FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある日の金曜日、友達が飲み会を開いてくれた。
いつもの飲み会メンバー4人。
女の子は、都内で働く20代半ばの女の子4人。
場所はいつもの新宿の居酒屋。
なぜかこの店は、ガラガラなのに潰れない。
週末の夜なのに静かだからよく使うんだ。

 

 

飲み会は快調にスタート。
ツッコミ役からボケ役、ちょっと真面目系などなど
いつものメンバーだからやりやすい。

だいたいスタートしてからしばらくすると、誰を狙っているのか決まる。
みんな欲望に素直だから、ハッキリ狙いを表現するんだ。
俺は目の前に座っていたカヨちゃんが狙い。
ちょっとおっとりした感じで、痩せすぎず太すぎずの体系。
洋服の上からも分かる巨乳。
俺は巨乳が大好き。顔よりまずは巨乳。
それを知ってるメンバーは、カブらない為に巨乳を残してくれるんだ。

俺達の飲み会は「一気」なんてしない。
楽しく飲んで、その後は各自の別行動。というか努力。
この日もかなり楽しんだと思う。
スタートが19時だったから、次はカラオケへ。

ここからだいたい動きが加速していくんだ。
トイレに行く時、人が歌っている時、コッソリ内緒話をする。
メアドの交換とか、デートの約束とかね。

カヨちゃんがトイレに立った時、俺も後を追った。
トイレまでグルっと回る感じの通路。
俺たちはメアド交換をした。
トイレから出ても待ち伏せ。

「可愛い女の子が酔っ払ってるから、1人じゃ危ないでしょ」

そう言いながら、待ち伏せを正当化する。

「ほらぁ~フラついてるよ~」

腕を掴む。
プニュっとした感触。
この柔らかさ・・・オッパイも確実に柔らかいな・・・
腕を握られても嫌がらないし、うまくいけそうだな。
そう思いながら、笑顔で会話を続けた。

午前0時を過ぎ、それぞれが帰り出した。
方向はちょっと外れるが、俺は強引にカヨちゃんをタクシーに乗せる。
俺と男友達の2人は、飲み会の帰りは毎回タクシーに乗る。
近所だから割ると安いから。
俺たちの真ん中にカヨちゃんを入れた。

友人はけっこうベロベロ状態。
タクシーに乗って数分でイビキをかきだす始末。
カヨちゃんとゆっくり喋れるから都合イイんだけど。

彼女は友達と2人暮らし。
高校生の頃からの親友なんだってさ。
出身は地方。都心から新幹線で2時間半ってとこ。
2年ぐらい前に上京。
年齢は24歳で、もちろん独身。
推定Fカップ。

マンションの前で彼女を降ろし、俺たちは家へと向かった。
タクシーの中でカヨちゃんからのお礼メールが入った。

「今日は楽しかったです♪送ってもらってありがとう!
今度また飲みに行きましょうねっ」

その日から1週間後、俺はカヨちゃんに会った。

「うまいもんでも食べて、深夜のドライブにでも行こうよ」

待ち合わせは銀座。
何度か仕事の付き合いで行った事のある中華料理屋に向かった。

「高いんじゃないのぉ~ここ」

「まぁ~イイじゃんイイじゃん。美味しく食べようよ」

今日は髪の毛をアップにしてて、前より可愛らしさが光ってる。
俺はどんどん彼女に惹かれていった。

夕食の後、車に乗りお台場に向かった。
お台場には朝までやってるゲーセンがあるからね。
いろんなゲームをやった。
はしゃぐ彼女。
見ていて楽しかった。

帰る前に、夜の海へと行ってみた。
お台場の海に行った事が無いと言うから。
カップルで賑わう海辺。
俺たちは空いているベンチに座った。

そしてキス。

照れてうつむく彼女が、どうにも愛おしく感じた。
俺はギュっと抱きしめた。
思っていた通り、柔らかい巨乳が当たる。
中学生じゃないのに勃起してしまった。
勃起を悟られないようにした自分が可愛い。

この日から俺たちは付き合うようになった。

4回目の食事の後、俺はカヨのマンションに呼ばれた。
友達が会いたいと言っているらしい。
友達はどうでもイイが、部屋には興味がある。
これから先、そこで何度も抱く予定だからね。

コンビニで缶ビールやツマミを買い込んだ。
玄関の扉を開けた友達。
どこかで見たことがあるような・・・ないような・・・
それはともかく、友達も可愛い。
こんな可愛い女の子が二人で暮らしてるのか・・・
俺のテンションは上がりまくった。

帰る前に同居人に言われた。

「アタシがいる日じゃないと、部屋には入れないからね!」

彼氏とはいえ男だから、自分がいないと不安だと言う。
それもそうかと思い、笑顔で承諾した。

次のデートで、また俺は部屋に行った。
同居人もいるし、聞いたら大丈夫だって言うから。
今日は泊まっていく予定。
カヨもそのつもり。

同居人の為に、飲み物などを買い込んで向かう。
リビングで3人で飲んだ。
結構飲んだ。
途中に同居人が出してきたワイン。
持ってきた焼酎750ml
500ml缶ビール6本。
俺もそうだが、カヨも同居人もベロベロ状態。

酔いつぶれて寝そうだったので、俺はシャワーを借りた。
冷水を頭からかぶり、ちょっと落ち着いた感じ。

シャワーから出てくると、ソファーでカヨが寝ている。
その下で同居人も寝ている。
仕方ねぇ~なぁ~・・・
1番どうにかしなきゃいけないのは同居人。
狭いスペースで変な体勢で寝ている。

ワキの下から手を突っ込み、後ろから抱えるようにして引っ張り出した。
ぐっと力を入れた瞬間、腕に柔らかさを感じた。
ん??
胸を見てみると、どうやらブラのホックが外れているみたいだ。
だからブラが上にずり上がり、腕に下乳がモロ当たりしている。

ラッキー!

とはいえ彼女の同居人。
ムラムラ湧いてくる欲望を堪え、広いスペースに運ぶ。
仰向けに寝かせた。
白いTシャツに透ける乳首と乳輪。
少し観察させてもらって、布団をかけてやった。

偉い!我慢した俺!

カヨにも布団をかけてやり、俺はタバコに火を付けた。
とりあえずやる事がない。
もうちょっと飲んで、俺も寝るかな。

電気を消して、俺はカヨが寝ているソファーに寄り掛かった。
さっきのムラムラが込み上げてくる。
そっとカヨの顔に近づき、軽くキスをした。

「う~ん・・・」

俺は舌を捻じ込んでみた。

「うぅ・・・っはぁ・・・っ」

静かな部屋に、カヨの吐息と舌が絡み合う音が聞こえる。
寝てるから大丈夫だよな。
初めて俺はカヨの巨乳を揉んだ。
想像以上に大きくて柔らかい巨乳。

ゆっくり優しく揉みほぐす。

「ん・・あん・・・」

いつしか乳首はコリコリになっていた。
それを指で弄ぶ。

「「ん・・ん・・・っ・・あっ・・ん・・・」

ちょっと声がデカいかな・・・
不安だったが我慢できるわけがない。
俺はカヨのTシャツを捲り、直接乳首を口に含んだ。
そしてスエット越しにアソコを触った。

「あんっああっ!やっ・・・やだっ・・ああ・・」

目を覚ましたようだ。

「ダメだってば・・・あっ・・・もうホントダメ・・・」

そう言われ、結局それからは何もできなかった。
そりゃ~友達がすぐ近くで寝てるからな。
仕方ないか。
諦めて俺は寝た。
気が付いたのは朝の8時過ぎ。
3人とも二日酔いまっしぐら。
テンションの低いまま、俺は家に帰った。

電車の中で後悔していた。
カヨをベッドに運べば、あのままできたんじゃないかと。
もしくは同居人を部屋に入れちゃえば・・・
まったく・・・

カヨと付き合いだして四ヶ月が過ぎた。
会えば最後はカヨの部屋に行き、リビングや隣に同居人がいる状態でセックスをヤリまくった。
聞こえちゃうから・・・といつも声を押し殺すカヨ。
どうせバレバレなのに。

帰る時はいつも同居人は涼しい顔をしていた。
どうぞご勝手に・・・そんな感じ。
申し訳ない気持ちはあったが仕方がない。
だから俺はいつもお土産を持参していた。
出張で出掛けたら、同居人にもお土産を買った。
何も無い時は、ワインや焼酎の差し入れを。

忘れもしない1月17日。
仕事で先輩と青山にいた。
ちょっと暖かい春のような日。

表参道を歩きながら、ふと向かいの歩道を見た。
あれ?カヨじゃん?
カヨが男と笑いながら歩いている。
雰囲気が怪しいと感じた俺は、カヨに電話をした。

3コール目・・・4コール目・・・
視線でカヨを追っている俺。
するとカヨは電話に気付き、携帯をバッグから出した。
しかし携帯を見て、そのままバッグに戻したんだ。
これって完全に俺って分かった上でシカト?
もしかしたら仕事中かもしれないし・・・
出れない状態だったのかもしれないし・・・

モヤモヤした気分で会社に戻った。
その日の夜、カヨから電話があった。

「ゴメンねぇ~電話に気が付かなかったぁ~」

ウソじゃん。
携帯を手に取って、着信を確認してたじゃん。

「あ~そうなんだ。仕事中だった?」

「うぅ~んん、友達と買い物行ってたんだぁ~」

「どこ行ってたの?」

「池袋にいたよぉ~、結局何も買わなかったけど」

完全にウソを言っている。
青山にいたじゃん。あれは見間違えか?

「そっかぁ~今日は暖かかったな。コート着て行ったの?」

「今日は白いワンピに、ジージャン着てただけだったよ」

って青山で見た時の洋服そのまんまじゃん!
俺にウソをついてまで・・・
やっぱり不安は的中したんだ。浮気してるんだ。
もしかしたら、二股かけられているのかも。
いや・・・新しい好きな人ができて、乗り換える準備なのかも・・・

最悪な気分だった。
大好きだった彼女の浮気。
裏切られたショックで、ただただ呆然としていた。
いつ電話を切ったのかすら記憶になかった。
その日俺は眠れなかった。
一睡もできぬまま朝になった。
朝になっても気分は最悪のまま。

夜になり、ご飯食べてたから帰るという彼女。
どうにも信じる事ができない。
また浮気してるんだろ・・・

そんな日が何日も続いた。
裏切られたと知っても、俺はまだ彼女が好きだった。
それでも彼女を許せるような男でもない。
ただひたすら、悶々とした日々が続いた。

彼女の浮気を知ってから2週間ちょっと。
俺は我慢できなくなって、何も言わずに彼女宅を訪れた。
部屋の電気はついている。

インターホンを鳴らした。
対応したのは同居人だった。
扉を開けた彼女は驚いていた。

「あれ??カヨは?一緒でしょ?」

「えっ・・・やっぱり・・・そっかぁ・・・」

気分は最悪だ。
エレベーターに向かおうとした時同居人が言った。

「とりあえず部屋でお茶でも飲んでよ、ねっ?」

リビングで同居人と気まずい空気。

「カヨは今日どこ行くって?」

「あ・・・どこだったかな・・友達とご飯食べるとか・・・」

「もうイイよ。全部知ってるから。」

「全部って??」

「他に男がいるんだと思う。今日だってその男といるんだろうし」

「う~ん・・・そっかぁ・・・」

また沈黙。
しばらく経って同居人が言った。

「たぶん今日は帰ってこないと思う。泊まるとか言ってたし」

「そうか・・俺にはちゃんと帰るから、帰ったら電話するって言ってたけど」

もうお互いに何も言えなかった。
ただただ沈黙が続く。
もうここにいても意味無いか。
間違いだったって思いたかったけど、どうしようもないな。

「じゃ俺帰るね。部屋に上がり込んで悪かったね」

「ううん。そんなのイイよ。それより大丈夫?」

「もう2週間も悩んでるから大丈夫。今までありがとね」

そう言って俺は玄関に向かった。

「ねぇ?これから飲もうよ!ねっ?呑もう呑もう!」

そういって同居人は俺の手を掴んで、リビングに引っ張っていった。
このまま帰ってもな・・・
どうせ眠れそうもないし・・・
呑んで呑みまくるか!

同居人は俺に気を使って、世間話を一生懸命に話した。
どう反応したら良いのか分からなかったが、ずっと喋り続けてくれた。

「でねぇ~その元彼なんだけど、今もホストやってんの!」

「今でも枕営業しまくりなのかな?」

「じゃなぁ~い?アタシには合わなかったけど、デカいの好きな女いるしね」

「どのぐらいデカかったの?」

「もうこんな!」

彼女が手で表現したサイズはとてつもなかった。
缶コーヒーほどある太さ、長さは500mlのペットボトル並。

「よく入ったもんだねぇ、口にも入らないでしょ」

「そ~なのよぉ~先っぽだけしか口に入らないの!」

「でも早漏なら宝の持ち腐れじゃん」

「そうそう!あはははっ」

彼女の他愛も無い話を聞いているうちに、少しだけ気分が晴れてきた。
それでも俺は飲んだ。
気が付いたら、二人で焼酎を一升以上飲んでいた。
もうフラフラだ。

「もう限界?寝る?」

「あぁ~もうダメかも・・・」

「じゃ~ちょっと待ってて」

そう言って彼女は部屋から大きめのTシャツとスエットパンツを持って来てくれた。
それに着替えて、倒れこむようにソファーに寝てしまった。
なんだか夢の中で、誰かに抱きかかえられるように運ばれた気がする。
喉が乾いて目を開けると、俺は知らないベッドに寝ていた。
そして隣には同居人が。

そっかぁ~ソファーから、ここまで運んでくれたんだぁ。
はぁ・・・酔ったなぁ~・・・
そしてまた寝てしまった。

次に気が付いた時は、同居人が俺に抱き付いていた。
足を絡ませて、俺の太ももをアソコにあてがうように。
ちょっと太ももを動かしてみた。

「ん・・・んっ・・・はぁ・・・」

吐息がこぼれる。
もっと押しつけて、ジョリジョリ動かしてみた。

「あっ・・・あ・・・ん・・・っはぁはぁ・・・」

吐息が喘ぎ声へと変化し出している。
そして彼女自ら腰を押しつけて動き出していた。
我慢できなくなってきた俺は、手をアソコにあてがった。

「んはっ・・・ダメっ・・・で・・しょ・・・」

起きてたんだ。
起きてて自ら腰を動かしてたんだ。
そう思ったら一気に吹っ切れた。
俺は彼女の唇に吸い付いた。
すると彼女から舌を入れてきて、激しいキスが始まった。

キスをしながらTシャツの中に手を入れる。
ノーブラだった。
乳首もカチカチになっていた。
荒々しく揉む。激しいキスをしながら、両手でオッパイを揉んだ。

「ああっ!ああああ・・んん・・っ」

彼女がチンコをさすってきた。
そして握り、上下にしごき始める。
強引にパンツの中に手を入れてびっくりした。
そこはすでにビチョビチョで、やらしい液体で溢れていた。

ニュルッと指がすんなり入る。

「あっあっあっ!あんっ!あんんっ!やっ!あーーーっ」

やらしい喘ぎ声と卑猥な音が聞こえる。
花序のが直接チンコに触れてきた。

「かたぁ~い・・ねぇ・・・すごいよ・・・」

そういうと、彼女は布団の中に潜り込んできた。
そしてスエットとパンツをずり下げ、亀頭に舌を這わせてきた。
うまい・・・カヨなんて目じゃないぐらいうまい・・・

舌先で尿道をチロチロ、カリを舌先で刺激、玉袋も揉んでいる。
裏筋を上下に舐め上げ、咥えてもらいたくて仕方がなくなってきた。
その気持ちが分かるのか、いきなり亀頭を口に含んだ。
口の中でも舌で亀頭を舐めまわす。
次第に奥まで咥え始め、やらしい音を響かせ始めた。

やべぇ・・すげぇ~うますぎ。

「気持ち良過ぎだよ・・これじゃイっちゃいそう・・・」

「ダメぇ~口でイったらダメでしょ!」

彼女はお茶らけながら言った。
そして上にずり上がってきてキスをする。
彼女は上に乗ったまま、チンコを握り、オマンコに擦りつける。

「あああん・・っイイ・・・気持ちいい・・・。」

時々亀頭だけアソコに入る。
でもスグに抜いて、クリトリスに亀頭を擦りつける。

「ダメだって・・・マジでイっちゃうよ・・・これじゃ・・」

実際マジでヤバかった。
亀頭がかなり刺激を受けているのに、握った手でしごいているんだ。
しかも絞るようにシゴいている。

「うふっ・・・じゃ~入れたい?」

そう言うや否や、マンコに亀頭をあてがい腰を落としてきた。
ニュルルル・・・ゆっくりとマンコに挿入されていく。
根元までゆっくりと入れる。

「はあっ・・ああっ!ああああ・・んん・・っ」

絶妙な腰の動きだった。
上下に動いたりグラインドさせたり。

「ああああああっ!ねぇっ!んっイクっ・・・イっちゃう!」

彼女の動きが激しくなる。

「イクッ!!イっ・・・・はっ・・あっ・・んっ」

イきながら俺の唇に吸い付く。そして舌をフェラチオするように吸ってきた。
俺の上でぐったりする同居人。
今度は俺が上になった。
パンパンと付くたびに、巨乳が揺れる。
よく見ると綺麗な巨乳だった。
乳輪の形やオッパイの形、全てが理想通りな巨乳だった。
乳輪がデカくて、陥没気味な乳首だったカヨとは大違い。

両手で巨乳を掴み、揉みあげながら腰を振った。
バッグでは腰のくびれやケツの丸みが最高だった。
突きあげるたびにやらしく喘ぐ彼女。
バックで腰を動かしてくるやらしさ。

最後は正常位で果てた。
大好きな胸に放出した。
イった後のチンコを、彼女は舐めた。
優しく舌先で綺麗に掃除するように・・・そしてパクっと咥える。

二人で横になり、無言で天井を見つめた。
何も言えなかった。
しばらくすると彼女の寝息が聞こえてきた。
俺はそっと洋服を着て、リビングに行った。

本当にありがとう。
カヨの浮気、なんだかどうでも良くなっちゃった。
マジでありがとね。
二人の関係を壊したくないから、このまま帰るね。
もうカヨとは別れます。
今日の事も、今までも、ホントに感謝してます。

俺は手紙を書いた。
それを机の上に置いて部屋を出た。
始発にはまだ時間がある。
しばらく早朝の住宅街を歩いてみよう。
酔い冷ましには丁度イイ。

カヨと別れてから一ヶ月。
俺は先輩の部屋にいた。
この先輩、2台のPCを使って、共有を楽しんでいる。
だけどそれ以外は何も知らないんだ。
共有系の知識はあるけど、他の知識が全くない。

「だからHDの接触の問題だけですよ、ほら・・大丈夫でしょ?」

共有をやっているだけあって、500GのHDが4つもつけている。
何度も付けたり外したりしてて、接触部分がイカれたようだ。

「なんだよ・・それだけ?悪かったなぁ」

先輩はお礼にエロ動画がつまった500GのHDを二つ貸してくれた。

「全部見たら返しますよ」

部屋に戻ってさっそく中身をチェック。
裏モノからインディーズなどなど、数えきれない動画が入っていた。

・リアルな背徳~アタシの巨乳買って下さい

タイトルに惹かれて中身を見た。
それはナンパ系の動画で、ナンパされた女の子が、報酬次第で展開が進む動画。
顔にはモザイクがかかっていたが、明らかに企画のAV女優さん達。
早送りしていると、最後に可愛いっぽい巨乳ちゃんが登場した。
何気なく見ていたが、乳輪を見た瞬間ゾッとした。

どうみてもカヨの乳首と乳輪だろ・・・これ・・・

音声をあげて声を聞いた。
やっぱり聞き馴染みのある声。
マジ??
AVに出ている女の子は、初めは嫌がっていた。
でも次第に釣り上がる報酬で、ついにフェラチオをした。
しながらバイブをアソコにあてがわれている。

「あんっ!やっ!ああっ!だめですっ!」

結局最後は車の中でセックスまでしていた。
マンコにチンコが入った状態で、もう一人のチンコをしゃぶる。
そして最後は中出し。しかも2人に
通常だと中出ししているかは、ハッキリと分からない。
でもこれは違う。
一度腹に出したと思ったら、スグにまた入れて中で出してたんだ。

マンコから流れる白濁液。
ぐったりしている女。
呆然とした。

俺は次の日、先輩にその動画を見てもらった。
そしてこの子が他にも出てないか聞いた。

「あぁ~多分出てたよ。探す?」

滅多にエロDVDを見ない俺。
仕事と趣味を兼ねて、大量のエロDVDを見ている先輩。

「あぁ~この子じゃない?」

見せてくれた動画。
そこにはモザイクなしで、カヨが映っていた。
・中出し専科

他にも出てきた。
結局見つかった動画は6本。
全てがインディーズ系で、うち4本が中出しモノ。
精子を喜んで飲んでいる動画もあった。

車の中で同居人に電話をした。

「今大丈夫?」

「うん、どうしたの?」

「いや・・・ちょっと聞きたい事があるんだけど・・・」

「ん?なに?カヨの事?」

「そうなんだけど、カヨの昔の仕事知ってる?」

「えっ・・・まぁ~ね・・・見たの?」

「あぁ・・うん。さっき先輩のとこで偶然ね。知ってたの?」

「うん、知ってたよ。でも今はやってないよ、半年ぐらいしかやってないし」

「そっかぁ・・・えっ・・じゃ~・・・」

「アタシはやってないよ!実はカヨのマネージャーやってたの」

だって高校生の頃からの友達だって・・・」

「あれはウソ。AVの事は絶対内緒にしたいからって・・・」

「そっかぁ~~。じゃ~カヨの浮気なんて毎回の事だったんだ?」

「うん・・・でもほとんどの男は、体目的だったから」

部屋に戻った俺は、先輩から借りていたもう一つのHDを見た。
カヨの出ているAVがあるか、なぜか探していた。
1つあった。
そしてその中に、同居人が映っていた。
マネージャーとして。
思い出した!
どっかで見たことある気がしてたけど・・・
あれだ…深夜番組のあれだ!

だいぶ前の深夜番組。
数名のAV女優が出演していた。名前も知らないAV女優。
彼女達が仕事をもらって、それを必死でやり遂げる番組。
その中で、マネージャーが仕事をもらってくる。
そのマネージャーが同居人だ。

そっか・・・
俺・・・知らないうちにAV女優と付き合ってたんだ・・・

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/95-efed519d
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。