FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学を卒業して就職したのは、地元から遠く離れた地方都市。
今までの暮らしが幸せだったと思えるほど、毎日が寂しく淡々と過ぎる日々。
上司やお得意さんの付き合いでキャバクラには行くが、より侘びしくなるんです。
だから先輩から聞いてた風俗に数回行きました。
でも出てくるのはヤンキーみたいなギャルか30過ぎの熟女系。
「あんまり薦めしないぞ?」
先輩が言ってた意味が分かり、軽くホームシックになりかけてました。

 

 

そんな俺を救ってくれたのが出会い系サイトです。
実は先輩2人も出会い系で遊んでるようで、毎日死神にでも取り憑かれた様な俺を見てられなかったとか言ってました。
風俗なんかよりこっちの方がマシだから・・と。

そうはいっても男がウジャウジャいる出会い系です。
初体験の俺には女の子を取り込むテクニックすらありません。
だから手っ取り早く遊びたいと思うようになり、¥系の娘を物色するようになりました。
学生時代に聞いた事はあったけど、実際にこんなに多くの娘が募集してるとは吃驚しました。
メールを出さずに物色する事数日間、やっとどんな雰囲気なのかが分かってきました。
恐らくヤバい年齢の娘だろうという書き込みや、だいたいの相場も分かりました。
社会人になって早々にパクられたくない俺は、慎重に選んでいました。
そこで見つけたのが25才のOLさんでした。

初めて募集するという内容で、既に男が数人メールしている状況。
いくしかねぇ!とメールを出すと、交渉が始まりました。
あれやこれやとメールし、いざ会う約束にまで漕ぎ付けたんです。
でも条件があって、怖いからいきなりではなくお茶する&捨てメアド。
この警戒レベルは素人だろうと思ったので、俺も同じ気持ちだからと伝えた。
善は急げ!って意味が違うけど、次の日の夜に待ち合わせをした。

詳しくは書けないけど、数本の電車が乗り入れている中心部の駅近くに住んでいた俺。
彼女の都合で中心部から少し離れた駅に決まり、仕事終わりの19時に待ち合わせ。
始めていくその駅は寂れていて、交番の横でポツンと立っていました。
待ち合わせから5分ほど過ぎた頃、1人の女性がロータリーの方からやってきました。
駅から来ると思っていた俺は、彼女が近くに来るまで気が付きませんでした。
「加藤さんですか?」
もちろん偽名ですが、名前を呼ばれて吃驚です。
現れた彼女はメガネをかけた女性で、黒っぽいタイトスカートのスーツ姿。
えっ?マジ?と思うほど真面目そうな外見でした。
顔はというと中の上ぐらいでしょうか。
眼鏡の奥にある瞳は気の強そうな鋭さがあり、でもその時は緊張と恐怖が入り混じったような、少しキョドった雰囲気の目だったかなぁ。

信じられない気持のまま、立ち話も何ですから・・と近くのファミレスへ行った。
お互いにほぼ無言のまま30分ぐらいコーヒーを飲んでたと思う。
どうしますか?という話になり、お願いしますと言われました。
近くにラブホがあるというのでそこまで歩き、部屋に入ってからの緊張はヤバ過ぎでした。
交互にシャワーを浴びて、いざセクロスの開始。
バスタオルを取ると、見た目からは想像できなかった巨乳とクビレに大興奮でした。
もっちりしたスベスベの肌に、薄いピンクの乳輪と乳首。
緊張してるからなのか、触る前から勃起しているのが分かりました。
陰毛は普通にモジャモジャ系。
乳首を舐めるとピクンと身体が反応する。

キスはダメみたいなオーラが出まくりだったので、全身を舐めていく事にした。
首筋から胸、お腹を舐めながらアソコを触ると、既にベチョベチョになっていました。
指を入れて動かすと声は控えめだったけど、身体は素直に反応していたっぽい。
見た目とは裏腹に、ちゃんと開発もされてるんだなって思った。
でもフェラはヤル気がないのか、ただ単調なしゃぶり上げだけ。
まぁーイイやとゴムをつけて挿入しましたが、途中からの反応にマジで萌えました。

明らかに反応が変わったのがバックで動いた時です。
枕に顔を押し付けて曇った声で喘いでいましたが、自らケツを突き出してくるんです。
激しく突くと悲鳴みたいな喘ぎ声になり、奥と亀頭でグリグリ擦りあげると泣き声のよう。
多分奥を刺激された時にイッたんだと思う。
イクとは言わなかったけど、身体がビビビッっっビビビッっと何度か痙攣してましたから。
イイ~ねぇ~と久し振りに楽しくなって、騎乗位をやってもらいました。
でもこれが失敗。
自分で動こうともせず、ただ下を向いて上に乗ってるだけ。

仕方なく正常位に戻して、巨乳を好きなように揉みまくりながら突きまくりました。
1時間ぐらいは楽しんだので、そのままゴム内に射精。
彼女は俺が果ててからしばらく放心状態だった。
でも我に返ったように突然バスタオルで身体を隠し、風呂場にいそいそと消えていった。
ホテルを出る時も無言で、駅前で「じゃ・・」と言葉を交わしただけ。
就職してから初めて心から楽しめた時間だったので、どんな出会いであれ満足でした。
それがある日を境に急展開する事になります。

詳細は書けませんが、俺は仕事で高校に出入りをしています。
ある日先輩が休んだせいで、行った事の無い学校へ行きました。
同じような仕事なので特に問題は無かったのですが、彼女とそこで出会っちゃったんです。
彼女は同僚らしきオヤジと書類を抱えて喋りながら歩いてきました。
その時俺も職員と喋りながら歩いていたのですが、先に気が付いたのは彼女でした。
「どうも・・」とすれ違う瞬間、彼女の目がカッ!と見開いたんです。
実はその仕草が無ければ、俺は気が付かずに通り過ぎたと思います。
でもその表情のお陰で、俺も「あっ」と思わず声が出てしまいました。

彼女は瞬間的に持っていた書類で顔の半分を隠し、そのまま通り過ぎていきました。
俺も職員の声なんて頭に入らず、心臓をバクバクさせながら意識無く歩いて行きました。
ワザとらしくないように振り返った時には彼女はおらず、渡り廊下はガランとしています。
気になり過ぎるので、思わず職員の人に何となく探りを入れてみました。
分かった事は、彼女の名前と教えている教科だけ。
その日ずっと頭から彼女の事が離れずにいました。
メールしようか、それとも待つべきか。
俺なんかとは比べ物にならないほど彼女はバラされたくないだろうし。
なぜ私立高校の教師が、あんな行為をしていたのかも気になりました。

半日ぐらいそんな事ばかり考えていると、17時過ぎに彼女からのメールが届きました。
内容は想像通り「内密にお願いします」というメール。
かなり切羽詰まっている様な、まさに懇願するメール内容だった。
メールを読んで思いました。
これは利用できるんじゃないかと。
もしうまくいけば、都合の良い性処理相手になるかもしれない。
別に特別変態的な行為をしたり嫌がる事をするつもりは無い。
もう1回ヤッてる事だし、彼女だって諦めもつくだそうって。
初めが肝心だと思ったので、初っ端のメールからプレッシャーをかけました。

「藤崎先生、奇遇でしたね。同僚が休みだったもので、急きょお邪魔させて頂きました。廊下で会った時は吃驚しましたよ。まさか¥交した相手が▲▲高校で日本史を教えているだなんて。また近々学校でお会いしたいですね」

こんな感じのメールを送りました。
すると速攻で返信がきました。「勘弁して下さい」って。
「また連絡しますので、ちゃんとしたメアドと電話番号を教えて下さいね」
そう伝えると、すぐにdocomoのメアドと電話番号が送られてきました。

次の日になり休んでいた先輩が出社してきたので、ある提案をしてみました。
昨日行った学校の職員と食事でもしません?と。
なんで?と不思議そうに聞かれたので、廊下で気の強そうな女教師を見て・・・と答えました。
気に入ったんだな?と先輩はニヤニヤし、実はと他の女教師の話をしてきました。
音楽教師で30代の人妻らしいが、妖艶な色気があって前から気になっていたという。
どう誘ったのか先輩はうまく2人の女教師を誘い出してくれました。
余分な男の教師も3人ばかり付いてきましたが、ほとほと感心してしまいました。
先輩の誘いが彼女に伝わった日の夕方、やっぱり彼女の方からメールがありました。
「本当は伺いたいのですが、大切な用事があるので行けそうにありません」
そんな感じのメールでした。俺とは顔を合わせたくないってバレバレです。

だから返信したんです。
「それは残念でした。それでは他の職員の方々とお酒でも飲んで楽しくお喋りしますよ」って。
やっぱり「私の事はどうか・・・」と懇願メールが届いたので、酒を飲んだら分からないじゃないですかと軽く返信。
諦めたんでしょうね、2日か3日後に「やっぱりお伺いします」という返信が来ました。
自分がいないところで同僚にアレコレと聞かれたくないじゃないですか。
そーなるだろうと思ってはいましたが、メールを見て思わずニヤッとしてしまいました。

先輩は凄く楽しみらしく、顔を合わせば食事会の話を楽しそうにしてきました。
「でも結婚してるならヤメた方がイイんじゃないですか?」
何かあったら先輩だってクビになるだろうし、そう簡単に手を出してイイのか?と。
すると自慢そうに先輩はいろんな過去の話を教えてくれました。
過去に既婚者の職員と関係を持つ事3回、セックスレスが多くて転がれば超簡単なんだという。
1人1人の落としていった過程なんかを聞きつつ、ようやく食事会の日になっていった。
「お互い勝手に頑張ろうな」とか言われて苦笑いしかできんかったが。

先輩の段取りは無駄が無く、個室の部屋から酒の種類、2次会のカラオケまで全て準備済み。
接待の経験がほぼゼロの俺は、大人ってスゲーなーと感心しっぱなしだった。
やってきた教職員のオヤジどもは、タダ酒という事で呑みまくりです。
それも作戦のうちらしく、まずはオヤジから潰しにかかるらしい。
俺は陽気なオヤジ軍団も楽しくて、彼女を放置して飲んでました。
先輩は自然な感じで音楽教師と談笑をしていて、言われていた通り色気のある人でした。
もう何も喋ってこない俺を見ながら、彼女はムズムズした思いだったと思います。
酒もほとんど飲んでなくて、先輩やオヤジ達の話に愛想笑いをしながら相槌をしてるぐらい。
ただ会う前にもメールで「内密に」と言われてましたから、その心境を焦らしてる感がなんとも言えない興奮を覚えさせてくれました。
焦らしに焦らして「何でも言う事を聞きます」という状況に追い込みたい。
マンガのような妄想をしつつ、俺はオヤジ達の相手をしていました。

ちょっと刺激をと思った俺は、オヤジ先生達に会話をフリました。
「最近の子供たちって大変じゃないですか?真面目そうに見えて、実はそうじゃなかったりして。出会い系サイトとかいろいろ問題になってますもんねぇ」みたいな。
「そうなんですよ!」と1人の先生がのってきて、高校生の¥交話になりました。
その間彼女は明らかにキョドった目で狼狽しています。
「藤崎先生はどう思います?」
わざと俺が会話を振ると、「えっ?あっ!はい!」とキョドりまくりでした。
もうその反応を見て楽しくてワクワクしまくりです。

この時初めて知る事実がありました。
1人のオヤジ教師が「藤崎先生にはスポーツマンの彼氏がいますからな~」という言葉。
一瞬顔を見ると、ドン底みたいな表情をしていたのに気が付きました。
「へぇ~同僚の方なんですか?」と俺。
「あっ、いえ」と彼女。
でもすぐに「もう今は他の学校に行っちゃったんですよねー」とオヤジ。
これは良い事を知ったと、内心ニンマリでした。

2次会のカラオケでは、オヤジ達は超ハイテンションンでした。
1人の50代かそこらのオヤジが、クイーンを歌い出して爆笑。
なんせあのキモいフリを、超真面目に踊りながら歌ってたんです。
いかにも「俺ってカッコイイだろ?」と言わんばかりで、あんなに笑ったのは久し振りでした。
気が付くと先輩はしっかり音楽教師の隣に座って、かなり至近距離で会話を楽しんでいます。
彼女はというと手拍子をとったりしながら、一応は楽しそうな素振りを続けていました。
俺はトイレに立ち、彼女のメールをしました。ちょっと出て来てよと。
トイレへ曲がる廊下の角で待っていると、急いだ様子で彼女がやってきました。

「もう疲れた?」
「いえ、平気です」
「今日は彼氏の家に行くんですか?」
「あぁ・・いいぇ、帰ります」
「それじゃー休憩しましょうよ」
「それは・・ちょっと・・」

「じゃ後でまたメールしますね」と明るく言い残し、俺は先に戻りました。
戻ってスグにメールがあり、勘弁して欲しいという彼女。
シカトしていると戻ってきたので、笑顔で答えてやりました。

やっとカラオケが終わって、終電間際に駅前で解散。
メールで、前に会った駅で待ってると送り、時間差で全員が帰宅の途につきました。
諦めてたんだと思います。
彼女は先に待っていて、無言のままホテルについてきました。
この日の為に4日間抜かずにいたので、部屋に入るなり身体を抱き寄せてキスをしました。
顔を横に振って抵抗してきましたが、後頭部を掴んで強引にキスし舌を捻じ込みました。
必死に歯を食いしばっていたので、「舌出してよ」と目を見ながら言ってやりました。
恐る恐るという感じで少し舌が出てきたので、最大限に舌を伸ばして口の中に入れました。
絡めるというか逃げるような感じでしたが、前回味わえ無かった舌をしばらく堪能。
そのまま壁に押し付け、胸をジャケットの上から揉みまくりました。
脚の間に太ももを入れ、モモでアソコをグイグイ押し込みつつキスをしました。

抵抗はしなくなったけど、今度は逆に無反応になっていったんです。
全然面白く無くなってきたので、キスをヤメて部屋に入りました。
ビールを飲みながら煙草を吸い出しましたが、彼女は扉の前で立ち止まったままです。
「座れば?」と促してようやく目の前に座った。
しばし無言で見ていると、彼女は想像通りの言葉を言い出しました。
「本当に勘弁して下さい」
「なにが?」
「こういう事を・・」
「お金欲しいの?」
「そういう意味じゃなくて・・・」

ジッと彼女を見ていると、下を向いたまま何も言わなくなりました。
例えばさ・・・と考えてきた話をしました。
「もし公になったら教師は無理だよなぁ、彼氏がいるならもっと大変だし。親も友達もみんな吃驚するだろうなぁー」
独り言のように喋っていると、急に椅子から滑り落ち、床の上で土下座してきたんです。
「本当に許して下さい、お願いします、お願いします」
「いやいや、俺はそんな鬼じゃないから。バラすわけないじゃん。例えばって話だよ」
「お願いします。勘弁して下さい」
「うーん・・・どうしようかなぁ~」
「あの・・・好きにして下さって結構ですので・・・」
「ん?それって身体をって事?」
「はい・・・だから・・・・・お願いします。」

まるでAV並に都合の良い展開になり、思ったよりも簡単に進みました。
それじゃーさぁーと言いながら立ち上がり、隅にある自動販売機の前に行きました。
そこにはローションやらローターなどのオモチャが入っています。
その中からピンクローターを購入しました。
「これを使ってオナニーしてくれる?目の前で」
彼女は恐怖に震えるような表情で、まさに唖然とした顔をしていました。
「ヤルよりその方が良くない?彼氏の為にもさ」
「ねぇ?どうする?それとも生で入れちゃう?」
結局彼女はローターを選びました。
「でもその前に」とシャワーを浴びに消え、俺は次の作戦に移行しました。

部屋を暗くしたら見えないなと確認しながら、2つのデジカメをセットしたんです。
そんな鮮明に映らないけど、1時間近くは撮影できるし。
彼女が出てきた音がしたので、急いでスイッチを入れて撮影を開始しました。
バスタオル姿で出てきた彼女をベッドに寝かせ、全裸にしてローターを渡しました。
「分かってると思うけど、本気でイカない限り終わらないからね?」
やはり初めのうちはチンタラとやっていました。
でもこうしないと!とMAXにしてクリトリスに当ててやりました。
ちょっと刺激が強いらしいので、中ぐらいのレベルでクリトリス直撃。
次第に気持ち良くなってきて諦めたのか、横を向いたままオナり始めました。

「すげぇ~アナルにまで汁が流れてるよ」
「乳首が勃起しちゃってる」
「彼氏じゃない男の前でオナニーして凄いね」
と明らかに恥辱的な言葉を連呼してやりました。
するとモゾモゾ腰を動かしたり、クリトリスや膣穴付近に自ら当て始めました。
気持ち良い~んだぁ~と乳首をペロンと舐めてやると、「ひぃっんっ!」と変な喘ぎ声。
一瞬俺の方を向いたけど、すぐに壁を向いてしまいました。
だから今度は乳首にしゃぶりつく様にして舐めると、「はぅっうっうっんっ」と高反応。
前回よりも乳首がコリコリになってるのが分かり、なぜか凄い優越感に浸りました。

脚を広げさせて丸見えにさせ、クリにローターを当てさせながら指を挿入。
もう喘ぎ声を我慢するのに必死らしく、時々「あっ」とか「あぅんっ」と喘ぐんです。
「イク時はちゃんとイクって言わなきゃもう一度させるよ」
「はいっ・・・」
中指でG辺りをクイクイ押し込むと、濡れ方がハンパじゃなくなってきました。
そして遂に昇天する合図を送ってきたんです。
「もうっ・・イキそうですっ」
「はい!ストップー」
「んえぇっ?」
「教えるの忘れてた。イク時はちゃんとこうお願いしてね?」

「ユウコ(仮名)のオマンコが気持ち良くてイキそうです。
お願いですからイッても良いですか?」
そういうんだよ?分かった?それでイク時は思いっ切り「イクッ!」って言う事。

そんなような説明をしながらも、指は動かし続けていました。
もう早く終わって欲しいでしょ?だったら善いなよと。
彼女はまたローターを当てると、1分もしないうちに懇願してきました。

「ユウコのオマンコが・・・」って。
「イイですかぁ?」
「ダメ」
「えっっ??あぁっ・・えっ??」
「イッたらダメだってば」
「いやぁーぁーっ・・だめっだめっ!イッちゃうっ!イッックゥッッッ!!!」

ローターを離したので押さえつけて押し当てると、彼女はそのまま昇天してしまいました。
「ダメっていったのに何でイクの?」
「はぁはぁはぁ・・・・だって・・・あぁ・・・」
「藤崎ユウコ先生はとんでもない変態だねぇ?」
「そんな・・・」
「あれ?違った?」
「いえ・・変態です・・・」
「誰が?」
「アタシが・・・」
「だれ?」
「ユウコです・・・」
「藤崎ユウコでしょ?」
「はい・・・・」

指を入れっぱなしだったので、また動かし始めました。
するとさっきイッたくせにまた反応してくるんです。
ダメとかヤメて下さいとか言ってる割に、足は軽く開いてるし掴んでくる手も力無い。

指を2本にして強引に指を動かしまくると、完全に受け入れ態勢OKになってた。
だからすぐにトランクスを脱ぎ、勃起したチンコを顔の方に近付けたんです。
「命令聞けなかったんだから舐めて?」
横になって崩れたようなシックスナインのスタイルで、彼女はフェラチオを始めた。
指マンを小刻みにやりながら、足の付け根辺りにマーキング。
彼氏が気付いたら・・・と思うと完全にフル勃起した。

「ちゃんと命令通りにしてくれたら入れなかったのに」
言いながらゴムを付け、壁を向いている彼女に言った。
抵抗する気もないらしいので、そのまま正常位で合体した。
汁まみれで濡れ濡れだったので、スムーズに咥え込んでくれた。

軽く正常位を楽しんだ後は、やっぱりバックにもっていった。
「クリトリスに当てるんだよ」とローターを渡した。
彼女は突かれながらクリオナを始め、それがまたドツボだったみたい。
初めこそ我慢してたくせに、最終的にはやらしく喘ぎまくり。
子宮をグリングリン揺さぶってやると、絶叫に近い声で喘ぎまくる。
遂にはまたもや「イッちゃいますぅぅっっっ!!!」とか言った直後に昇天しちゃうし。
どんだけだよと思いながら、子宮を揺さぶり続けた。

グッタリした彼女を上に抱き、強引に騎乗位で入れた。
抱き締めながら始めは腰を打ち付けてたけど、復活したようなので腰を振らせた。
「本当は動けるんでしょ?動かないと帰れないよ?」
嫌々始まった騎乗位だったけど、途中からは歯を食いしばって快楽を隠すのに必死。
腰なんて前後にグリングリン動きまくりで、クリが擦れるよう調整までしちゃってた。
「そんなに気持ちイイの?」
「はい・・・」
「なに?」
「気持ち良いです・・」
「だからちゃんと言わないとダメでしょ?誰が?」
「・・・・」
「言わないの?」
「藤崎・・ユウコ・・・のっ・・・オマンコがっっ・・・イイですっっ」

途切れ途切れだったけど、はっきりとそう言いました。
だから腰を掴んでグラインドを補助してやると、ダメダメ言いつつまたもや昇天する始末。
正常位で激しく腰を振ってラストスパート中なんかは、舌もちゃんと絡めてくれた。
自然に俺の背中に手が回り始め、完璧に我を忘れてるっぽかった。
その征服感に興奮した俺は、その後すぐに放出した。

申し訳ない。
長くなって迷惑みたいなんで、ここからは掻い摘んでいきます。

かれこれもう半年以上経過するが、今では完璧俺の奴隷と化しています。
初めは「ローターでイッてないから」と変な理由を付けて呼び出していました。
会う度にイカせまくっているうちに、もうどうでも良くなったんじゃないかな。
イキそうなのを何度も焦らした時に「肉便器になります」とかも言わせちゃったし。

コイツは相当な素質の持ち主らしく、性欲に限界がないっぽい。
最高一晩で10回近くも昇天してたぐらいで、生で入れると狂ったようにイキまくる。
「中はダメ」とそこだけは頑なに拒否するお陰で、毎回精子を飲ませる事もできる。
バイブ突っ込んでパンツを穿かせ、フェラ抜きしないと抜かないっていうプレー。
初めは猫かぶってただけで、実は普通にフェラ上手かった。
だけどバイブ入れてるとそれだけで昇天するから、咥えたまま涙目でイキまくってました。
彼氏の名前を言いながら謝罪しつつ昇天、みたいなプレーもやってる。
学校で見た雰囲気とのギャップが最高です。
今じゃただの変態エロ女ですから。

そうそう先輩はというと、あの日からしばらくして食っちゃったようです。
妖艶な色気ムンムンの先生は、セクロスも相当ド淫乱らしい。
内緒だぞと写メを見せてもらいましたが、垂れた巨乳が超リアルでした。
やっぱりこういう楽しみがあると、仕事もヤバいぐらい捗ります。
充実し過ぎて怖いぐらいですが、楽しめるうちだけは楽しもうかと思ってます。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/87-6c89df9f
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。