FC2ブログ
ライブチャット




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチャット

 

アダルトDVDレンタル

 

アダルト10円動画

 

大人のおもちゃ通販

 

 

 

 

 

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺にとってサッカーのワールドカップは最高に美味しいイベントの1つ。
もともとサッカーをやっていたから、今でも興奮して応援するんだけど
それ以上にもっと楽しい事があるって知った。

日韓ワールドカップは、かなり日本でも大騒ぎでしたよね。
俺は予選から始まって、6人の女の子を食っちゃいました。
そのうち3人は、今でもセフレとして付き合っています。

 

 

なんでそんな事が可能かというと、やっぱり「興奮」が鍵だと思うんです。
初めて食っちゃったのは、日韓ワールドカップ予選の試合を、スポーツバーで観た日。
友人に誘われ、夜バーへ行きました。
初めてそんな場所で観戦したんですが、始まる前からノリノリです。
試合が始まると歓声が凄くて、ホントびっくりしました。
日本が得点を入れると、知らない周りの人と手を取り合ったりして喜びます。
ハイタッチもするし、酔ってる人は抱き合ったりしてて。

俺がいたテーブルは大学生のグループと相席でした。
酒を飲みながら自然に会話もするし、喜ぶ時も初対面とは思えないほど。
俺らは男3人で、大学生グループは男女3人のグループ。

試合は勝って、余韻に浸りながら9人でかなり呑みました。
奢るから店を変えて呑もうって誘うと、お金が無いらしく喜んで付いてきました。
チェーン店の居酒屋に場所を移しましたが、そこでもサッカー熱は凄い事になってて。
大学生にガンガン飲ませて、その後はカラオケに移動。

俺は騒いではいるものの、ある程度しか飲んでいません。
カラオケでバカ騒ぎが始まると、俺以外の8人はかなりの泥酔っぷり。
3人いる女の子は、別に可愛いというわけでもありませんでした。
でも1人だけTシャツの上からも分かる巨乳ちゃんがいたんです。
ジャンプするとボインボイン揺れるし、それでいて体は痩せている子。

酔った勢いで抱き締めたりすると、胸の感触がヤバくて喜んでいました。
ケイって呼ばれているその子がトイレに行くと廊下に出ました。
フラフラしてて大丈夫かな?って思ったんで、俺も廊下に出てみたんです。
そしたら案の定、廊下の壁に頭をつけて、すぐそこに立ち止まっていたんです。

「おいおい、大丈夫かぁ?」

「あぁ~~~らいじょ~ぶでぇ~~~すぅ~~~」

呂律も回って無くて目も虚ろ。
部屋に戻って女の子を1人呼びました。

「ケイちゃん歩けないかもしれないから、付いて行ってあげてよ」

「わっかりましたぁ~~~」

というもう1人の女の子もフラフラしててヤバい。
そこで男の子を1人呼んだんです。
3人の男の子全員がかなり酔っていたんで、呼んでも無意味でした。

仕方なく俺が2人の女の子を支えるようにして連れて行きました。
廊下で待っていると、キャーキャー言ってる声が聞こえます。
まず出てきたのは巨乳のケイちゃん。
遅れてもう1人も出てきましたが、その子のジッパーが開いたまま。

「ちゃんと締めなさいねぇ~」

なんて言って、エロオヤジ丸出しで後ろから抱き付きジッパーを上げてやりました。
久し振りの女子大生に、可愛くないのに興奮したりして。

2人を連れて帰ろうとしたけど、ジッパーを上げた子が今度は歩けない状態に。
ケイちゃんも歩けないので、ケイちゃんを近くの開いてる部屋に入れてました。
まず1人を部屋に送り届け戻ってみると、ケイちゃんはソファーに寝ています。

「ほらぁ~起きて戻るぞぉ~~」

「はぁ~~~~~~ぃ~~~」

フニャフニャして腕を振り振りしてるのに起き上がろうともしない。
だから手を取って起こそうとしました。
完全に脱力しててケラケラ笑ってるし凄い重いわけです。

「早く起きろよ~~!」

腕を持ってグラグラ揺らすと、おっぱいも当然揺れるわけで。
腕を中央に寄せたりすると、これまたおっぱいがムギュッと寄るわけで。
起こそうとするフリしながらそんな遊びを繰り返してました。
酔ってる本人からすると、揺らさせて酔いも酷くなるのを忘れてました。

「頭が回るぅ~~~」

ゲラゲラ笑いながら言われて気が付きました。
さて、どうするか。

「じゃ~おんぶしてやるから乗りなさい」

「えぇ~~いぃ~~~のぉ~~~~」

しゃがむと自力で起き上って来て背中に乗ってきました。
巨乳が背中に当たりまくりです。
よいしょっ!と上に乗せると、オッパイもギュギュギュっと当たりまくり。
ケイは俺の首に顔を寄せて、酒臭い息を吐いてました。

部屋に戻ると、起きてるのは俺の友達だけです。
かろうじて虚ろな目で大学生の男の子が一人いるだけでした。

「じゃ~お開きにする?ヤバいよね?この状況」

「マジでヤバいわ。どうする?タクシーに乗せる?」

「そうだね。とりあえず場所聞いて降ろしていこうか」

頭の中にはケイを連れ出したい思いがあったけど、送る事を優先しないとと思いました。
それで家を聞くと、男の子1人とケイは同じ方向でした。
その他の子達もグループに分けで、3台で送る事にしました。
もちろん俺はケイのグループを送りました。

まず邪魔な男の子を送ろうと、タクシーを向かわせました。
邪魔な男の子を奥に入れて、俺が真ん中でケイが一番左に。
男の子は完全に寝ていて、ケイもウツラウツラしてる状態です。
揺れるたびに俺が少し肩をずらすと、ズルーッと俺に寄り掛かってきます。
狙いはやっぱり巨乳ですから、腕にプニプニ感じながら楽しんでました。

男の子を降ろし、次はケイの番です。
ケイはそこから3つ隣の駅で実家暮らし。
勝負をかけるなら今しか無いと思い、いろいろと考えました。

「あぁ~~腹痛い・・・・・」

ベタなセリフですが、言ってみました。
ケイは寝呆けていますから、焦るのは運転手さんだけです。

「ねぇ~ねぇ~腹痛いんだけど・・・・ねぇ~」

ケイを揺すって起こし、反応をうかがいました。
その間、運転手さんは「どうするの?」とミラーでチラチラ見てきます。

「うぅ~~~」としか言わないケイ。

「ちょっとトイレ行きたいからイイ?」

「う~~ん・・・・・」

「じゃ、運転手さん、駅の方に行ってもらえます?」

駅の近くにラブホが確か数件あったので、その付近まで行ってもらいました。
運転手さんも分かってたんでしょうね。
ロータリーに入る道じゃなくて、ラブホの近くを走ってくれたんです。

「そこらで大丈夫です」

ケイを跨いで降りて引っ張り出し、すぐ目の前のホテルへ向かいました。

「寝ててイイからさ。入るよ?大丈夫?」

「イイ~~~よぉ~~~~寝たぁ~~い」

手を挙げてご機嫌だったので、そのままホテルへ連れ込みました。
1番安い部屋に入り、まずはケイをベッドに寝かせました。
すこしトイレで時間を潰して戻ってみると、ケイは寝ていました。
お風呂にお湯を入れて、ケイの隣に行きました。

「そのまま寝ちゃ~ダメだぞぉ~。風呂入ろうか?」

「んん・・・・・いい・・・・・」

とりあえず添い寝しながら腕枕してあげると、喜んで頭をのせてきます。
もうこうなると理性もぶっ飛びました。
チュッとキスをすると、「んふふ・・・」とニヤケた顔するんです。
だからチュッチュッとキスをして、今度は舌を捻じ込んでみました。

「んはぁぅ・・・・」

鼻から抜ける色っぽい声を出しながら、俺の舌に舌を絡めてきました。
もうベロベロのブッチュブチュです。
ケイの舌をベロベロ舐め回し吸ったりすると、拒絶もなく逆に舌を突っ込んでくる。
キスをしながら巨乳に手を伸ばしました。

ムギュッと揉むと、それはそれは大きなオッパイで。
揉む手にも余すほどの大きさで、テンションも上がりまくりです。
揉みながらキスしていたわけですが、ケイも軽く喘ぎながら反応してくれました。

「ほらぁ~起きてお風呂入るよぉ~」

「えぇ~~~~~んはぁ~~~~~」

「脱がせてあげるからねぇ~~」

デニムを脱がせるのに一苦労しましたが、下着姿にさせました。
薄いピンクの下着で、ブラからは乳輪がはみ出ています。
こっちも脱ぐよ~とブラを取り、目の前に形のイイ綺麗なオッパイ出現です。
色素が薄いのか、乳輪も乳首もピンクに近い色。
しゃぶりつきたい気を抑え、パンツを脱がせました。
無造作に生えた陰毛。手入れもしていないようです。

全裸で大の字に横たわるケイを見て、チンコもギンギン状態です。
俺もさっさと全裸になり、ケイをお姫様だっこしました。
全裸になってる事も抱っこされている事も分かっているらしく、俺の顔を見て「んふふ」とニヤニヤしています。
そのまま風呂へ連れて行き、湯船に入りました。

「んあぁ~~~~気持ちぃぃ~~~~~~」

腕も足を伸ばしてケイが言いました。
でもズルズルと滑るようなので、俺は後ろに回って、後ろから抱くように座りました。
そうなると後ろからオッパイ揉み放題です。
乳首をクリクリ刺激したり、揉んだりして楽しみました。

「もぉ~~~だめぇ~~~ダメでしょ~~~はぅ・・・・ん・・・・」

後ろから足を回し、ケイの股を開かせました。
そしてアソコを触ると、ヌルヌルした液体が出ているのが分かりました。

「あれぇ~?ココはヌルヌルしてるぞ~。クリもコリコリだし~」

「んやん・・・・ダメってばぁ~はぁぅんっ・・・・はっん・・・・」

クリを中心に攻めまくりました。
ケイは覚醒したのか、腰をウネウネさせながら完全にエロモード突入です。

「あっん・・・・いいっ・・・・んいっ・・・はぁっ・・・・んっっ・・」

このままじゃお互いにのぼせると思い、ケイのアソコを綺麗にする事にしました。
若い子ってアソコを綺麗に洗わない子多いですからね。
舐める事前提で軽く指も入れて洗ってやりました。

気持ち良くて目が覚め始めたのか、起たせると立ち上がってくれました。
軽く体を拭き、ベッドに寝かせ、俺はケイにしゃぶりつきました。
後に知ったケイのオッパイはFカップ。
立ち上がっても垂れてるわけでもなく、ホント綺麗な巨乳でした。

まずおっぱいにしゃぶりつき、アソコもベロベロ舐め回しました。
指を入れて中を刺激しながらクリを吸いまくると、ケイはデカい声で喘ぎだしました。

「あんっああっ!やっ・・・やだっ・・ああ・・」

グチョッグチョッグチョッ・・・・ジュジュジュ・・・・・

「・・あう、あんっっ、あうっ・・・ねぇ・・・もう・・あうぅぅ・・・・」

意地になって吸いまくり舐めまくり指動かしまくりです。

「あっ、あっ、あーっ!!イキそうっ!いっちゃうっ!イッちゃうぅ~っ!!」

酔いは醒めたのか?って思うぐらい、普通に思いっ切りいってました。
でもここがMAXポイントだったようです。
舐めてもらおうと口にチンコを押し付けても、口は開くけど舌が動いてないし。
ゴムつけて入れても、「んっんっ」としか反応しないし。

反応がほぼ無い状態でも、巨乳を揉んだりしながら正常位を楽しみました。
結局俺もいかずに、途中で断念しましたけど。
1人でビールを飲み直し、お互いに全裸で寝ました。

朝になり隣で動きがあったので目が覚めました。
ケイは布団にもぐり、ゴソゴソ動いてます。

「おはよぉ~」

俺が声をかけるとビックリしたように顔を出し

「あ・・・おはようございます・・・・」

とペコペコ頭を下げていました。

「二日酔いとか大丈夫?」

「だいじょうぶです・・・・ごめんなさい・・・」

「なにが?」

「いえ・・・あの・・・・はい・・・・」

「なに?どうした?」

「あの・・・・途中から記憶がかなり飛んでて・・・・」

「あぁ~先に寝た事?」

「はい・・・ごめんなさい・・・」

「いいよ、別に。俺も酔っ払ってたしさ。激しいイキっぷりも見れたし」

「やめてくださいよぉ・・・・・」

「いいじゃん、いいじゃん。オチンチン入れてぇ~!って叫んだのは内緒にしてあげるから」

「そんな事言ってませんよ!」

「覚えてないくせに?」

「いえ・・・言ってないと・・・思いますけど・・・言ってました?」

「凄かったよ。マジで。」

まだ朝の8時だったので、ケイがシャワーを浴びているところに入って行きました。
初めは恥ずかしがってガードしてましたが、後ろから抱き付きオッパイを揉むと諦めはじめました。
そのまま勃起したチンコを後ろから握らせ、手マンで腰が砕けました。

「昨日みたいに舐めてよ」

とウソを言って、その場で座らせてフェラしてもらいました。
あまり上手いフェラではありませんでしたが、それはそれで素人くさくてイイと。
シャワーでアソコを触るフリして洗い、ベッドへ移動してエッチ再開。
昨夜のように激しく喘ぐ事はありませんでしたし、舐められるのを嫌がっていました。

それでも指で刺激するとグチョグチョになってて、そのままゴムつけてインサート。
反応が今一だなぁ~と思いましたが、それはバックで豹変しました。
クリも同時に刺激するバックで、次第に本性を出し始め

「はあ……っん……んん……っ……だめえ……」

「ッ…………! はっ、んん……っ……あぁぁ!……っ!……」

昨夜よりもアソコの具合も良く、ゴムしてるのにヤバい状態になりました。
朝なのでゆっくりしてもアレなんで、正常位に戻り激しく突きまくりました。
バックで火がついたのか、

「あっあっあっ!あんっ!あんんっ!やっ!あっ!ああああ・・んん・・っ」

揺れる巨乳を鷲掴みにムギュッと掴み、ガンガン突きまくってイキました。
そのまま添い寝して余韻に浸っていると

「アタシ・・・・・・彼氏いるのに・・・・・・」

「マジ?大丈夫だった?彼氏。電話とか無い?」

「それは大丈夫だけど・・・・・」

「まぁ~こんな可愛い子だったら彼氏いても当たり前だよな」

「可愛くないですよぉ・・・・初めて浮気しちゃった・・・・」

「まぁ~もう遠慮する関係でもないから、イイお兄ちゃんになってやる!」

「あはは、それはイイかも」

いろいろと気にしないように気楽に喋り、駅で別れました。
その日からちょこちょことメールをするようになり、数週間後にまた会いました。

「飲みにいきたぁ~い!」

というメールを送ってきたので、泊まったラブホ近くの駅で会って飲みました。
帰りにエレベーターの中でキスをすると、舌を絡めてきたのでそのままラブホへ。
部屋に入ってからは野獣のように激しくエッチしました。

終わってから話をしていると、彼氏とのエッチが物足りないと言っていました。
この前俺に指と舌でイカされ、彼氏には1回もいかされてないのを気にしてたらしい。
あの後何回か彼氏ともエッチしたけど、やっぱり俺との方が気持ち良かったらしくて。
誘うのも恥ずかしいから飲みに誘ったって言ってました。

その日からケイ公認のセフレになりました。
もともとエロい子だったらしく、俺とエッチするようになって凄い変わりました。
カーセックスやってみたい・・・
外でもやってみたい・・・
オモチャを使ってみたい・・・
目隠しも縛りも・・・
若さからなのか、ホントいろいろやりました。
初アナルも俺が頂いたし、ゴックンも顔射も俺が初めてだったみたいです。

今でも2ヶ月に1回ぐらいのペースで会います。
ケイの他にも日韓ワールドカップのおかげで、同じようにしてセフレができました。
彼女がいなくても、月に2回はセフレとエッチできる状況です。
なぜかケイを含め3人のセフレは、彼氏と長く続いています。
俺とのエッチで彼氏との関係がうまくいくって言ってます。

そういえば前に阪神が優勝した時、友達も同じ事言ってました。
飲みに行ってそのままエッチできたって。
そういうイベントを狙ってみるのもイイんじゃないかと思います。

関連記事

 

  かうんとだうん☆あだると   エログ-(エログランキング)   エッチなエログランキング  
エッチな体験談   まとめサイト   アダルトブログランキングへ  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック:

トラックバック URL
http://chutaiken.blog.fc2.com/tb.php/98-a654145d
この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。