って、願望通り口のとこで射精した。
彼女はAVみたいに口を開けて舌を出して精子を受け入れようとしてた。
でも口の感覚がないのか、小刻みに口が震えてた。
精子が首の方に流れて髪に付きそうだったのを手で押さえ、そのまま胸に塗りたぐってやった。
そんで頭を掴んで口にねじ込み、強引にしゃぶらせた。
精子を最後まで吸いつくすように、舌を上手に使いながら舐めてくれた。

彼女を風呂場に連れて行き、精子を洗い流して、倒れるようにして2人で寝た。
2時間ぐらいしか寝れなかった。
ホテルを出る前に彼女にサポを渡して、2人で仲良く駅に向かった。

その日のうちに彼女からメールがきて、お礼と良かった感想をもらった。
サポだしその後メールするのは変かなと思ってたけど、彼女は普通にメールしてきてた。
朝と夜に普通にメールくるから、なんかサポで会った感じじゃないみたいで。
会ってから1週間ちょっとたって、また呑みに行こうって誘われたし。
サポだと思ってたから「また2?」って聞いたら、「今は大丈夫」らしい。
という事はサポ無しでセックスか?と期待してる。
仕事が忙しいから、来週会う約束しました。
どうなるか分かりませんが、また面白かったら書き込みます。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/74-07fea739
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。