FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯の出会い系サイトで、2つ年上の女と仲良くしてた時期がありました。
何度か飯食ったりした後友達を交えて合コンとかもして、最終的にはセフレになった女です。
彼氏がいるとか言ってたくせに、酒が入るとエロくなる典型的な尻軽女。
しかも相当エロい女で、性欲がハンパない。
バックで突き上げながら『彼氏いるんだろ』とか苛めると、『ゴメンナサイ』とか連呼しつつ喘ぎまくる。
ドMって事もあり、縛りやバイブ、野外は余裕でヤル女でした。

 

 

見た目はそんな変態女っぽくないんです。
どちらかって言うと癒し系なので、友達に言っても『ホントかよ』と疑うんです。
Dカップの美乳も好みだったし簡単な性処理ができるって事で、1年以上も遊んでました。
最後は飽き始めて友達に放流しちゃいましたけど。

会わなくなって1年弱ぐらいした頃、俺にも真面目に付き合う彼女ができました。
付き合い出して3ヵ月かそんな辺りのある日、彼女の家に呼ばれました。
両親が旅行でいないから遠慮無く来て良いって。
まだ結婚なんて考えてもいなかったので、両親がいないのは好都合です。
土曜日の昼に駅で待ち合わせをし、飯を食ってから家に行きました。
彼女の家は一軒家なので、しばらくは1階のリビングでお茶を飲みながらTVを見たりしてたんです。

そしたらトントントン・・・と階段を降りてくる音が聞こえたので聞いてみると、お姉ちゃんがいると言う。
お姉ちゃんがいるのは知ってましたが、家にいるとは聞いてませんでした。
軽くキョドっている間に扉が開き、彼女の姉が登場しました。
んで顔を見た瞬間、互いに凍りついてしまいました。
なんと現れたお姉ちゃんは1年ほど前までセフレだった女だったから。

彼女は何も知らずに『彼氏の・・・』と紹介してくれましたが、俺も元セフレもキョドりまくり。
そりゃそうですよね。なんでお前がここにいるんだ?って互いに思ってたと思うし。
ぎこちない挨拶の後すぐに元セフレは部屋に戻って行きました。
それから気になりつつも彼女と過ごし、当然のように彼女とイチャイチャが始まりました。
ちょっと元セフレが気になりましたが・・・彼女に変だと思われないようイチャつきました。
姉が姉なら妹も妹なんです。
付き合い始めの頃は恥ずかしがっていたくせに、その頃にはかなり積極的になっていました。
しかも姉とは違って少しSっ気もあり、男が感じてる姿を見るのが好きなんです。
毎回フェラで寸止めプレーをしてくるし、騎乗位でも寸止めを楽しむ子です。

お姉ちゃんがいつ降りてくる分からないから・・・っていう状況に興奮するのか、彼女は艶っぽい笑みを見せながらフェラを始めてきました。
カリ首を執拗に舐めまくる彼女に興奮してしまい、敏感な乳首を指先で刺激してやりました。
もうこうなると止まらなくなり、唾液で濡れたチンコに跨ってきた彼女と座位で挿入。
ベルトがカチャカチャと鳴っていましたが、それ以上に彼女の腰振りが猛烈です。
激しくベラカミまでしてくる彼女は、普段以上に興奮してたんだと思います。
子宮に亀頭がグリングリン当たり、その都度彼女は声を押し殺しながら悶えまくり。
その時廊下へ続くリビングのドアに人影を見ました。
ちょうどガラスになっている部分があったんですが、そこに人影が映ったんです。

少し暗くなっている影が映っていたので、お姉ちゃんがそこにいるだとスグに分かりました。
しかもお姉ちゃんは扉の横に立っているらしく、どうやら音を聞いてるっぽい。
彼女は背中を向けているので分かっていませんでしたが、俺にはもう完全に丸見えって感じでした。
あの変態で性欲ありありの姉だから、もしかしたら盗み聞きしながらオナってるのかもしれません。
そんな事を想像してたら俺まで興奮してきちゃって、彼女の腰を掴んで激しく動かしました。
思わず彼女はいつもの様な喘ぎ声を出し始め、口を手で押さえつつ腰を振りまくる。
子宮に当たる様に腰をグラインドさせると、彼女は軽く痙攣しながら昇天していきました。

まだまだぁー!って感じで彼女をソファーに四つん這いにさせ、後ろからブチ込んで腰を振りました。
『クリトリス触れよ』いつも言うんですが、そう言われるのを待ってる彼女。
言われてクリを弄り始め、バックでバンバン打ち付けるとまた昇天しました。
『お姉ちゃんに声聞こえるぞ』そう言いながら執拗に子宮を擦り上げました。
最後の方は悲鳴のような喘ぎ声になっていたので、姉には丸聞こえだったと思う。
『言えない!言えない!』と拒んでいた言葉も、最後には『オマンコ気持ちイイの!』と言ってましたしねw
ガチガチになったチンコを抜いてそのまましゃぶらせ、俺も出そうと正常位で挿れました。
その直後上の廊下を歩く音が聞こえてきました。

その音に焦った彼女は強引にチンコを抜き、急き立てるように洋服を直されました。
ベットリ濡れたチンコに不快感を感じつつ、仕方なくジーパンを穿きました。
ちょうどソファーに腰掛けた時に姉が入ってきて、妹に何やらゴニョゴニョと言い始めたんです。
『ちょっとトイレ行ってくる』俺はそう言ってトイレに向かい、便器の上にある水道の水でチンコを洗いました。
綺麗にして戻ってみると、彼女が上着を着て出掛けようとしてるんです。
『すぐそこのおばあちゃんの家に行ってくる』そう聞いた時、思わず姉の顔を見てしまいました。
絶対姉が頼んだに違いありません。
シレーっとした態度の姉でしたが、彼女は10分ぐらいで戻るからと急いで出て行きました。

彼女が玄関を出た瞬間『なんでアンタがいるのよ!』と睨まれました。
『つーかさっき盗み聞きしてただろ?何してんだよ』
『アンタ達が人の家であんな事してるからでしょ!』
『聞きながら興奮してたくせに』
『何言ってんのよ!もう妹が帰ってきたら出て行ってよね』
『はいはい分かりましたよ』
『ったく・・・何なのよ・・・もうっ・・・』
『そういえばさっき俺イッてないんだよなぁ~』
『ちょっ・・何言ってんの?バカじゃないの?』
『ほら、まだおさまってないし』

会話しながら姉が完全に嫌がってるようには見えませんでした。
だから軽く誘ってみようと股間を摩りながら会話を続けました。
股間をチラチラ見ながら俺を睨んではいましたが、どうやらマジで興奮してるっぽいんです。
だからそのまま強引に腰を抱き寄せ、キスをして舌を捻じ込みました。
すぐに観念した姉は舌にしゃぶりついてきて、玄関先でディープキスが始まりました。
胸を揉みながらケツを鷲掴みにすると、ヘナヘナと力が抜けて行きます。
しゃがませて勃起したチンコを見せると『妹にさっきまで入れてたんでしょ!』とまた睨まれました。
『大丈夫だよ、さっきトイレで洗ってきたから。ほら、綺麗だろ?』

ジロジロとチンコを観察する姉の頭を掴んで、強引に口に捻じ込みました。
軽いイラマチオが大好きなので、イヤっとか言いつつ想像通りしゃぶり始めました。
さっきまで妹に入れてたチンコを、今度は姉がしゃぶってるぞ・・・そう思うとヤバいぐらい興奮します。
『最近ヤってる?』『してない・・』『友達と別れたの?』『忙しいって・・』『どれくらい?』『2ヵ月ぐらい・・』
しゃぶりながら懸命に俺の質問に答える姿は、もう以前と同じ変態女そのものでした。
『しゃぶりながらオナってみな?妹が帰ってくるかもよ』
嫌々言いながらもオナニーを始める姉は、この状況を楽しんでいるように見えました。

下駄箱に手をつかせて愛撫もせずい立ちバックで入れました。
誰もいないとはいえデカい声で喘ぎまくるので、逆に俺が心配になってきました。
だからチンコを挿れたままリビングへ移動し、さっきまで妹としてたソファーに移動しました。
座って勃起したチンコを見せると、姉は躊躇も無く上に跨ってきます。
そのまま挿入し、妹とは比べ物にならないほどの腰振りを見せてくれました。
妹はただ激しく腰を振る感じですが、姉はしなやかに振るんです。
『いいのかよ、妹の彼氏だぞ?』
『そんな事言わないで』
『彼氏のチンコが気持ちイイのかよ』
『気持ちイイのっっ』
そんな会話をしつつソファーで腰を振りまくる姉です。

どちらかというと姉の方が膣内の具合が良いんです。
だから久し振りだという事や状況も手伝って、俺が先に限界になってきました。
それを伝えると『イッてイイ』というので、遠慮無く腰振りのサポートをしました。
イク瞬間腰を浮かして抜き、以前の様に姉がチンコにしゃぶりつきます。
そのまま口の中に精子を放出しました。
妹とは比べ物にならないほど上手いフェラ。このフェラでイクのが好きだったんです。
覚えてた姉はリズミカルにしゃぶりあげ、イッた後も丁寧に優しく舐めてくれました。
もちろん精子は全部飲んでいて、それには全く抵抗が無いみたい。

慌しくやったとはいえ、もう10分は過ぎています。
我に帰った俺は急いで服を直し、トイレに行ってまたチンコを洗いました。
洗っている丁度その時彼女が戻ってきてほっと一息です。
リビングに戻ると姉の姿は無く、彼女1人が上着を脱いで荷物をテーブルに並べていました。
姉の目を気にする彼女は、結局その後俺を外に連れ出しました。
だからそれっきり姉とは会いませんでしたが、これから先どうなる事やらと不安も募ります。

これはこの前の土曜日の話です。
実は日曜日に元セフレの姉からメールがあり、強く口止めをされました。
だから『またしゃぶってくれたら言わないよ』と返しておきました。
人生で初の姉妹食いをして、しかもこれから先も食えるかと思うとヤバいっすねw
また姉妹食いをした時には書き込みさせて頂きます。
お付き合い有難う御座いました。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/86-390f05b8
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。