FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏、俺は友人8人でキャンプに出掛けた。
これはその時の体験談である。

友人が呼び集めたキャンプだったので、初対面の女の子が3人いた。
土曜日の朝8時半に集合して、ミニバンに乗り秩父の山へ。
行きの車の中から勝負は始まっている。
ここで失敗したり仲良くなれなかったりすると、期待の夜が寂しい夜になる。

 

 

俺は集合場所で既に狙いは定めていた。
24歳のOLユリである。
どちらかと言えばロリ系の可愛らしい女の子。
胸は見た感じだとCカップぐらいだろうか。
とにかく集まった女の子の中では、一番好みだった女の子。

3列シートの一番後ろで、ユリと二人で座った。
これから向かう山の事、バーベキューの美味しさ、夜にやる花火。
話題は絶えなかった。
ユリも口べたというわけでもなく、互いに絶え間なく喋り続けた。
前の座席をみると、各々同じように楽しんでいる。
全員一応ターゲットは定まったようだった。

買い込んだ酒を飲み、ウマいバーベキューも食べ、楽しい時間はあっという間。
夕方になりしばしの休憩。
汗で汚れた体を、近所のスーパー銭湯で洗い落す。
大きな露天風呂で、俺は今夜の計画を練っていた。

『お前ユリちゃんとうまくいきそうじゃない?』

隣にやってきた勇次が言った。

『お前だってあの事いけそうじゃん。今夜食っちゃう系?』

『いやいや、前にそれで失敗した事があるからさ。キス止まりでしょ』

温泉を両手ですくい、顔を流しながら言った。
以前の失敗…
そうだ。思い出した。
こいつ前のキャンプで、女の子を怒らせちゃったんだ。
深夜に帰るだの何だのとモメたのを思い出す。

『あ~あれか、あの時はホントヤバかったよな』

深夜に女の子を外に誘い出し、外で青姦をしようとしたんだ。
キスをしてオッパイを舐めて、濡れ濡れになったマンコ。
ギンギンになったチンコを外でフェラチオさせて、上に跨がせて入れようとしたらしい。
女の子にとったら、もっとロマンティックにして欲しかったのだろう。
軽く前儀をして、舐めさせてスグに入れる。
そんなセックスがしたくなかった。
しかも初対面だったわけだし。

『あの時は俺ガッツき過ぎたからさ。今日の俺は違いぜぇ~』

調子にのっている勇次。
あの時のようなトラブルだけは勘弁して欲しい。

ゆったりと疲れを取り、キャンプ場に戻った。
今日は10人用のロッジに寝る予定だった。
そのロッジの前で、恒例の花火が始まった。
大きな音の鳴る花火以外だったら、周りの客にも迷惑はかけない。

俺はユリと一緒になって楽しんだ。
線香花火を振り回したりして、バレないように体にも触りまくった。
最後の線香花火は俺の勝負。
風がない隅に二人で行き、寄り添いながらできるだけ長く線香花火を楽しむ。
密接度は100%である。
イイ匂いがする。
シャンプーの香り、ボディーソープの香り。
少し動けばキスができるぐらいの至近距離。
これだけ密着しても嫌がならないのだから、今夜はある程度までいけそうだ。

花火も終わり、今度は室内での呑みが始まる。
ガンガン飲ませて酔わせてヤル!なんて下品な事はしない。
最悪そんな事をしたら、あとで訴えられかねないからね。

深夜の1時をまわった頃か。
ユリが1人でトイレに行った。
トイレはちょっと離れた場所にある。
蚊取り線香とチューハイを持ち、あとから追った。

トイレから出てきたユリを軽く驚かせ、持ってきたチューハイを渡す。

『涼しいから外で飲もうよ。蚊取り線香もあるし』

二人で川沿いにあるベンチに座った。
真っ暗だったが、次第に目が慣れて隣ぐらいは見えるほどになった。
ここでお得意の怪談話。
興味津々で聞くユリ。
最後の驚かせるシーンで、目論見通りビビる。
ごめんごめん…といいつつ、ユリの顔に顔を近づけていく。
そして自然な流れでキス。

初めは軽くキスをして、二人でクスクス笑っていた。
何度も軽くキスをする。
肩を抱き、今度は舌を絡めたディープキス。
ロリ系のユリだったが、キスは完全に大人だった。

何度も何度も、長いディープキスをした。
耳にも軽くキス。そして首筋にも。
その頃になると、ユリの息遣いが変わってきた。
俺はユリを立たせて、跨るように座らせた。
この方が触りやすいし、互いに興奮する。
パンツなどの障害物はあるにせよ、チンコとオマンコも密着する。
少し腰を動かしたりしたら、クリトリスが擦れて気持ちがイイはずだ。

座位の体制になり、激しくキスをした。
そして腰を微妙に動かしながら、オマンコの刺激も。
待ちに待ったユリのオッパイを下から揉みあげる。
着やせするタイプなのか、ユリの胸は思っていた以上に大きかった。
想定Dカップ。

俺はユリの背中に手をまわし、ブラのホックを外した。
その間もずっとディープキスをしている。
そしてブラを上にずらし、おもむろにオッパイを揉んだ。
すでに乳首は硬くなっていて、ユリの押し殺した声も聞こえる。
もしかしてこれは…ヤレる?!

お尻に手をまわし、割れ目に指を這わせる。
パンツ越しなので、少し強めに。
ユリは俺の首に抱きつき、首筋を舐めはじめる。
どんどんやらしくなってきた。
もしかしたら、本当はエロくて変態なのかも…
そんな風に思いながら、俺は前からマンコを触り始めた。

『いやっ。。。ダメだってば。。。あっ。。。』

イヤだと言いながら、ユリの腰は動いていた。
自ら動かしてるくせにイヤなわけないじゃん。
調子にのった俺は、パンツのボタンを外し、一気に生でオマンコを触った。
すでにグチョグチョだった。
コリコリに勃起したクリトリス。
撫でまわすといっそう声を出すユリ。

『そんな声出したら、周りにバレちゃんよ?』

『だって。。。意地悪言わないで。。。あっ。。ダメっ。。。』

俺はそのまま中指をオマンコの中に滑り込ませた。
濡れ濡れになっていたユリ。
簡単にヌルリと指が入っていった。
ユリは首に手をまわし、仰け反るようにして反応した。
中指で中を掻きまわす。
グチョグチョとやらしい音が響く。
そしてオマンコがキュッと締まったと思ったら、ユリが抱き付いてきた。
そして耳元でハァハァ言いながら『いっちゃった…』と。

指を抜いてまた激しくキスをした。
キスをしながら、ユリは俺のチンコを握りはじめる。

『舐めてあげるね』

耳元で言って、ユリは隣に座った。
そして俺のハーフパンツを脱がせ、前触れ無しに一気にしゃぶりついた。
激しく動く舌先。そして根元をしごく右手。
この時点で確信した。
ユリはエッチな事が大好きな淫乱だったんだって。

俺はノーブラ状態になっているユリの乳首を、Tシャツ越しにいじる。
小さく声を出しながらチンコをしゃぶるユリ。
もう我慢できなかった。

『入れようよ。このままじゃ口の中に出ちゃうよ』

『ダメ。。ゴム持ってないし。口の中に出してイイから』

そう言ってユリは激しくしゃぶった。
その瞬間はスグにやってきた。
俺は『いくっ』と小さく呟き、口の中に放出した。

このシチュエーションだからなのか、ユリだからなのか、ザーメンが大量に出てきた。
『うっ…』唸ったユリだったが、しっかりとチンコを口からはなさない。
ユリは全てのザーメンを飲み込んでいた。

パンツを穿き、残りのサワーを飲んだ。
そろそろ帰ろうか?と言うと、いきなりユリは俺の上にまたがってきた。

『今度はゴムがある時にね』

耳元で囁き、チュッと耳にキスをしてきた。
俺は抱きしめ『覚悟してろよ!』とおどけた。
二人で手を繋ぎロッジへと向かった。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/88-3ac82988
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。